無料メルマガ購読

★3仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■勝間さんは、マッキンゼーで Noと言わない究極の優等生として、 出世してきました。 しかし、現実には、身体は壊れ、 家庭は離婚で崩壊。 34歳から「断る」ことをはじめました。 「断る」というと刺激的ですが、 実際には、自分の意見を提言するということでしょう。  ・一番最悪のパターンは、相手の指示に不満を持...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■シリコンバレーで2年間働いた 著者が、アメリカのプロフェッショナルの 仕事の流儀を教えてくれる一冊です。■内容としては良くも悪くも アメリカの起業家の雰囲気を教えてくれます。 つまり、主体性を重んじ、 夢を持ち、成功するまであきらめない。 プラス思考の塊のような人です。  ・「もしちょっとした失敗で逃げた...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■著者は、人材派遣会社で トップ営業マンとして働いていました。  そして、トップ営業マンとして雑誌に紹介されると、 人材派遣のノウハウを売ってくれという社長が現れたのです。  ・複業のヒント、儲けの種は、   すでにあなた自身の中に眠っている・・・   だから、本業をおろそかにしてはいけません。(p50)■...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■20~30代の働く女性向けに書かれた 仕事術の一冊です。 この世代は、実務が中心となりますので、 いかに仕事を計画し、 こなしていくかの技術が必要となります。■仕事とは、人生です。 つまり、仕事の技術を身につけるということは、 人生で必要なノウハウを 身につけるということになります。 目標設定、仕事の計...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■松下幸之助の講演集です。 CDで松下幸之助の実声が聞けるのが、 なんとも素晴らしい一冊です。■松下幸之助の仕事の基本は、 素直な心になることです。 素直な心とは、当たり前のことを 当たり前に行うこと。■たとえば、お金を借りに来た友人に、 松下幸之助は、売掛未収金を回収してはどうか と提案しています。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■メルマガ「ビジネス選書&サマリー」を 発行している藤井さんの一冊です。 同業者ですので、読書への視点は、 信頼できるものがあります。■ビジネスマンが勉強する方法としては、 本、CD、セミナーといろいろな方法がありますが、 まず本を読むことからはじめたいものです。 世の中には、「本を読む時間がない」という人が...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■勝間さんもかなりの読書家のようです。 彼女が読んできた書籍、CD、そして 彼女がそれらの本から学び、 試してきたことを教えてもらえる一冊です。■英語が多くて、ちょっと引きましたが、 私が気になったのは「わがまま」という言葉です。 「わがまま」とは、自分の価値を信じて、 自分のスタイルを貫くということ。 繰...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■仕事を効率的にこなす テクニック集です。 私が気になったところは、 行動の測定です。 つまり、<前日、蒔いた成功の種>のように 目標へ到達するための行動リストを作り、 グラフ化していくというものです。  ・計測データをグラフ化する(p67)■整理のところでは、 名刺をエクセルに入力しているところです。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■東京都江戸川区篠崎町に「読書のすすめ」 という本屋さんがあります。 JR篠崎駅から歩いて5分。 決して良い立地とはいえません。■しかし、その本屋さんには 私を含めて本好きが毎日集まってきます。 この本には、この不思議な本屋さんの 秘密の成功法則が書かれてあるのです。 ・「笑かす・泣かせる・びっくりさせる」...

続きを読む
きみはなぜ働くか。―渡邉美樹が贈る88の言葉postedwithamazletat10.11.13渡邉美樹日本経済新聞社売り上げランキング:5558Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(70点)■ワタミの渡邉社長は、 自分が子供のころに憧れていた 家族が一緒に食事ができる店を作りたくて 「和民(ワタミ)」を...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■3Dとは三次元ということです。 その三つの次元とは、  1 戦術  2 取引設計  3 セットアップ(p20) これだけで、非常に訳としてわかりにくい 一冊ということが感じられると思います。■この本で指摘する交渉にあたっての 注意点は思ったより単純です。 まず、相手の立場に立ってみる。 そして、できる...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■組織に入ると、部下の立場、上司の立場と あなたは様々な立場で仕事をすることになると思います。 そうしたときに、それぞれの立場で、 相手とコミュニケーションを取りながら仕事をするのですが、 その時に、気をつけたい点をまとめた一冊です。  ・上司はこうしたツボをよく心得ていました。   挑戦してできなかったり、し...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■コーチングの本は基本だけを書いた本が多いのですが、  この本はどちらかといえば応用編です。 実際に現場で苦労しているコーチのアドバイスには、 深いものがあります。■たとえば、コーチとクライアントは 対等な関係という前提がありますが、 実際にはそうでもないんだよ、と教えてくれます。 そして、対等でないと感じた...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■「マッキンゼー」時代の大前研一氏の仕事術が 非常に参考になる一冊です。■大前研一氏は、「企業参謀」という書籍でデビューしましたが、 これは、マッキンゼーのコンサルティングにおける手法を まとめたノートを出版したものでした。 原子力技術者から経営コンサルタントとなり、 右も左も分からない状況から、夜や土日に、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■仕事においては報連相(報告・連絡・相談)が 非常に重要です。 英語で言うと、「フォロー」でしょう。■上司から仕事を頼まれたら、 途中でも進捗情報を連絡する。 わからないことがあったら、相談する。 仕事が終わったら、もちろん、 報告するのです。  ・成功するのは・・・「お引き受けした件は、   現在こうい...

続きを読む

>月別(2002年7月~)