タグ「吉越浩一郎」が付けられているもの

    「「社長」を狙うか、「社畜」で終わるか。」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■トリンプで19年間、  増収増益を達成した吉越元社長の  仕事の考え方です。  最近は、出世しても給与は増えないし、  責任が増えるだけ。  そんな考え方の人が  増えているといいます。  吉越さんは、サラリーマンは、  一握りの人だけが役員になり、  他は60歳前にお払い箱になる世界。  だからこそ、役員いや社長を  ...

    「一流の上司、二流の上司」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(86点) ■トリンプで19期連続増収増益の  吉越さんの一冊です。  奥様がフランス人。  外資系を渡り歩いてきた人  だけあって外人的な思考が  特徴的です。  ゴーン社長のように  結果にコミットし、  それに必要な手を打つのです。 ・「締め切り」に厳しい上司の部下は、  必ず伸びる(p84) ■パワーポイントで作った  資料な...

    「デッドライン決断術」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■「早朝会議」の吉越さんの  決断のコツです。  吉越さんは天使のブラのトリンプで  14年間社長をしていましたので、  決断とは経営者としての決断です。  決断はYESかNOですので、  報告者は、  「この問題には、こうしたいと思います」  と提案しなくてはなりません。  つまり腹案を持ったうえで、  報告するというこ...

    「仕事ができる社員、できない社員」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(87点) ■早朝会議の吉越さんの一冊です。  社長が変わると会社が変わる。  吉越さんが社長になって  トリンプは19年連続で増収増益でした。  その秘訣は、  デッドライン設定によるスピードと  社長の徹底力です。 ・あらゆる仕事に「デッドライン」を設定します。  「いつまでに何をやるか」を明確に決めて、  それに従って効率的に、...

    「2分以内で仕事は決断しなさい」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(82点) ■トリンプでのスピード経営で、  18年連続増収増益を達成した吉越さんの  経営法です。  やはりなんといっても、  大きな特徴は、社長直轄の早朝会議でしょう。  毎日、一時間から一時間半で  40~50のテーマを話し合います。  社長と担当者が、  議論して決定する。  たった2分程度で決まるのです。 ・私が議題を選び、...

    「ムダな仕事はもう、やめよう!」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■トリンプで残業なしで、  19年連続増収増益を達成した  吉越さんの仕事術です。  仕事を減らすのではなく、  少ない時間でそれまでと同じ量の仕事を  効率的にやることを目指します。 ・残業をやめる・・・これまでと同じ仕事のボリュームを  定時までに片付ける意識があってこそ、  仕事の質は高まるのである。・・・  ゆとり...

    「吉越式会議」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★★(94点) ■「天使のブラ」トリンプにおいて  19年連続増収増益を達成した  吉越さんが教える会議のコツです。  19年連続増収増益の原因は、  やはり短時間に何十もの議題を処理していく  早朝会議にあったようです。 ■早朝会議では、立派な資料は使いません。  プロジェクターも書類のハガキサイズの  部分しか映し出しません。  した...

    「「残業ゼロ」の仕事力」吉越 浩一郎

    「君はまだ残業しているのか」は、改題、再編集したもの。 【私の評価】★★★★☆(87点) ■トリンプ・インターナショナル・ジャパンで、  残業ゼロで19年連続の増収増益を達成した  吉越さんの一冊です。  一人当たりの売り上げは5倍になったそうです。 ■吉越さんは「残業ナシ」で有名なのですが、  「残業ナシ」は効率化のための一つの手段にすぎません。  吉越...

    「「残業ゼロ」の人生力」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■トリンプ・インターナショナル・ジャパンで、  残業ゼロで19年連続の増収増益を達成した  吉越さんの一冊です。  吉越さんの持論は、  「残業は百害あって一利なし」  です。 ■吉越さんも、昔は残業をしていましたが、  奥さんがフランス人ということもあり、  仕方がなく残業のない生活を送るようになりました。  特に、トリ...

    「デッドライン仕事術」吉越 浩一郎

    【私の評価】★★★★★(90点) ■女性のランジェリー、天使のブラ・・・  といえば、トリンプです。  このトリンプを社長として  19年連続増収・増益に導いたのが、  著者の吉越 浩一郎さんです。 ■成果が出ているのですから、  そこには理由があるはずです。  その秘密こそ、  「デッドライン仕事術」です。  つまり、仕事の締切日を  決めるということで...

    「革命社長」吉越 浩一郎

    (私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)88点 ●実績を出している社長は何が違うのでしょうか。  ・会社はトップで変わることを目の当たりにしました。   トップがどういう方向を示すかで、社員の心まで変わる。   (営業本部長 木田博明)(p10) ●まず、仕事はきつい。実際にトリンプでは、  中途入社の人がついていけなくて退社するケースが多...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)