無料メルマガ購読

★3仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■ハーバードMBAの岡島さんの 人脈力についての一冊です。 岡島さんの考えは、 プロになれば人脈はできる、 ということです。・プロと言われる人材になれば、 人脈は後からついてくる(p26)■その道のプロになることを前提として、 さらに人脈を広げるのには、 勉強会が良いようです。 それも幹事をすることで、...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■時間を「畑」になぞらえて、 人生という限られた時間、 つまり「畑」に種を植え、 いかに多くの収穫を得るかという 技術を教えてくれる一冊です。 この本では大きく2つのポイントを 教えてくれます。 まず、何を植えるのか、 ということです。 畑に適当に種を植えても、 適当なものしか収穫できません。 自分の...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■部下を再生させるというよりも、 上司としてのランクアップを目指した一冊です。 部下のタイプ別に対処法をまとめているのが 親切なところでしょう。■不平不満ばかりの部下。 なぜか金髪で服装がカジュアルな部下。 「ほうれんそう」をしない部下。 頭が痛くなりますが、 やはりはっきり理由を説明して、 変えることが...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■頭のいい人は、人脈を引き寄せて作る、 これがこの本の言いたいことです。 では、どうやって人脈を 引き寄せるのでしょうか。・本当に必要な人脈は「引き寄せ」て作る(p2)■それは、「夢」を持つことです。 「本のソムリエ」のように、 なりたい自分を設定し、 自分をブランド化することです。 そうすることで、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■前日、ご紹介した 「60分間・企業ダントツ化プロジェクト」神田昌典 のステップアップ版となる一冊です。 60分間・・・では、商品販売戦略を見直すため あらゆる視点からの分析手法、視点が紹介されていました。 「全脳思考」では、そこからステップアップして、 想像力、つまり人のイメージ力を活用した 戦略発想の手...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■やや文体や編集に古さを感じさせる一冊ですが、 基本を押さえていながら、 ところどころに良いコトバがありましたので、 ご紹介します。■組織のリーダーとは、その組織を 引っ張っていく立場にあります。 現状維持に固執する部下を、 新しい境地に引っ張っていかなくてはなりません。 それは、やはりリーダーが自分の目指...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■ドラゴン桜が教えてくれる 会社で認められ、 仕事で成果を出していく方法論です。 まず、出世の目的は金ではない、 自分の権限が増えることが 最大のメリットであると強調しています。  ・出世のメリットは、給料が上がることではない。   「自分の裁量」でやれることが増えるということ(p117)■そうした認識のも...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■著者は仕事をしている人には、 いくつかのステージがあるとしています。 まず、新入社員は第1のステージ。 そして仕事を覚え、バリバリやっていくのがステージ2。 そして、ここで壁にぶつかる人がステージ3です。■ステージ3の人は、仕事もバリバリできるし、 成果も出している。見方によっては攻撃的な 人かもしれません...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■中谷さんらしい一冊でした。 シンプルでちょっとしたことですが、社会人として 気をつけたいことを教えてくれる一冊です。  ・ビュッフェで、とった後のお皿をみると、   その人のセンスがわかる。(p18)■社会人になると先輩を見ながら、 真似をしながら勉強していきます。 そこで、先輩のちょっとしたことを 学べ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■楽天市場で何度も「ベスト店長賞」を受賞した 竹内さんが「売れる文章」を教えてくれる一冊です。 メールマガジンもそうですが、 まずは「タイトル」つまり 「キャッチコピー」が命です。 (1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』は  あまり良いコピーではないかも) それを読んだ人が、 中身をイメージするようなタイト...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■言い方一つで、相手への伝わり方が 違うよねというコミュニケーションの一冊です。 ケーススタディを使って 非常にわかりやすく ぐっさりとくる一冊です。■特に、間違いを指摘するところが、 一つ間違えると、説教になるというところは、 「ここまでしないよね」と思いつつ、 注意しないといけないと感じました。 自分...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)■【問題】よい文章を書くには どうすればいいのでしょうか。 【結論】その解決の方法の一つが、 文書の構造のパターンを持つということです。 【理由】なぜなら、分かりやすい文書の構造を使うことで、 文章が安定し、だれでも短時間に 書けるようになるからです。■この本では、こうした「問題・結論・理由」からなる 「ク...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■今日、職場では仕事の量は変わらないのに、 サービス残業はできない、さらに、 会社の業績が悪く、残業自体も認められない、 という会社も少なくないのではないでしょうか。 残業なしで仕事に成果を求められる時代に なってきたのかもしれません。  ・それまでスキルの未熟さや知識のなさを、   残業や休日出勤という「時...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■7年間の売れない営業マンから、 4年トップセールスとなった菊原さんが教えてくれる 損をしない話し方です。 本のソムリエも話し方がうまいほうではありませんので、 新入社員の頃にこの本を読んでいたらな・・・、 と残念に思いました。  ・自分自身のことは手短に伝えることが大切です。・・・   このようにプライベー...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■リクルートにおいて、4年連続トップセールス。 そして若くして営業部長、事業部長を歴任した 著者が教えてくれる年上部下を持つ上司の 心得です。■やはり部長に抜擢された当初は、 著者も年上部下には、気を使っていたようです。 というよりも、びびっていた。 ただ、仕事をしていくなかで、 必ず、誰もやりたがらない仕...

続きを読む

>月別(2002年7月~)