無料メルマガ購読

★3仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(75点)■企画書を作るとき、 いかに説得力のある資料を作るのか。 そのためには、論理的にも正しく、 情報を分かりやすく、 構築する必要があります。 その方法がピラミッド構造であり、 抜け洩れのないロジックです。 後さん、  良い本をありがとうございました。─────────────────────────────...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)77点●この本で学べることは、次の二つです。 一つは、詐欺師や占い師が使う話のテクニック。 そして、もう一つは、 日常会話での話し方の技術です。●人はよく騙されるものです。 この株は上がりますよ~ この壺を買わないと不幸になりますよ~ 絶対儲かりますから~ 芸名を変えると売れるよ~ ...

続きを読む
人とお金が集まるブログ作りの秘伝書postedwithamazleton06.05.08石崎秀穂シーアンドアール研究所(2005/07)売り上げランキング:573おすすめ度の平均:教科書かな情報満載でお得感あります珍しいノウハウ本Amazon.co.jpで続きを読む(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)74点●著...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)78点●阪神の藪投手を獲得した大リーグのアスレチックスは、 少ない資金で強いチームを作れる不思議な球団です。 実は、選手の評価基準に秘密がありました。 ・なぜアスレチックスはこれほど強いのか?どこに秘訣が  あるのか?資金力が最下位クラスでありながら・・・(p5)●その評価基準は、まず、打者...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)79点●実践マーケッター神田昌典氏の特徴は、徹底してノウハウを 出していくということでしょう。 例えば・・・ ・ニュースレター上で、擬似コミュニティを作ってあげるんだ。  そうすると、友達ができやすい。(p187)●こうしたノウハウも海外で成功したものが多いようですが、 実際に自分で実践...

続きを読む
ヤフオクでもっと儲ける100のルール[達人編]postedwithamazleton06.05.09桜井もえ技術評論社(2004/06/19)売り上げランキング:9,947おすすめ度の平均:現実の壁他のオークション本とは一線を画した内容ネット商売のノウハウ満載Amazon.co.jpで続きを読む(私の評価:★★★☆☆:社会人として...

続きを読む
やわらかく考える金融工学―ツキと後悔のリスク分析postedwithamazleton05.10.26土方薫PHPエディターズグループ(2005/01)売り上げランキング:50,065おすすめ度の平均:人間は必ずしも合理的な生き物ではない。着想が面白いAmazon.co.jpで続きを読む(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一...

続きを読む
お客さまがまた来たくなるブーメランの法則postedwithamazleton05.11.23ファーガル・クイン太田美和子かんき出版(2002/07/09)売り上げランキング:2,589おすすめ度の平均:商人のバイブル真実を語るには178ページで充分です。何度でも読んで欲しい一冊Amazon.co.jpで続きを読む(私の評価...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)●コーヒー関係の本では 「すべては一杯のコーヒーから」 という本があります。 この本でも、本書でも 【使命感】の大切さを感じました。 ・私が出した答えは「一杯のコーヒーを通じて  安らぎと活力を提供することこそが  喫茶業の使命だ」ということだった。・・・  そこで私は生まれて初めて自...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)74点●私もかなり情報管理、時間管理については 改良してきたつもりでしたが、 熊谷さんは数歩先を行っているようです。 私もまだまだですね。 ・時間を創造する上で大切なのは「一秒」を  大切にするということです・・・  毎日決まった行動でも、それに要する時間を  一分短縮できれば、1カ月で...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)75点●野口教授の「超」シリーズの発想編です。 この本はこのシリーズのなかでも、 よくまとまっている一冊だと思います。 過去の発想法に関する考え方をほぼ網羅して、 分かりやすく整理しています。 まとめ方は、さすが教授です。●本書で勧めている発想法は、 まず過去の文献を集め、短期間にすべてを 頭の中に詰め込むことからはじ...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)●特に目新しい内容ではありませんでしたが、 実際に著者が実践されている 技術を感じることができる一冊だと思います。●目に付くところでは、テープの活用を提案しています。 私の場合は、テープやICレコーダーよりもメモで十分でした。 でも、朝の時間にテープに部下への指示を入力するという アイディアは使えるかもしれません。 ・私...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)●仕事に必要な力を12に分類していますが、 私にとっては分類よりも ときどき現れる仕事に利用できそうな 心構えが参考になりました。 ●一番、ドキリとしたのは、 人との会い方です。 私も人と会う重要性は理解しているのですが、 実際の行動となると、 自ら行動して会いに行ったことは ほとんどありませんでした。 よく考え...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)76点●この本の題名は「考える技術」ですが、 本来は「考える努力」とするべきでしょう。 なぜなら、大前研一氏は驚異的な 努力を実践してきたからです。 ・私は当時横浜駅から東京駅までの二八分の  通勤時間を利用して、テーマを決めて  問題解決のプロセスを組み立てていくのである(p46)●現在の自分と、 あるべき姿に差があ...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)●いい意味でも悪い意味でも, 田坂広志さんの気取った爽やかな文体で 「いかに生きるか」というテーマを綴った一冊です。 時間とは人生のことです。 成功哲学の本と内容はほぼ同じですが, 三菱金属,シンクタンクなどでの サラリーマン生活のある田坂広志さんならではの 深い洞察が魅力です。 ・転職などの形で,その「課題」から逃れ...

続きを読む

>月別(2002年7月~)