タグ「KK朝日新聞出版」が付けられているもの

    「負けてたまるか! 若者のための仕事論」丹羽 宇一郎

    【私の評価】★★★★★(90点) ■元伊藤忠商事社長の丹羽さんが、  これから社会に出る若者に  伝えたいことは何なのでしょうか。  それは、  「人は仕事で磨かれる」  ということです。  給与が安い、長時間労働などと  文句を言う前に、  眼の前の仕事に取り組みなさい  ということです。 ・給料が低いの安いのとボヤく前に、  まずは「お金をもらって勉強...

    「リーダーのための伝える力」酒巻 久

    【私の評価】★★★★★(90点) ■キヤノン電子の酒巻社長の一冊です。  リーダーとは  自分で仕事をするのではなく、  人を動かして成果を出す人。  人を動かすのは、  リーダーの設定した目標と  リーダーが作る緊張感です。 ・リーダーの仕事に対する姿勢と目で  「緊張感」を作り、  適切なマイルストーンの設定で  「達成感」を部下に持たせる(p49) ...

    「お金は歴史で儲けなさい」加谷珪一

    【私の評価】★★★★★(90点) ■日経BP記者、投資ファンド運営会社を経て、  お金についてコンサルティングしている  加谷さんの一冊。  お金持ちは、歴史を学ぶことで  人間の性(サガ)を学んでいるらしい。  人間の性が変わらないとすれば、  経済も同じような動きをすると考えられるのです。 ・世界恐慌(1929年)をリーマンショック(2008年)に、 ...

    「チャイナ・ナイン中国を動かす9人の男たち」遠藤 誉

    【私の評価】★★★★★(90点) ■「チャイナ・ナイン」とは  「中央政治局常務委員」9人のこと。  中国共産党の最高意思決定機関は  「中国共産党全国代表大会」。  その中に「中国共産党中央委員会」があり、  中央委員204名の中から  25人の「中央政治局委員」、  さらにその中から  9名の「中央政治局常務委員」が選ばれます。  この本では、現在の常...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)