無料メルマガ購読

★2政経・歴史の最近の書評

(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●1940年7月、バルト三国の一つリトアニアの日本領事館を 数百人のユダヤ人が取り囲みました。 ・ドイツ在住のユダヤ人は国外に逃げるため、各国の大使館に  ビザを求めて殺到しました。しかし、手を差しのべる大使館は  ほとんどなかったのです。(p19)●当時、ドイツとソ連との間で結ばれた独ソ不...

続きを読む
幕末の三舟―海舟・鉄舟・泥舟の生きかた(講談社選書メチエ)postedwithamazletat10.11.13松本健一講談社売り上げランキング:359710Amazon.co.jpで詳細を見る(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●「幕末の三舟」といえば、 海舟・勝麟太郎 山岡鉄舟 高橋泥舟(謙三郎、精一)です...

続きを読む
(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●ローマは危機を克服することで大きくなっていきます。 紀元前にはスパルタクスの反乱に 何度も敗れることも。 それでも最後はローマが勝ってきたのです。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・古代のローマ人による奴隷の定義は、 自分で自分の運命を決めることが許されない人、であった・・・...

続きを読む
(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●ヴェスヴィオ山の噴火によるポンペイの壊滅から、 はじまる時代です。 いわゆるパスクロマーナが広がり、 政治においても試行錯誤が行われています。 どうしてローマはこれだけ長期にわたり繁栄したのか、 非常に興味深いですね。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・「中央」の仕事は安全...

続きを読む
(評価:★★☆☆☆)●一時期、年金制度がテレビや新聞で取り上げられたことがありますが、 結局、社会保険庁のひどい実態が注目されるだけで、 本質的な対応は保険料率の引き上げ、 国庫負担の拡大など小手先の内容に終わりました。●本来ならば、年金というものは民間でもありますから、 普通に運用するだけでも、 税金を投入したりする必要はなく、 逆に利益...

続きを読む
(評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●この本は、日本の財政赤字を直視し、 今後、どういうことが起こるのかな?と いうことを考えるための本です。●あるマンションを考えて見ましょう。 このマンションには10人の住人がいますが、 1人が専従の組合管理人として組合費の徴収、 マンションの補修、防犯、外部対応をしています。 組合費は年間...

続きを読む
(評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●日本の税収は40兆円、それに対し 地方債も含めた借金が800兆円です。 これは返すのも大変ですが、 国債を売ることさえままならない状態です。 まず、国債がさばけなくなってきましたので、 個人向け国債を発行します。 さらにルール違反ではありますが、 日銀にも国債を買ってもらいます。・200...

続きを読む
お笑い外務省機密情報postedwithamazleton06.04.10テリー伊藤飛鳥新社(1997/10)売り上げランキング:144,543おすすめ度の平均:いやはやなんともどこまで行っても国賊集団!恐ろしすぎて笑えない、けど"お笑い"だ!Amazon.co.jpで続きを読む(評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●...

続きを読む
(評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●ロジカル・シンキングの勉強になる本です。 事実と論理を組み合わせると 結論はどのようにも出せるという典型ですね。 これをどう読むかで 読者の力量が分かると思います。 試してみますか?●ガンというものは勝手に増殖して、 主人を殺して自分も死んでしまう愚かな細胞ですが、 日本にはガンがありま...

続きを読む
豊臣家の人々(角川文庫)postedwithamazletat16.03.20司馬遼太郎角川書店売り上げランキング:81,590Amazon.co.jpで詳細を見る人間は、ただ一個で存在するばあいは単に畜類とかわらない。縁として存在している。縁という人間関係のなかに存在してはじめて一個の自然人が人間として成立するというのは、仏家が...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点)■「さようなら」の意味。 なぜ日本の国旗は日の丸なのか。 知っておいても損はないでしょう。─────────────────■この本で私が共感したところは次のとおりです。  ・実は日本人は七十年前、百年前は   毎日朝日を拝んでいたんです。(p38)  ・わたくしたちの祖先、わたくしたちの民族は、   ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)「悪い奴ほど生き残る」というのは、いつの世でも鉄則なのだ●金権政治家が選挙で勝つ、 部下を犬馬車のように使う上司が昇進する、 縁故で就職する。 世の中納得できないことばかりです。●しかし、自分の目的、目標をもっていれば、 そうした現実を直視して我慢するときは我慢する、 手段を選ばず実行するときは実行すること...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7

>月別(2002年7月~)