無料メルマガ購読

★3仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(76点)■米国のコンサルティング会社で働き、 米国で経営・起業コンサルティング会社を起業した 著者の組織論です。 アメリカでの経験が多いためか、 日本よりもドライな感じがしました。 アメリカでも、組織内で妨害する人、 足を引っ張る人はいるのですね。・嫉妬をして妨害しようとしたり、足を引っ張ろうとする 勢力は必ず存在...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■インターネットで動画が すごいことになっているという。 テレビでもインターネット動画を 番組にするところが増えてきています。 インターネットの高速化により、 動画の時代になっているのです。・誘導するための動線として、Google検索エンジンに 相性の良いソーシャルメディアである YouTubeとブログを活...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■マッキンゼーにおいて人材育成、採用マネジャーを 務めた著者による、マッキンゼーの採用基準です。 日本とまったくちがう企業文化を持った マッキンゼーという会社の雰囲気がわかります。・マッキンゼーでは、バランスが崩れていてもよいので、 何かの点において突出して高い能力をもっている人が 高く評価されます(p52)...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■仕事とは、自分で考えた仕事を除けば、 すべての仕事は、ある人からある人への 頼まれた仕事ではないでしょうか。 依頼を受けて、仕事をして、回答する。 基本的にはこのサイクルを 繰り返しているのです。 そういう意味では、 「頼む」とは仕事の基本です。・「よろしかったら」「失礼とは存じますが」「恐れ入りますが」...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■ブログ「ネタフル」「和洋風KAI」の 管理人によるブログのコツです。 私もブログを書評データベースとして 活用しているので、購入しました。 何でも、実際にやってみると だいたい分かるのですが、 分からないところは学ぶしかありません。・トラブルや困ったことが解決したら、 解決方法をブログに書く(p40)■...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■日本鉱業(現ジャパンエナジー)の 副社長まで務めた著者の一冊です。 まず、自ら学ぶこと。 そして、サラリーマンですので、 部下をどう動かすのかというのが、  大事なポイントとなります。・部下に仕事を任せる時には、まず全体の目標について 説明する必要がある。・・・全体の目標の中で、部署や部門が 担う役割、個...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■仙台でエステティックサロンを経営されている 今野華都子さんのお話です。 小さいお店から仕事を大きくされたようで、 我慢強く人を育てているのが印象的。 単なる技術だけではなく、 お客さまにリラックスしていただく 接客の心を教えているのですね。・損得という判断基準ではなく、これをやったら 両親やお客様、先生...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■中谷さんは雑談のプロです。 インタビューを受けたら、 最後の5分で逆に取材する。 タクシーでも運転手に話しかける。 何事も情報収集ですね。・私が30分のインタビューを受ける時は、 25分を取材にあて、残り5分で、私から 「ほかはどういう仕事をやっているの?」 「何系が好きなの?」と質問します。(p31)...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■いわゆる20%ルールを説明する一冊。 20%ルールとは勤務時間の「20%」を 好きなプロジェクトにあてることができる グーグルの社内ルールです。 なんと、このルールができたのは、 Gメールとアドセンスが、 社員がパッと試作品を作ってしまったから。 作ってみると、 思ったよりいいじゃないか、 というケース...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■NEC,マッキンゼー、ユニデン、アップルと 大企業を渡り歩いてきた著者の一冊です。 大企業でさえ雇用が不安定になってきた今、 長期的な自分のキャリアを考えることを 推奨しています。 企業に頼るのではなく、 企業を利用しようということです。・組織を使って世の中で何を成し遂げたいのか、 貢献したいのかを考える...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■帯に佐藤可士和さんのアップの写真と 最初の23ページの佐藤可士和さんの解説。 佐藤可士和さんの著作だと思って読んでいましたが、 途中で、セス・ゴーディンの著作とわかりました。 内容としては、 何かをやってみよう! 突き抜けてみよう! という一冊です。・1 やると決めたら、とことんやること 2 成功するま...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■企画とはアイデアであり、 分析であり、提案です。 どのように企画書を考え、 企画書を書くのか。 これはなかなか教えるに教えられない。 学ぶに学びがたい難しい問題です。・私が小学校のとき、先生から教わった言葉、 見て、さわって、なめてこい!(p16)■まず、素材づくりは、  インプットからです。 今とい...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■日本人は空気に流されるときがあります。 良く言えば、均質。 悪く言えば、プロパガンダに左右される。 例えば、虚偽表示が悪いといえば、 徹底的にこれをマスコミが叩き、 国民の頭の中はそのことだけ。 虚偽表示はマスコミの 最も得意とするところではありませんか?・難読漢字が読める政治家が よい政治家、ではない...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■職場で使おうと購入した一冊。 5S(整理・整頓・清潔・清掃・躾)は、 職場における 「仕事がときめく片づけの魔法」です。 仕事の基本ともいえるでしょう。 まず、自分の職場は、 自分で清掃することが大事です。・5Sをおこなうということは、 整理・整頓・清掃を くり返し行うこと・・・ 毎日、毎週、毎月くり...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■年商100億円以上の会社を2社保有するという マスターソン氏の一冊。 億万長者の仕事術は、 私たちと何が違っているのでしょうか? 結論・・・・・なにも違いません。 計画を立て、行動し、スキルを伸ばす。 早寝早起き、効率的な仕事をすることです。・早起きをすれば、幸福で健康に暮らせるだけでなく、 創造的な仕事...

続きを読む

>月別(2002年7月~)