98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「本間正人」が付けられているもの

    「知識ゼロからのほめ方&叱り方」本間 正人

    【私の評価】★★★☆☆(72点) ■叱るとは、怒ることではありません。  叱るとは、自分の方針と違うとき、  約束と違うとき、  それを指摘することです。  そして、それを守るように言う。 ■感情的になる必要はありません。  約束を守る。  当然のことですね。  それを理解してもらえばいいのです。  本間さん、  良い本をありがとうございました。 ──────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・「見込みなし」とあきらめて  指導しない...


    「プレイング・マネジャー 現場と管理職を兼任する人のためのコーチング術」本間正人

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ■だれでも初めての課長職は、  初めての経験となります。  いわんや、今の時代は、  プレイング・マネジャーの時代。  課長も稼ぐことを求められる  場合があるのです。  そうした中で、初めての仕事で、  実績を出していくにはどうすればいいのでしょうか。 ・マネジャーの業務に追われ、プレイヤーとして  パフォーマンスが落ちると、マネジャーとしての  指導力にも陰りが出てきます(p148) ■1年くらいたつと課長職も身につくでしょうが、  場合によっては「担当の...


    「ほめ言葉ハンドブック」本間 正人、祐川 京子

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■世の中には、「褒める」ことが苦手な人がいるようです。  「褒める」ことは、強力なコミュニケーションの武器ですので、  「褒める」ことができないのはもったいないことです。 ■人は「褒め」られると、いい気持ちになりますので、  適切なタイミングで、適切な言葉で「褒める」と  職場の雰囲気は良くなるはずです。  あまり「褒め」ない人が、いいタイミングで「褒める」と  効果千倍だったりします。 ■しかし、実際には「どこを褒めたらいいのかわからない」  ということもあ...


    「ケーススタディで学ぶ「コーチング」に強くなる本―現代の上司に必須のコミュニケーションスキル 」本間 正人

    【私の評価】★★★☆☆(70点) ■ものは言いよう、ということで、  ちょっとした言い方で結果が大きく  違う場合があります。  話し方は習慣でもあるのですが、  自分ではわからなくても  相手にはわかるところが難しいところです。  一度、自分の口癖や言い方を  チェックしてみる必要があるのかもしれません。  本間さん、  良い本をありがとうございました。 ━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・一緒に考えてみよう。例えば・・(p35) ・「そうだ...


    「人を育てる「叱り」の技術」本間正人、ダイヤモンド社

    (評価:★★★読むべし)76点 ●この本はコーチングの本ですね。「叱り」の方法は書いてありません。タイトルは「人を育てる「コーチング」の技術」とするべきです。でも、コーチングの本としては、対話の事例が多くて非常に参考になります。 ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・「叱る」とは改善提案である ・一緒に取り組もうというのがコーチングの姿勢です。 ・比較は暴力である(クリシュナムルティ) ・わずかな成長であっても、相手のよさを認め、ほめてあげることから始めるとよいでしょう。 ・×:そ...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む