98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「小倉昌男」が付けられているもの

    「小倉昌男 経営学」小倉 昌男

    小倉昌男 経営学posted with amazlet at 11.11.29小倉 昌男 日経BP社 売り上げランキング: 246Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★★(90点) ■宅急便という業態を作った  小倉 昌男さんの一冊です。  小倉 昌男さんは2005年に  亡くなっています。  この本を読んで感じたのは、  小倉さんが筋を通す人である  ということです。  筋が通らないことは、  組合でも運輸省でも許さない。  筋を通して、訴訟や  マスコミを使ってでも戦い...


    「「なんでだろう」から仕事は始まる!」小倉 昌男

    「なんでだろう」から仕事は始まる!posted with amazlet at 11.08.20小倉 昌男 講談社 売り上げランキング: 135547Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆ ●今では郵便局でも「ゆうパック」というサービスを行っていますが、  宅急便がなければ永遠に「ゆうパック」はなかったでしょう。  そういう意味では、宅急便を創業した小倉さんは、  日本の輸送業界の革命児です。 ●この本では、小倉さんの経営者として  考えてきたことが語られているのですが、...


    「やればわかる やればできる」小倉昌男,講談社

    (評価:★★★★☆読むべし)85点 ●ヤマト運輸でクロネコ宅急便を始めた小倉昌男元社長は伝説の人ですね。その元社長が社内報で書いていたコラムをまとめたのが、この本です。 ●この本で驚くのは、その率直さです。「うちの会社はここが悪い」「こんな不祥事がある」「会社のここをこうしたい」など、本音で書いているのが分かります。これを読んだ社員は、正直な社長だなと思うのでしょう。 ●そういえば元気な会社は社長の考えが末端の社員に浸透しているような気がします。セブンイレブン、トリンプ、キャノン、トヨタ、昔の...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む