98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「吉田幸弘」が付けられているもの

    「リーダーの一流、二流、三流」吉田 幸弘

    【私の評価】★★★★★(90点) ■著者は、抜群の営業成績で  何度もリーダーに抜擢されますが、  人間関係で問題を起こし、  降格・転職を繰り返します。  異動先の新しい職場で  理想の上司との出会った著者は、  「伝え方」で人間関係が  大きく変わることを理解します。  その後、著者はコーチングを取り入れた  部下育成で成果を出し、社外で  コンサルティングするまでになりました。 ・一流のリーダーは、  部下が話しやすいように自己開示してから  質問をするようにします・・  部下に関するネ...


    「部下がきちんと動くリーダーの伝え方」吉田 幸弘

    【私の評価】★★★★☆(88点) ■指示とまったく違う形の資料が出てくる・・  最優先の仕事にまだ手をつけていない・・  そんな部下を持つ人のための一冊です。  そうした部下に対応するために、  部下を変えるのか、  自分の仕事のやり方を変えるのか。  部下が上司ほど優秀でないとすれば、  上司がやり方を変えるべきなのでしょう。 ・場当たり的な伝え方はしない・・・  1 お願いしたいことをすべて書き出す  2 分かりやすい伝え方になるよう順番を工夫する  3 ・・  4 どこで進捗確認するかも...


    「部下を育てる「承認力」を身につける本」吉田 幸弘

    【私の評価】★★★★☆(80点) ■優秀な人にありがちなのが、  上司になったら急に厳しくなる人です。  「あれ?この人こんな人だったっけ?」  と思うことがありませんか。  これは、責任者となった本人の責任感と、  上司としての権限と、本人の性格から  来るものなのでしょう。  良い結果をもたらす場合もあるでしょうし、  総スカンをくらって去っていった人を  何人も見てきました。 ・いかに部下になめられないか、威厳を持たせるかに  力をいれていました。自信がないのを隠そうと、  自分がいかに...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む