★2国際関係の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■ウィキリークスが大量の米国の外交公電を  リークして話題になったのは2010年頃。  この本は2011年にウィキリークスについて  解説した一冊です。  当時の日本は民主党政権でした。  民主党政権の外交は、米国には  愚かに見えていたいよう...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(67点) ■トランプ大統領誕生を  どう読み解くのか考えるために  手にした一冊です。  ダークサイドとは、  自分だけ良ければいいという  考え方です。  孤立主義であり、  武力による覇権であり、  帝国主義的な考え方です。 ・白人至上主義、不健全で...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■外務省OBと渡部昇一さんの放談会です。  話は日本の外交がメインです。  米国との関係。  反日の中国、韓国との付き合い方。  銃弾の飛ばない情報戦が、  今も行われているのでしょう。 ■日本に多く存在する  朝鮮出身の人の活動に  警鐘を鳴...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■バチカンは、一つの国家のような  力を持っています。  そして、バチカンにはお金が集まってくる。  お金に色はありませんので、  いろいろなお金が集まってくるということです。  バチカンにも、宗教法人と同じような  お金の問題があるのですね。...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(66点) ■1986年に出版された本の  改訂版です。  日本人と中国人がちがうのは  だれでも知っていること。  ただ、知っていても、  現実に対応を変えるのは  たいへんですね。 ■できるだけ、こうした本で違いを学んで、  現実に対応したいものです。...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(64点) ■KPMGという国際企業で働く  韓国人から韓国文化を学びます。  韓国の人たちは顔かたちは日本人に似ていますが、  心の中はどちらかといえば、欧米に近いのかも  しれません。  たとえば、リーダーが代われば、  組織全体が代わることが多いので...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■第二次世界大戦前の日本は、  先進諸国に追いつこうとする発展途上国でした。  しかし、1929年の世界大恐慌から  世界の貿易は三分の一となり、  各国は自国の経済のために保護主義に走りました。  そうした中、  なぜ日本だけが貿易差別を  ...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(68点) ■イスラエルというとあまりに遠くて、  よくわかりません。  この本では、paypalからintelのプロセッサー開発まで、  イスラエルが関係していること、  そして、  なぜイスラエルが経済成長するのか、説明してくれます。 ・1980年から...
続きを読む
【私の評価】★★☆☆☆(65点) ■日本から盗まれた古美術品を  韓国在住のフリーライターが追うという一冊。  著者が追ったのは、兵庫県の鶴林寺から盗まれた高麗仏画。  そして、長崎県壱岐島の安国寺から盗まれた『高麗版大般若経』。  こちらは同じものが韓国で国宝に指定されていま...
続きを読む
ウィキリークスでここまで分かった世界の裏情勢posted with amazlet at 12.12.23宮崎 正弘 並木書房 売り上げランキング: 303,166Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(62点) ■タイトルに引かれて購入した一冊。  ウィ...
続きを読む
アフガン、たった一人の生還 (亜紀書房翻訳ノンフィクションシリーズ)posted with amazlet at 12.11.30マーカス ラトレル パトリック ロビンソン 亜紀書房 売り上げランキング: 116013Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆...
続きを読む
再現 南京戦posted with amazlet at 12.09.11東中野 修道 草思社 売り上げランキング: 44426Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■最近、お騒がせの南京大虐殺について  勉強するために読んだ一冊。  南京はか...
続きを読む
南京戦 閉ざされた記憶を尋ねて―元兵士102人の証言posted with amazlet at 12.09.11松岡 環 社会評論社 売り上げランキング: 362137Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(63点) ■最近、お騒がせの南京大虐殺について...
続きを読む
日本人と中国人、どっちが「馬鹿」かposted with amazlet at 12.08.30孔 健 講談社 売り上げランキング: 1326237Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(69点) ■1998年の一冊。  今も当時も日本人と中国人には、  ...
続きを読む
日本人と中国人とのコミュニケーション―「ちょっと」はちょっと...ポンフェイ博士の日本語の不思議posted with amazlet at 12.08.27彭 飛 和泉書院 売り上げランキング: 570752Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★☆☆☆(68点...
続きを読む
1 2 3 4 5 6
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む