98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


タグ「ウェイン・W・ダイアー」が付けられているもの

    「自分を掘り起こす生き方」ウェイン・W・ダイアー

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ■ダイアー先生は米国の心理学者。  博士が一貫して伝えることは  自分を否定し、苦しんでいる人も  幸せになれるということ。  自分に起こることは  自分を否定することではなく、  自分を活かすための  メッセージなのです。 ・人生で起こることは、すべて  あなたへのメッセージであることに  気づくようになるだろう(p42) ■「自分を認めてほしい」  というエゴを乗り越えると、  新しい世界が見えてきます。  自分が生きていることは  素晴らしい。  周囲の...


    「小さな自分で一生を終わるな!」ウエイン・W・ダイアー

    小さな自分で一生を終わるな! (知的生きかた文庫)posted with amazlet at 12.06.23ウエイン・W・ダイアー 渡部 昇一 三笠書房 売り上げランキング: 74533Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(75点) ■ウエイン・W・ダイアー博士は大学を辞め、  「自分のための人生」という本を  出版しました。  「自分のための人生」という生き方を伝えるために、  自分のための人生、つまり  講演と著作で生きていく決意をしたのです。  驚くべきは、 ...


    「自分のための人生」ウェイン・W・ダイアー

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■先日に続き、この本も、  「あれ?紹介していなかったっけ?」  と気づいた一冊です。  私がこの本を最初に読んだのは、  30歳前後でしょうか。  40代になって  やっと「自分のための人生」というものが  見えてきたように感じます。 ・そうしたいから・・・それだけの理由で、  やりたいことは何でもやればよい。(p161) ■しかし、「自分のための人生」とは  強烈な一言です。  精神的に自立した人間になろう、  ということ。  ところが、この世の中では  ...


    「ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ」ウェイン・W・ダイアー

    ダイアー博士のスピリチュアル・ライフ―"運命を操る力"を手にする「7つの特別プログラム」posted with amazlet at 11.07.30ウエイン・W. ダイアー 三笠書房 売り上げランキング: 2168Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(74点) ■この本で言うところの「スピリチュアル」とは、  天地自然の法則のことを言っているのでしょう。  つまり、花が咲く、風が吹く、子孫を残す、  人がイメージしたことが実現する、ということです。  当たり前のようで...


    「わが息子、娘のために父親は何ができるか」ウェイン・W・ダイアー

    【私の評価】★★★★☆(83点) ■子どもを育てるとは、  人を育てるということ。  自分さえ育てられないのに  人を育てるのは一つのチャレンジでしょう。  だからこそ、こういった本を読んで、  予習をしておきたいものです。  ダイアーさん、  良い本をありがとうございました。 ───────────────────────────── ■この本で私が共感したところは次のとおりです。 ・「自分はヒーローになるために生まれてきた」  と思わせること(p29) ・子どもが言い出したことは  必ず最...


1
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む