98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「福島正伸」が付けられているもの

    「僕の人生を変えた29通の手紙」福島正伸

    僕の人生を変えた29通の手紙posted with amazlet at 11.04.12福島 正伸 日本実業出版社 売り上げランキング: 29783Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(77点) ■三十歳の若者が、  同僚、上司、そして不思議な手紙によって   ビジネスマンとして成長する物語です。  不思議な手紙に書かれた  福島さん得意の「名言」に  引かれる一冊になっています。 ・今やらないことは、一生やらない(p168) ■人は、仕事を通じて  成長するものだと...


    「理想の会社」福島 正伸

    毎日、社員が感動して涙を流す 理想の会社posted with amazlet at 10.07.08福島正伸 きこ書房 売り上げランキング: 17921Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(79点) ■上司が会社で名言を引用していた一冊です。  偶然にも手元にあり驚きました。  この本で福島さんが言いたいのは、  良い会社には、感動の物語があるということです。  ディズニーランドに感動の伝説の物語があるように、  感動のエピソードはお客さまだけでなく、  従業員さえも...


    「リーダーになる人のたった1つの習慣」福島 正伸

    リーダーになる人の たった1つの習慣posted with amazlet at 10.01.13福島 正伸 中経出版 売り上げランキング: 5971Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(79点) ■3人の起業を目指す若者が、  どん底のカラオケ店を立てなおすという  物語です。  3人はそれぞれ、知的系、笑顔系、地道系と  タイプも違えば、手法も違います。  ただ、同じなのは、最初は、  いずれも成果が見えないということです。 ■地道系は、自分から率先して、  ごみ広...


    「仕事が夢と感動であふれる5つの物語」福島 正伸

    【私の評価】★★★★☆(89点) ■「夢」を語ったら日本一の福島正伸さんの講演から  うけるネタを集めた本の第二段です。  話のネタも良いのですが、  今回は講演CD付きでパワーアップしています。  (次はDVD付き?) ■福島さんは、自分の辛い体験から、  「日本が夢を持った人でいっぱいにする」という  夢を持って20年以上も活動してきました。  しかし、10年くらいは何もうまくいかなかったといいます。  それでも福島さんは、「夢」を語ることを  辞めませんでした。   ・「すべての人が夢を...


    「どんな仕事も楽しくなる3つの物語」福島 正伸

    【私の評価】★★★★★(92点) ■福島正伸さんの研修を  2日間受けたことがあります。  私の感想は、福島さんは日本でも数少ない、  講演で感動のあまり泣かせてくれる人の  一人だということです。 ■この本では、福島さんが講演会で話している  泣かせる三つの話が紹介されています。  「つまらない仕事はない。   つまらない人がいるだけだ。」  とよく言われますが、この本でさらに納得できるでしょう。 ■もし、このレベルの物語が10個あったら  日本の「チキンスープ」として95点くらいの評価  ...


    「メンタリング・マネジメント」福島 正伸

    【私の評価】★★☆☆☆69点 ●私の座右の銘は、  「過去と他人は変えられない。  未来と自分は変えられる」です。  他人を変えるためには、  自分が変わるしかないというのは、  人の世の真理でしょう。  ・得るものを変えるためには、   まず与えるものを変えれば良い   他人を変えたければ、自分を変えれば良い   人を育てたければ、自分が育つ姿を   見せることである(p3) ●この本は、いかに自分が変わることが大切か!  ということを徹底的に教えてくれる一冊です。  著者の経験を織り込みな...


    「会社の元気はメンターがつくる―やる気育成のプロに学ぶ自立社員創造法」福島 正伸

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■福島さんは熱血ですね。  その思いが相手に伝わり、  元気な組織ができるのでしょう。  福島さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・成果は一生のなかで出ればよい ・そういう気持ちになることもよくわかるよ。  だけど逃げるわけにはいかない。  そういう時は,私なら  「こんな時こそ仕事の進め方の改善ができる。  自分が成長できる」と考えるようにしてい...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む