★3勉強・記憶術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(75点)■記憶力日本選手権大会で4回優勝の著者によると、 記憶力大会で大切なのは、記憶術だけでなく メンタル、集中力、モチベーション、 そして体調だという。 では、本番に向かって、 どうやって心の準備を進めるのか。 リハーサルする。 良いコトバを口にする。 深呼吸してみる。 感謝の気持ちを持つ。 いわゆる自己暗...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■ビジネス書や参考書から ノウハウを読み取るための 読書術です。 著者がフォトリーディングから 学んだのは、本は飛ばし読みしていいし、 どこから読んでもいいということです。 ネットでニュースを読むように 自分に必要なところだけ 読めばいい。・フォトリーディング講座・・ 「本は最初から順番に読まなくていい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■東北地方に素粒子の謎を解くために 巨大な加速器、リニアコライダーを 誘致しようという動きがあります。 素粒子はどこまでわかっているのか? リニアコライダーの役割は? と手にした一冊です。 この本が出版された2010年には 未発見だったヒグス粒子は 2012年に発見されています。・ジョリオ=キュリー(キュ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■記憶のコツをまとめた一冊。 ありきたりですが、 大事なのは、 繰り返すことです。 人と会うなら、 その人の情報を予習し、 会った後に復習する。 そうした行動を 習慣化できれば、 頭の中にデータベースが できるのでしょう。・記録に残す・・ (1)名刺そのものに記録する (2)似顔絵を描く (3)...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■英語の勉強法はシンプルです。 読む、書く、聞く。 あと、 わからない単語は、 調べる。 問題は、そうした 英語の勉強を続けられるのか ということでしょう。・英語力を上げる方法・・ 1 英文を1文、または英単語を1個、   読む、聞く、書く、話す 2 ときどき辞書を引く 3 1と2を繰り返す(p27...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■社会人こそ勉強すべきということは、 みなさんわかっていると思います。 社会人が勉強すると、 お金が入ってきて、 出世することができます。 そうした欲望をはっきり させようと和田さんは言っています。・自分の人生を企画するときは、 みずからの欲望にとことん素直になることだ。 「金を儲けたい」「いい家に住みた...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■試験対策としての暗記ノートの 作り方をまとめた一冊です。 試験であれば、問題集をやり、 参考書を読んでノートを書くのが 基本となります。■さらに、内容を図でまとめてみるのも いいですね。 碓井さん、 良い本をありがとうございました。───────────────■この本で私が共感したところは次のとおり...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■タイトルそのまま 東大生の勉強法です。 勉強法は人それぞれです。 書いて覚える人、 口に出して覚える人、 ひたすら読んで覚える人。 いろいろやってみて自分に 最適な方法を見つけることが 大事なのでしょう。・東大生に「記憶術」について 実際に話を聞いてみたところ、 "ただひたすら読んで記憶"するタイプ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■社会人の勉強について 考えた一冊です。 社会人の勉強の目的は、 稼ぎを増やすこと。 サラリーマンなら、 評価されることが目的です。 箔をつける勉強よりも、 仕事に必要な資格を取得したり、 能力を高める勉強をすべきでしょう。・まずは、他人から評価されるための勉強に取り組み、 あなた自身の市場価値を今以上...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■京都大学1、2年生向けの 生物学と化学を題材に アイデア力を養う講義の内容です。 その内容は、著者が言うように、 著者自身が受けたかった授業。 つまり、自分が若い頃に知っていれば、 人生が変わっていたかもしれない 考え方やモノの見方を 盛り込んだものとなっています。・サボりぎみだった私でさえも、京都大学...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■学校では、覚えるべきことは教えてくれますが、 覚える方法は教えてくれません。 学校で教ええくれないのであれば、 自分で学びましょう。 記憶する技術は、 確立しているのです。・きちんと記憶したいときには、 本を読むときに、声を上げて読んでみることです(p180)■暗記する技術の基本には、 次のようなものが...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■高校2年生の息子の模試の成績表を見て、 読み始めた一冊です。 数学は偏差値70以上だが、 国語と英語が50を切っている。 この本の浜田先生も国語と英語は40くらいだ・・・。・「できる」と思えば本当にできる、と。(p24)■浜田先生は、部活のある間は、 授業と宿題に集中し、 週末に復習しています。 そして...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■私の長年の疑問の一つは、 学校では暗記すべきものは提供しますが、 暗記する方法は提供してくれないことです。 これは、 水泳教室でプールは提供するが 泳ぎ方は教えてくれないようなもの。 世の中には、場所法、物語法、置換法・・ といった記憶術がいくらでもあるのです。・リンク法・・・各事項が次の事項に連結(リン...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■学校の英語ではなく、 ビジネス英語でもなく、 日常で使える英会話上達を目指す一冊です。 英語は、暗記というよりも、 イメージで覚えることが大切。 そうすることで、 実際に使える英語になるのでしょう。・「絵や映像が頭に浮かぶようイメージすること」・・・ putonは普通にブーツを履いている絵ですが、 p...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■英語には、二種類があります。 それは受験英語と実用英語。 この本は、実用英語を学ぼう! という一冊です。 実用英語は、 興味のあるテーマについてだけ 勉強すればいい。 そうすれば、楽しみながら、 英語の力がついてくるのです。・内容が面白ければ、もっと読みたいと思うし、 自然と英語力もついてきます・・...

続きを読む
1 2 3

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)