無料メルマガ購読

★2国際関係の最近の書評

アングロサクソンは人間を不幸にするpostedwithamazleton06.10.18ビルトッテンBillTottenPHP研究所売り上げランキング:195,757おすすめ度の平均:新聞・TVの電波にのらない貴重な少数意見Amazon.co.jpで続きを読む【私の評価】★★☆☆☆●「欧米の資本主義は人間を幸福にしない」というの...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ●日本を代表する知識人である渡部昇一氏と、 孔子の75代直系子孫である 孔健氏との対談を一冊にしたものです。 その内容は、両国の歴史、文化、政治にわたり 非常に興味深いものになっています。 ・「一人の中国人は一人の日本人に勝てる。  しかし三人の中国人が集まったら、  二人の日本人に絶...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ●国家間の外交を進めるには、 友好関係を維持しながら、 相互理解に努めることが大切であることは いうまでもありません。 ただそのときに心がけることとして、 単に交流するのではなく、 相手の正確な情報を入手して、 相手を正しく理解することが 大切だと思います。●そうした意味で、この本は...

続きを読む
ドイツ参謀本部-その栄光と終焉(祥伝社新書168)postedwithamazletat11.12.25渡部昇一祥伝社売り上げランキング:51257Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ●1600年頃のヨーロッパ三十年戦争から、ヒトラーまで、 プロイセン=ドイツ参謀本部を中心に、...

続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(62点)■なぜ、これほど韓国が 歴史認識を言い続けるのか。 それは、韓国の方が上であるという 認識らしい。 儒教の世界では、上の者に対し、 下の者は絶対服従。 だから日本も韓国に服従せよ、 ということらしいのです。 残念ですが、日本の方が上だと思います。<残念! 小倉さん、 良い本をありがとうございました。─...

続きを読む
経済学のエッセンス―日本経済破局の論理postedwithamazleton05.11.06小室直樹講談社(2004/01)売り上げランキング:7,401おすすめ度の平均:シンプルイズベスト800字では語りつくせぬ、社会科学の真骨頂本当にわかりやすい。Amazon.co.jpで続きを読む(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があ...

続きを読む
(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●ベネディクトの「菊と刀」(初版1967年)で示された 「日本は恥の文化」について、 その間違いを指摘しながら、 日本の治安の良さを、日本人の考え方・文化から 考察する一冊です。 ・ベネディクトの言に反して、  日本の個々人の心を律しているのは罪の意識であって、  日本は日本の、しっかり...

続きを読む
(評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)●ちょっと古い本ですが、華僑の会社に奥深くまで入り込んだ 著者の経験は重みがあります。 もし、中国で仕事をされる方には、 事前に中国の基礎知識入門書としてお勧めできます。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・中国人ビジネスの特徴の一つであり、彼等の基準と言えるのは、 人を信じないとい...

続きを読む
私は日本人学校の入学式のときに、「日本という国は信用できる国だ。買物をしても、表示と中身は同じだ。日本人が一と言ったら一、二と言ったら二だ」と学生たちに言ってきたのに、それがどんどん崩れてきて、入学式で伝える言葉を失いました。(金 美齢)「新春対談 日本再生の道を語る」 れいろう 平静15年1月1日●よく聞くのは、海外のホテルでの 日本...

続きを読む
国家の崩壊は外圧によるものではなく、国家内部の腐敗によってもたらされる。(トインビー)●"国家"を"会社"に 置き換えることもできそうです。激動の世界世紀末への発進postedwithamazletat17.06.24落合信彦集英社売り上げランキング:1,707,801Amazon.co.jpで詳細を見る読んでいただきありがと...

続きを読む
(私の評価:★★☆☆☆:時間とお金に余裕があればぜひ)67点●紀元前450年頃、ローマは ケルト族からの攻撃を受けています。 周囲の蛮族と闘い 敗れることもありました。 しかし、そうした戦いの中から 力を蓄え、ローマの基礎を築いていくのです。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・改革とは、かくも恐ろしいものなのである。 失敗すれ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6

>月別(2002年7月~)