98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「石原明」が付けられているもの

    「絶対儲かる「値上げ」のしくみ、教えます」石原 明

    【私の評価】★★★★★(95点) ■「営業マンは断ることを覚えなさい」の  石原さんの一冊です。  石原さんは、クライアントの  人事コンサル会社の料金メニューを  10倍にしました。  値段を上げることで顧客を選び、  内容や価格の交渉が必要となりますが、  利益は大幅にアップ。  「経営者は、値上げすることを覚えなさい」  ということでしょうか。 ・人事コンサル会社の値段は、  当初半年6か月で60万円・・  何でもやりますみたいなサービスでした・・  メニューをしっかり明示して・・価格は...


    「イヤな客には売るな!」石原 明

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ■経営コンサルタントの石原さんの一冊です。  石原さんの代表作、  「営業マンは断ることを覚えなさい」  は、だれもが聞いたことがあるのではありませんか。  断る営業マンは、自分が選んだお客様に  情報を提供し続けるのです。 ・「同じことを何度もやり続ける人(会社)は尊敬される」・・・  たとえば、月一回ニュースレターを出し続けると、  営業マンが毎月会いに来たのとほぼ同じ効果が  現れるようになります(p79) ■情報を提供し続けることで、  営業マンとして...


    「すべてが見えてくる飛躍の法則」石原 明

    【私の評価】★★★★★(93点) ■より長期的、より広い視野で考える人が、  ビジネスでも成功するし、  組織でも出世することを教えてくれる一冊です。  確かに、自分のことしか見えない人は、  子どものよう。  相手のことばかり気にする人も、  弱弱しい。  相手も自分のことも考え、  原則に従って考える人が、  大人なのだと思います。 ・【視野の広さ】+【思考する時間の長さ】(p42) ■視野が広がっていくと、  精神的に安定してきます。  苦しいときも、  これが将来のプラスになると  考...


    「気絶するほど儲かる絶対法則」石原 明

    気絶するほど儲かる絶対法則posted with amazlet at 10.07.09石原 明 サンマーク出版 売り上げランキング: 979Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(92点) ■石原さんの本の特徴は、気軽で読みやすく、  仕事の本質が書いてあることです。  この落差にびっくりしますが、  たぶん意識的にそうしているようです。 ■石原さんは、マーケッティングが得意なので、  半分以上は売るためのコツを教えてくれます。  他の業界をマネる。  いかによさそうに...


    「社長、「小さい会社」のままじゃダメなんです!」石原 明

    (私の評価:★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう)(94点) ●まず第一に「儲かる仕組みを作りなさい」  というのが著者の主張です。  他社の事例を分析しなさい、  体験してみなさい、  事実を直視しなさい、  商品の選択がポイントなど  アドバイスしてくれますが、  「儲かる仕組みを作りなさい」ということこそ、  体系化しにくく、伝えにくいポイントなのでしょう。  ・私がいつも言っている言葉で、   「世の中は自分のためにお金を出して実験してくれている」   というのがあります。(...


    「成功曲線を描こう」石原 明

    成功曲線を描こう―「みる夢」から「かなえる夢」へposted with amazlet on 06.06.01石原 明 一世出版 (1997/11)売り上げランキング: 5,720おすすめ度の平均: とても納得! 自分の"居場所"が分かる本 いい本ですが、少々パワーが不足?続きを読む (私の評価:★★★★☆)84点 時間を上手に使いたかったら、 いま取り組んでいる事柄を三倍にしてみることです。 ●私も三倍忙しい職場に異動してから、  時間管理能力が向上しました。  これは本当です。  でも、誰...


    「営業マンは断ることを覚えなさい」石原明

    営業マンは断ることを覚えなさいposted with amazlet on 06.01.11石原 明 明日香出版社 (2003/02/08)売り上げランキング: 9,391おすすめ度の平均: 断ることが人間関係をよくする!? タイトルに誤魔化されず、社長・営業幹部も必須の書 営業とマーケティングの違いがわかる続きを読む (私の評価:★★★★☆)89点 あなたが断ることで、「この人には自信がある」って印象が、 お客様に芽生えますから、急に、この人との縁を無くしてしまうのは損、 という気持ちになる...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む