98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「成毛眞」が付けられているもの

    「大人げない大人になれ!」成毛 眞

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■マイクロソフト日本法人の  代表取締役社長だった  成毛(なるけ)さんの一冊。  著者の仕事への姿勢は、  仕事を遊びにするということ。  遊びなんだから何時までも  打ち込むことができるのです。  米国マイクロソフトに行ったら  ビル・ゲイツが  通路に寝ていたらしい。 ・子どものような企業とは、  ビジネスを遊び場にできる人間の集団(p37) ■遊ぶように仕事をする人がいなくなると、  挑戦するような企画が出てきません。  サラリーマンだけになってしまう...


    「成毛眞の超訳・君主論」成毛眞

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■元マイクロソフト社長が教える  君主(社長)論の使い方です。  成毛さんは、社長時代、  君主論に書いてあることを  そのままやったという。  具体的には、社長になったら、  年上の副社長をクビにした。  まず、君主は怖れられなくては  ならないのです。 ・私の考えでは、4割は猫かぶりの偽善者で、  6割がまともな人という印象だ。  それでも、猫かぶりの4割の偽善者に寝首を  かかれないためには、鬼キャラになることが  必要なのである(p66) ■そして、前...


    「本は10冊同時に読め!」成毛 眞

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■元マイクロソフト社長の成毛さんの  読書術です。  数万冊の蔵書があるらしい。  読んでいるのは、江戸時代の文化の本、  最先端物理学の本、屋久島のコケの本と  みごとにバラバラです。  それが人間の幅を  広げてくれるのです。 ・本を読むのであれば、  あらゆるジャンルの本を  バランスよく大量に読むべきだ(p70) ■本を読んで知識のある人は、  旅行に行ったら、  「ここはあの本にあった戦いの地だ。」  とか、歌舞伎に行ったら、  「江戸時代はこうだっ...


    面白い本」成毛 眞

    ■この本で紹介されている100冊のうち、  五冊、読んだことがありました。  ★3が3冊。★2が2冊。  あまり評価が高くありませんね。  趣味が合わないのでしょうか。 第1章 ピンポイント歴史学 「ワンダフル・ライフ」スティーヴン・ジェイ・グールド 「イヴの七人の娘たち」ブライアン サイクス 「死海文書のすべて」ジェームス・C. ヴァンダーカム 「ロゼッタストーン解読」レスリー・アドキンズ 「トンパ文字―生きているもう1つの象形文字」王 超鷹 「ヴォイニッチ写本の謎」ゲリー・ケネディ 「全...


    「日本人の9割に英語はいらない」成毛眞

    【私の評価】★★★★☆(84点) ■外資マイクロソフト元社長の成毛(なるけ)さんの  英語についての一家言です。  ほとんどの日本人は、  英語を使う必要が出てきたら  勉強すればいい、  ということ。  たぶん95%の日本人は、  仕事で英語を使うことは  ないのです。 ・語学に関しては"泥縄"でいいのではないかと思う。  泥縄とは、泥棒を捕まえてから縄をなう、  つまりことが起こってから  慌てて対策を立てるという意味である(p41) ■仕事で英語を使う環境にいれば、  自然と英語はできる...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む