無料メルマガ購読

★3仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(79点)■著者は、部下を「恐怖」と「脅迫」と 「ドツく」ことにより、 全国No.1の営業成績を上げました。 しかし、そのグループの成績は、 しばらくするとだんだんと 成績が下がっていったといいます。 ・私はもともとひどく短気な人間でした。  子どもの頃から、何かあるとすぐに  「ふざけるな」「馬鹿やろう」と  カ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■文化放送プロデューサーの一冊です。 現役ビジネスマンだけあって、 実務的なノウハウが豊富でした。■たとえば、会議では積極的に発言するのは当然として、 あまり強引に主張しても評価が下がりますし、 かといって主張がなければ評価されません。 そこはやはり、バランスということで、 引く時は引き、押すときは押すという...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■著者が米国留学中に気がついたことは、 学生がレベルの低い質問でもどんどん質問するということです。 そして質問した生徒が、教授から 評価されるという現実に驚きます。 アメリカの大学では、知っている人を評価するのではなく、  質問する人を評価しているのです。 ・アメリカには質問する人間を優秀と見なす文化があり、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■落ちこぼれ生徒を東京大学に合格させる マンガ「ドラゴン桜」で有名な三田さんの一冊です。 内容としては、20代の若い人向けとなっています。 ・「いい部下」とは・・・常に平均点以上の仕事が期待できる「確実性」  面倒な仕事を率先して片づけてくれる「フットワーク」。  自分に牙をむくような真似をしない「忠誠心」。(p...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■世の中には、「褒める」ことが苦手な人がいるようです。 「褒める」ことは、強力なコミュニケーションの武器ですので、 「褒める」ことができないのはもったいないことです。■人は「褒め」られると、いい気持ちになりますので、 適切なタイミングで、適切な言葉で「褒める」と 職場の雰囲気は良くなるはずです。 あまり「褒め」...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■「叱る」ことをテーマに考察したエッセーです。 ビジネスマンなら、部下を持った時点で、 「褒める」と「叱る」の使い方で、 悩むことが多いでしょう。 ・「怒るのは傲慢になった証拠である」  というセネカの言葉に出会ったことは、  さらに大きな驚きであった。・・・  私は怒りっぽい性格であった。(p5)■感情の...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■ヤクザに限らず、仕事でのコミュニケーションは、 一種の戦いです。戦いだからこそ、 事前の準備と作戦が大切です。 この本では、ヤクザの手口のなかから、 仕事で使えそうなテクニックを教えてもらえます。■一例として、商品を売り込もうとしている営業マンと、 購買担当者を考えてみましょう。 値下げ交渉で、ヤクザは、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■経営者向けビジネス雑誌「プレジデント」から 「話し方」特集を抜粋した一冊です。 こうした雑誌の良さは、書籍とはちがって、 多数の経営者の考え方を ざっと一覧できることでしょう。■人それぞれ、自分の特徴と経験から生み出した 話し方のコツを持っています。 ある人は、トップダウンで戦略を作り上げる。 ある人は、...

続きを読む
改訂版プロのメモ術・ノート術―使えるアイデアを生み出すテクニックpostedwithamazletat12.10.08長崎快宏PHP研究所売り上げランキング:225007Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(72点)■社会人に手帳は必須でしょう。 手帳があれば、メモをしなくていけません。 著者がメモすると、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■商売をやっている人はわかると思いますが、 普通の人には、商品の原価、必要な費用などは わからないと思います。 この本では、( 商売の構造 )を ペットボトルのお茶、DVDの価格、 携帯電話の料金などを例に、 具体的に説明してくれます。■よく「財務諸表が読める」などと言いますが、 正確にいえば、「財務諸表か...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■はっきり言うと、目次を読むだけで、 この本を買う価値がある一冊です。 「お金」「人間関係」「時間管理」「学習」「健康」 「家族」「未来」「遊び」「充実感」「老後」のテーマについて 99の質問が並んでいます。■コーチングとは、コーチから与えられるものではなく、 自分の中にあるものをコーチに 出してもらうという...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■仕事のスキルについての本はたくさんありますが、 会社の仕事の悩みのほとんどは人間関係では ないでしょうか。 この本は、著者がこれまでの経験から、 人間関係の心配りのポイントをまとめた一冊です。■著者は、心配りを4つに分類しています。 ( やさしさ )は、なぐさめ、信じてあげること。 ( 勇気 )は、褒めて、...

続きを読む
そうだ!絶対うまくいく!―「できる」遺伝子が目ざめる生き方・考え方postedwithamazletat10.11.22村上和雄海竜社売り上げランキング:51077Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(71点)■著者は遺伝子研究の第一人者ですので、 人間というものがどのように設計されているかについて、 分析して...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)●企業に働いていると、年齢を重ねただけで、 リーダーになってしまうというケースがでてきます。 そうしたときに、己の非力さと器の小ささに 悲観することもあるでしょう。 ・「動け」と命令して人を動かすことは不可能だと割り切りましょう。  その人のために働きたくなるような人間に、自分がなっていくのです。  これが人望...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)●30年前の経営本です。 内容的には、幹部こそが経営の革新を進めなくては ならないというものです。 そのため、問題を放置しておく幹部、 部下を注意しない幹部を痛烈批判していますが、 30年前から、職場の問題は変わらないようです。 ・幹部の価値は、日常業務を維持することではなく、  担当部門の「構造改革」をやり...

続きを読む

>月別(2002年7月~)