98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「高橋朗」が付けられているもの

    「マーケティングは愛」高橋 朗

    (私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ) ●物語は、読む人に強烈なイメージを与える力をもっています。  ビジネス書でも、物語風の書籍が増えてきました。 ●この本は、銀座のママ麗子が、  大手化粧品会社のマーケッティング活動に  アドバイスを与えるという設定です。 ●マーケティング本というと、  非常時につまらないものが多いのですが、  物語形式のため、非常にわかりやすくまとまっています。  ・愛があるからこそ、相手のことを隅々まで知りたいと思うし、   相手のために何でもしてあげ...


    「ブランドは遊び心」高橋 朗

    ブランドは遊び心 銀座ママ麗子の成功の教えシリーズposted with amazlet on 05.11.23高橋 朗 ナナ・コーポレート・コミュニケーション (2005/07/25)おすすめ度の平均: 初心者 予言めいてますね 営業マンの参考書Amazon.co.jp で続きを読む (私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ) ●最近、日本=高級ブランドという流れがあるようです。  ソニー、トヨタのレクサス、中国でのダイキン(エアコン)などは、  海外で高級ブランドとして認められ...


    「黄金のおにぎり」高橋 朗

    (評価:★★★★☆)85点 ●「ブランド戦略」の教科書なのですが、おにぎり屋さんのストーリー  自体が面白いので、文句なく★4つとなりました。 ●よく考えればビジネス書や成功本というものは、内容はそれほど  違いはありません。何が違うかといえば、それは読者に何が残る  のか、ということです。 ●「伝わらなければ存在しないのと同じ」といった人がいましたが、  本を読んで読者の心に何かが残らなくては、読まないのと同じ  なのです。 ●そういう意味で、ブランド戦略入門書を小説仕立てにしたことは、  ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む