★3勉強・記憶術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(77点) ■東北地方に素粒子の謎を解くために  巨大な加速器、リニアコライダーを  誘致しようという動きがあります。  素粒子はどこまでわかっているのか?  リニアコライダーの役割は?  と手にした一冊です。  この本が出版された2010年には  未発見...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■記憶のコツをまとめた一冊。  ありきたりですが、  大事なのは、  繰り返すことです。  人と会うなら、  その人の情報を予習し、  会った後に復習する。  そうした行動を  習慣化できれば、  頭の中にデータベースが  できるのでしょう。 ...
続きを読む
■英語の勉強法はシンプルです。  読む、書く、聞く。  あと、  わからない単語は、  調べる。  問題は、そうした  英語の勉強を続けられるのか  ということでしょう。 ・英語力を上げる方法・・  1 英文を1文、または英単語を1個、    読む、聞く、書く、話す  2 とき...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■社会人こそ勉強すべきということは、  みなさんわかっていると思います。  社会人が勉強すると、  お金が入ってきて、  出世することができます。  そうした欲望をはっきり  させようと和田さんは言っています。 ・自分の人生を企画するときは、 ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■試験対策としての暗記ノートの  作り方をまとめた一冊です。  試験であれば、問題集をやり、  参考書を読んでノートを書くのが  基本となります。 ■さらに、内容を図でまとめてみるのも  いいですね。  碓井さん、  良い本をありがとうございま...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■タイトルそのまま  東大生の勉強法です。  勉強法は人それぞれです。  書いて覚える人、  口に出して覚える人、  ひたすら読んで覚える人。  いろいろやってみて自分に  最適な方法を見つけることが  大事なのでしょう。 ・東大生に「記憶術」...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■社会人の勉強について  考えた一冊です。  社会人の勉強の目的は、  稼ぎを増やすこと。  サラリーマンなら、  評価されることが目的です。  箔をつける勉強よりも、  仕事に必要な資格を取得したり、  能力を高める勉強をすべきでしょう。 ・...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■京都大学1、2年生向けの  生物学と化学を題材に  アイデア力を養う講義の内容です。  その内容は、著者が言うように、  著者自身が受けたかった授業。  つまり、自分が若い頃に知っていれば、  人生が変わっていたかもしれない  考え方やモノの...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■学校では、覚えるべきことは教えてくれますが、  覚える方法は教えてくれません。  学校で教ええくれないのであれば、  自分で学びましょう。  記憶する技術は、  確立しているのです。 ・きちんと記憶したいときには、  本を読むときに、声を上げ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■高校2年生の息子の模試の成績表を見て、  読み始めた一冊です。  数学は偏差値70以上だが、  国語と英語が50を切っている。  この本の浜田先生も国語と英語は40くらいだ・・・。 ・「できる」と思えば本当にできる、と。(p24) ■浜田先生...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■私の長年の疑問の一つは、  学校では暗記すべきものは提供しますが、  暗記する方法は提供してくれないことです。  これは、  水泳教室でプールは提供するが  泳ぎ方は教えてくれないようなもの。  世の中には、場所法、物語法、置換法・・  とい...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■学校の英語ではなく、  ビジネス英語でもなく、  日常で使える英会話上達を目指す一冊です。  英語は、暗記というよりも、  イメージで覚えることが大切。  そうすることで、  実際に使える英語になるのでしょう。 ・「絵や映像が頭に浮かぶようイ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■英語には、二種類があります。  それは受験英語と実用英語。  この本は、実用英語を学ぼう!  という一冊です。  実用英語は、  興味のあるテーマについてだけ  勉強すればいい。  そうすれば、楽しみながら、  英語の力がついてくるのです。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■通勤時間を利用して「行政書士」となった  著者の一冊です。  著者の仕事は残業続き。  勉強する時間は限られます。  普通に考えれば、土・日を使う。  しかし、家族との関係を考えれば、  それも難しいことだと思います。 ・残業があたり前で連日...
続きを読む
人生論としての読書論posted with amazlet at 12.10.14森 信三 致知出版社 売り上げランキング: 29692Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(79点) ■「修身教授録」「人生二度なし」を著した  教育者 森信三先生の読書哲...
続きを読む
1 2 3

カテゴリー評価別

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • おお: 最近、映画「ビリギャル」を再び見ました。 誇張の部分があるかもしれませんが、 私は素直に坪田先生とさやかちゃんに共感しました。 ど 続きを読む
  • HA: 会社組織で仕事を上手く進めていく指南書。 わかりやすく、自分のためになる本であった。 また、他の人にも勧めたい。 続きを読む
  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む