タグ「竹内謙礼」が付けられているもの

    「戦略課長」竹内 謙礼、青木 寿幸

    【私の評価】★★★★★(90点) ■会社から新規事業を立ち上げるよう  指令された女性課長が  ロボット取締役とカバン事業を  立ち上げるストーリーです。  事業の戦略と計画立案から  『正味現在価値』の計算の考え方、  そして資金調達までざっくり  起業の雰囲気を味わえます。  なんでロボットなの?  といういい加減さが難しい理論を  分かりやすくしてい...

    「給料戦争」竹内 謙礼 青木 寿幸

    【私の評価】★★★☆☆(79点) ■給料を上げたい男と女が、  大東亜戦争からタイムスリップした  日本兵と出世を目指すストーリーです。  同い年のライバルが出世していく中で、  上司に反発していた主人公が、  日本兵との出会いで変わっていく。  優秀な人ほど初めは人間関係を  軽視してしまうのでしょう。 ・上司が同い年、いや年下であったとしても、  そん...

    「会計天国」青木 寿幸、竹内 謙礼

    【私の評価】★★★★☆(85点) ■自動車事故で死んだコンサルタントが、  5つの事業を再生させることで、  天国へ行くというストーリー。  会計というと固いイメージですが、  これなら面白い。  会計とは、正しい経営判断をするために  経営の状況を数字で  教えてくれるものなのです。 ・部署の『決算書を作る』ことが  必要なんじゃないのかね?・・  本当...

    「ネットで儲ける王様のカラクリ」竹内 謙礼

    【私の評価】★★★☆☆(76点) ■インターネットサービス会社に勤める男と、  町の花屋を経営する男が入れ替わるというお話。  花屋はインターネットサービス会社の実態に驚き、  ネットサービス会社の男は花屋の経営に  ネットを活用しようとします。  笑うのは、インターネット業界の  売上さえ上がればいいという雰囲気を  うまく伝えてくれることでしょうか。 ...

    「読むだけですぐに売れ出す40の言葉」竹内 謙礼

    【私の評価】★★★★☆(87点) ■中小企業向けの販促について  アドバイスした一冊。  この本がすごいのは、 ・売りたいなら、  ネーミングに「謎」を残せ(p84)  と言いながら、しっかり、  目次タイトルが「謎」になっていることです。 ・新規客には「お金」を。  常連客には「愛」を。(p28) ■これは、新規客には導入として、  無料や格安サンプルで...

    「「頭がいい」と思わせる文章術」竹内 謙礼

    【私の評価】★★★☆☆(73点) ■楽天市場で何度も「ベスト店長賞」を受賞した  竹内さんが「売れる文章」を教えてくれる一冊です。  メールマガジンもそうですが、  まずは「タイトル」つまり  「キャッチコピー」が命です。  (1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』は   あまり良いコピーではないかも)  それを読んだ人が、  中身をイメージするようなタイト...

    「楽天でNo.1になれた幸せなお金の儲け方 」竹内謙礼

    (評価:★★☆☆☆)63点 ■ネットショップでは、  キャッチフレーズが大切です。  この店でしか変えないというポイントを  強調していくこと。   ・米沢牛とヴィトンとダイエット食品に勝つためには、    どんな乳製品の企画が良いのだろうか?(p47) ■また、お店と違って集客に工夫が必要です。  集客→興味を持ってもらう→購入までの流れを  うまく作ら...

1

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)