98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「KK三笠書房」が付けられているもの

    「「君主論」55の教え」ニッコロ・マキアヴェリ

    【私の評価】★★★★★(91点) ■「君主論」といえば  16世紀のイタリア・メディチ家に対する  性悪説に基づく助言です。  その基本は、  市民から愛され、  恐れられること。  そして、避けるべきは、  市民からの  憎しみと軽蔑です。 ・自らが治める市民に愛されることはもちろんけっこう。  また、恐れられることもけっこうだ。  しかし、憎まれることと、軽蔑されることは  あってはならない(p7) ■では、軽蔑される行動とは、  どういうものでしょうか。  それは、まわりのアドバイスに ...


    「人の上に立つ人の仕事の実例「危機管理」術」佐々 淳行

    【私の評価】★★★★★(95点) ■佐々さんの専門である危機管理について  15年前に発行された一冊です。  この本で驚くのは、  日本の危機管理のポイントが示されており、  実際にそれらの危機が起きているということ。  次に来るのは、  《E》「エコノミー」《F》「ファイナンス」  すなわち国家財政を含めた  経済の破綻なのかもしれません。 ・現代人が常にさらされている危機を、  私は「ABCD危機」と呼んでいる・・  《A》は「アトミック」で原子力・・・  《B》は「バイオテクノロジー」・...


    「「人を動かす人」になれ!すぐやる、必ずやる、出来るまでやる」永守 重信

    【私の評価】★★★★★(90点) ■日本電産の創業者、永守さんの一冊です。  40年で従業員10万人以上の企業を  作りあげた人の考え方はすごいの一言でした。  とにかくハード。  2倍仕事をして納期半分なら  仕事はとれるのでしょう。 ・「倍と半分の法則」・・・  他社が八時間働いているのなら、  わが社は倍の16時間働く。・・  他社の納期が二カ月かかるところなら、  われわれは一ヶ月で治めることが可能になる(p156) ■そして、そのために  優秀な人を採用するのではなく、  普通の人を...


    「「なりたい自分」になる心理学」國分 康孝

    【私の評価】★★★★★(94点) ■多くの本を読んできましたが、  この本はもっと若いとき、できれば学生時代に  読みたかったと思いました。  これこそ、本当に使える心理学と  いえるものでしょう。   ・あるがままの自分を受け入れて    喜んで生きているというのが、    最高にハッピーになる条件だと思う。(p21) ■人間関係で悩むのは、自分にも意志と欲望があり、  相手も同じであることを知っているからだと思います。  自分も立てたいし、相手にも配慮したい。  真面目な人はそこで悩むので...


    「スピリチュアル ワーキング・ブック」江原 啓之

    【私の評価】★★★★★(94点) ■タイトルを読んで、  何か精神世界の勉強でもするのかと思ったら、  忙しく働くビジネスマンのための一冊でした。  仕事をしていてよく悩む問題に対して、  カウンセリングをしているかのように  答えてくれます。  ・「評価してほしい」と思っているときほど   評価してもらえないものです。   ・・・評価される人には共通点があります。   それは、どれだけ自分以外の人のために役に立てるか、を   常に意識しながら仕事をしている(p77) ■仕事への考え方から、一...


    「幸運を引きよせるスピリチュアルブック」江原啓之

    (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう。)94点 ●物質を説明するとき、私たちは「分子」という概念を使います。  水は、水素と酸素が結合したものですね。  しかし、正確にはさらに小さな構造があるので  「分子」という概念はあくまでも分りやすく説明するための  道具にすぎません。 ●同じようにこの本では人生を生きるコツを、  守護霊、指導霊、波動などの概念を使って  分りやすく説明してくれるのです。  ・人の評価や噂は貴重なメッセージとして、   大切に受けとってください。   ...


    「いま自分のために何ができるか」新渡戸稲造

    いま自分のために何ができるかposted with amazlet on 06.04.21新渡戸 稲造 三笠書房 (1991/12)Amazon.co.jp で続きを読む (評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)94点 ●この本は、5000円札の新渡戸稲造先生の  「修養」という本を読みやすくしたものです。    明治の時代にすでに  このような完成度の高い本があったとは驚きです。  ・ゆえに希望なき者は、いかに若年であっても、   片足を棺桶に踏み込んでいるのと同じようなもので...


    「変な人の書いたツイてる話」斎藤一人

    (評価:★★★★★何度も聞くべし)94点 ●私は斎藤一人さんの著作を、  ほとんど読んでいます。  それに、この本は、  立ち読みで読みきっていました。  でも、CDにつられて  購入してみました。 ●そしたら、このCDはいい!  あまり本を読まない妻もこのCDを聞いて  本を読んでみたいと言いだしました。  このCDだけで3000円以上の価値があるはずです。 (人によっては3000万円以上の  価値になるかもしれません。) ●一人さんの声を聞いたことのない人は  ぜひ買ってください! ■この...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む