タグ「KK致知出版社」が付けられているもの

    「組織を変えるマネジメント」佐藤 克男

    【私の評価】★★★★★(94点) ■北海道の函館に近い森町に、  辣腕経営者が  町長としてやってきました。  それまでの森町は借金200億円、  財政調整基金(預金のようなもの)がゼロ。  どこの役場も同じだと思いますが、   サービス精神もゼロ。  毎年、毎年同じ仕事を  続けていたのです。 ・何もしない人に過失はない、  しかし何もしないこと程、  ...

    「死ぬときに人はどうなる10の質問」大津 秀一

    【私の評価】★★★★★(91点) ■患者の最後の苦痛を和らげる緩和医療医として、  数百人の死者を見てきた  大津さんと一緒に「死」を考える本です。  人生80年と言われるように、  日常にあまり「死」というものが  存在しない現代社会。  しかし、  いずれ人は死ぬものであり、  その運命からは逃げられないのです。 ・この世の中で一つ正しいことがあります...

    「子供が喜ぶ「論語」」瀬戸 謙介

    【私の評価】★★★★★(91点) ■空手の先生が「論語」を通じて、  生き方というものを教えてくれる一冊です。  「論語」などを持ち出すと単調になりがちですが、  瀬戸先生の独自独歩の色が出ていて  読みやすい一冊でした。 ・努力しない人を友達にしてはいけない(p120) ■瀬戸先生の教えの特徴は、一本筋が通っていて、  なぜか力強いということ。  努力し...

    「何のために働くのか」北尾 吉孝

    【私の評価】★★☆☆☆(68点) ●野村證券の出世街道を駆け上がり、  ソフトバンクにヘッドハンティングされた  北尾氏の仕事の心得をまとめた一冊です。  野村証券時代、ソフトバンク時代の経験や体験を期待しましたが、  仕事における心得が中心となっています。 ●まず感じたのは、  大きく考えるという習慣の大切さです。  北尾氏は野村証券入社当時から、  「...

    「繁栄の法則―戸が笑う」北川 八郎

    【私の評価】★★★★★(91点) ●著者の成功法則とは、良いものを与える、  信頼を重んじるというものです。  つまり、営利に走るのではなく、  お客様のためになるものを提供する。  少し利益が減っても、お客様が満足するような  対応をするというものです。 ●当たり前のことに感じるかもしれませんが、  会社に大きな損害が生じるとわかると、  それを公表する...

    「人生を創る言葉」渡部昇一

    【私の評価】★★★★★(92点) ●まさに知恵の宝庫といえる一冊です。  94の成功のヒントと、それに関係するエピソードについて、  渡部先生が自分の体験を含めて解説してくれます。 ●人によっては、この本の本当の価値がわからないかもしれません。  それでも、この本を読んだ後で、  ちょっと思い出してみて、実際に実行してみたときに、  その効果に驚くことでし...

    「続・志のみ持参」上甲 晃

    【私の評価】★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(94点) ●十四年間、松下幸之助とともに松下政経塾で仕事をしてきた  上甲 晃氏が「松下幸之助に学ぶ 経営者・幹部の経営心得」  とのテーマで講演した内容をまとめた一冊です。  松下幸之助のエピソードが圧巻で、電車の中で読み始め、  そのまま自宅まで、歩きながら読みきりました。  私はリュックサッ...

    「志のみ持参」上甲 晃

    【私の評価】 ★★★★★:絶対お薦めです!家宝となるでしょう(93点) ●本日は、私の目を覚ましてくれた一冊です。 ●松下政経塾といえば、多くの政治家、実業家を生み出している  ブランドともいえる私塾ですが、初期の運営では  とてつもない問題ばかりだったようです。 ●昭和五十五年に松下政経塾を開塾したとき、  九百名もの応募者があり、そのなかから二十三名が...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)