98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「青木寿幸」が付けられているもの

    「給料戦争」竹内 謙礼 青木 寿幸

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■給料を上げたい男と女が、  大東亜戦争からタイムスリップした  日本兵と出世を目指すストーリーです。  同い年のライバルが出世していく中で、  上司に反発していた主人公が、  日本兵との出会いで変わっていく。  優秀な人ほど初めは人間関係を  軽視してしまうのでしょう。 ・上司が同い年、いや年下であったとしても、  そんなことは関係ありません。  態度が横柄だったり、  叱られる内容が理不尽であったとしても、  良い人間関係を作ろうという姿勢を  持たなくて...


    「会計天国」青木 寿幸、竹内 謙礼

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■自動車事故で死んだコンサルタントが、  5つの事業を再生させることで、  天国へ行くというストーリー。  会計というと固いイメージですが、  これなら面白い。  会計とは、正しい経営判断をするために  経営の状況を数字で  教えてくれるものなのです。 ・部署の『決算書を作る』ことが  必要なんじゃないのかね?・・  本当に利益を稼ぐことができているのか・・(p225) ■面白いのは、経営者の視点で、  事業を売却を検討したり、  新規事業を考えたりできるとこ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む