★2人間・心理学の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■アンガーマネジメントとは、  怒りを表に出して  後悔しない技術です。  怒ること自体悪いことではありませんが、  怒り方が悪いと  後に悪い影響を与えることも。  感情のままに怒るのは  得策ではありません。 ■一方で、怒りたいのに怒れない  というのも問題です。  悪いことは悪いと教えないと、  間違ったことを学んで...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■1990年における  カウンセラーとは何なのかを  考えた一冊です。  アメリカから導入された  カウンセラーは、  試行錯誤しながら浸透して  いきました。 ■当時は、カウンセラーが  受け入れられにくかったためか、  カウンセリングの定義が中心と  なっています。  書いている人も  わからずに書いているのかも  し...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■日常の生活の中で、  心理学を応用できる機会は  思ったよりも多いもの。  たとえば、  相手の意見に反対でも  相手の話を最後まで聞いてみる。  そして「そうだよね・・・」  と共感してあげてから、  自分の意見を言ってみる。  そうすると、  相手は反発しないだけでなく、  意見を受け入れてくれるもの。 ・まずは相手...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■「気づかい」とは、社会を生きていくうえでの  潤滑油です。  さらに、「気づかい」ができると  「気づかい」のできる人として  認められます。  特に日本では、仕事もそうですが、  「気づかい」で評価される  こともあります。  気を付けたいですね。  良い本をありがとうございました。 ─────────────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■NLPとは、セラピストのベストプラクティスを  体系化したものです。  単純に技術的にはコーチングに  近いものがありますが、  幅はもっと広い。  こうした体系化は、やはり  欧米が強いですね。 ■知識を学ぶだけでなく、  自分に活用していきたいものです。  良い本をありがとうございました。 ─────────────...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■特に女性の場合、  人当たりの良い人が実際にいるものです。  会った人、会った人を  ファンにしてしまうような人。  それはやはり、  笑顔であり、雰囲気なのでしょう。 ・用意された席にあなたが着くとき、・・・  「笑顔で見渡し、会釈する」・・・  あいさつするときも、「大好きです」の  気持ちで相手の目を見て、ニコッと...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■内容としては、  中村天風さんの教えと  同じものです。  積極的な心、  積極的な言葉で、  積極なる習慣を作ります。  これは一つの自己暗示という  ものでしょう。 ・心の積極化とは、いつ、いかなる場合でも、  何事に対しても積極的に行動し、  積極的な方面から考える習慣を身につけることです(p80) ■そして、心だ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■人との会話を楽しむポイントを  教えてくれる一冊です。  「話し方」にも技術がありますから、  日頃、訓練する必要がある。  だから、著者はタクシーに乗ったら  運転手さんに声をかけるのです。 ・タクシーに乗るときは、先に、  「よろしくお願いします」  と、声をかけることにしている。(p57) ■自分ばかり話し過ぎもだ...
続きを読む
手にとるように心理学がわかる本―何があなたの心を動かすのか? (「手にとるようにわかる」シリーズ)posted with amazlet at 12.08.27渋谷 昌三 かんき出版 売り上げランキング: 656392Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■心理学の基本を学ぶ一冊。  ほんとうに教科書みたいなので、  心理...
続きを読む
意図的に生きる―アバターの発見と開発posted with amazlet at 11.09.04ハリー パルマー PRESENCE 売り上げランキング: 387565Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■ハリー・バルマーさんは、  感覚遮断タンクを作りました。  食塩水に浮かぶ。(無重力)  音が聞こえない。  真っ暗...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■フィンランド暦の長い北川さんの一冊です。  欧米では、お互いが理解できないことを前提に  自分の意見とその理由をはっきり  説明することが求められるようです。  これは、日本であっても  年代の格差がありますので、  同じことが言えるでしょう。 ・「私はこう思う」ではなく、    「なぜ、そう思うようになったのか」  「...
続きを読む
傷つかない技術posted with amazlet at 11.06.30エリック・メイゼル 創元社 売り上げランキング: 298804Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■欧米人は物事をはっきり言いますので、  批判しても反論する人が多いのでしょうが、  反論せずに傷つく人もいるようです。  特に会社で上司との関係で...
続きを読む
亭主力―夫婦円満、家庭円満の新!方程式 (角川SSC新書)posted with amazlet at 11.10.26天野 周一 角川SSコミュニケーションズ 売り上げランキング: 170818Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(65点) ■夫婦のケンカは犬も食わないといいますが、  そんなにケンカしている夫婦が  多いのでしょ...
続きを読む
哲学の冒険 「マトリックス」でデカルトが解るposted with amazlet at 11.11.04マーク・ローランズ 集英社インターナショナル 売り上げランキング: 211579Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■映画で哲学を語るという一冊。  確かに最近、わけのわからない映画が  けっこうありますが、  哲学...
続きを読む
第1感 「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい (翻訳)posted with amazlet at 11.05.15マルコム・グラッドウェル 光文社 売り上げランキング: 6259Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■人が生きていくなかでは、  常に判断をしています。  今日の一冊は、  その判断における、  第1感...
続きを読む
1 2 3 4

>月別(2002年7月~)