★3仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(79点) ■コカ・コーラの全世界統括  マーケティング・ディレクターだった  ラメラスさんの一冊です。  さすがに大企業だけあって、  マーケティングは代理店との  共同作業です。  もちろん、コカ・コーラ統一ブランド  イメージで攻めるのか、  個別の商品ブランドでイメージを  構築するのかといった大きな戦略は  自らが決定します...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■アウトソーシング会社で教えている  仕事の秘訣です。  やはり確実に仕事を行うためには、  チェックリストが必要なようです。  チェックリストがあれば、  忘れ、漏れがなくなるのです。 ■やはり文字にしないと  ノウハウは伝わりません。  人がたくさんいた時代は  OJTで引継ぎできましたが、  これからは文書でマニュア...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■ファッションブランド、  ビギ、GAPなどで活躍した  著者の仕事術です。  現場重視、ライバル研究など  その手法は正統派。  人との関係づくりが得意らしく  フットワークが良い人に  感じました。 ・私が必ず伝えるアドバイスがある。  「現場に行け。そして、  徹底的に現場を観ろ」だ(p28) ■面白いところは、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■多くの本を読んできた小飼さんが、  その知識をどう仕事に活かしてきたのか  教えてくれる一冊です。  情報系の仕事には、  プログラミングと  データセンターがあります。  まず、プログラミングでは、  全員が同じ目標を目指し、  協調して作業を行う  仕組みが必要です。  情報共有ため、メーリングリストを  活用してい...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■三菱商事から ハーバード・ビジネススクール留学後、 サンリオ常務取締役として 海外事業を拡大。  著者がハーバードで気づいたのは、 本は読むものではなく、 本は使うものということです。  大事なことは、本の内容を どれだけ自分の仕事や生活に 活用したのか、ということなのですね。 ・ハーバードでもオックスフォードでも・・ ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■マッキンゼーのコンサルタントの一冊です。  仕事での3原則とは次の3つです。  無駄をなくす  徹底的にこだわり抜く  あえて「遊ぶ」  コンサルタントとして  仕事をしているときに  気にしていることなのでしょう。 ■どうしても会社の仕事は  マンネリ化してしまう傾向が  あります。  その無駄をなくし、  こだわりを...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■米国のコンサルティング会社で  修業した著者の仕事術です。  コンサルティング会社の  上司に鍛えられ  真剣に仕事に打ち込むことを  学びました。  目の前の仕事に  全力投球することが  著者の秘訣のようです。 ・では、「仕事に人生を賭ける」ために、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■勉強しないダンプ運転手、  シフト勤務の報道カメラマンから  米国でMBAを取得した  著者の時間術です。  著者は大学時代に生活費を  稼ぐためにダンプ運転手を  していました。  もちろん勉強も  読書もしていませんでした。  そこで読書も勉強もしな...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■仕事を数字で考えると  事実を冷静に考えることができると  教えてくれる一冊です。  たとえば、営業活動なら、  アポ取りの確率、  提案を聞いてもらう確率、  そして契約してもらう確率を  高めることです。  試行錯誤を数字で把握し、  改善していくの...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■ほぼ日手帳の糸井 重里さん、  ワーク・ライフバランスの小室 淑恵さん、  蔭山手帳の蔭山 英男さん、  国際弁護士の八代 英輝さん、  CMプランナーの佐久間 英彰さんの  手帳術です。  手帳術の基本は同じでも、  これだけの人の考えを聞くと、  新...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■習慣化コンサルタントが教える  仕事における完璧主義者の  落とし穴です。  完璧主義者が悪いわけでは  ありません。  ただ、どうでもいい仕事を  時間をかけて完璧にやっても  意味がないということです。 ・完璧主義の人は  すべてを網羅しようとする。...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■松下幸之助の下で秘書をしながら、  PHP研究所の社長を歴任。  江口さんの部下の哲学は、  松下幸之助に鍛えられたものです。  ただ指示に忠実なだけではなく、  自ら意見を出しながら、  自分の仕事としてやっていく。  それが、松下幸之助が  評価する部下だったようです。 ・自分がおかしいと思えば、たとえ  相手が誰で...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■ソフトバンク社内認定講師だった  著者が教えるプレゼン資料の  作成法です。  非常に基本に絞っているので、  若手の教材にぴったりの一冊。  プレゼンは、シンプルで  論理的でなくてなならないと  主張しています。 ・具体的なストーリーのイメージ  課題 原因 解決策 効果(p31) ■特に上の人に説明するのは、  背...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■話し方研究所長の  福田さんの一冊です。  職場での話し方のコツを  まとめています。  話のきっかけは、  まず、相手の名前を  呼ぶことからです。 ・名前を呼んで声をかける(p53) ■話し方は、  人それぞれです。  否定的な言い方の多い人は、  肯定的な言い方を増やせばいい。  相手の話が聞けない人は、  相手の...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■スーパーやコンビニでよく見る  アイスクリーム「ガリガリ君」を  開発した著者が教える仕事術です。  社内では「鬼のスーさん」と  呼ばれていたので  熱血漢だったのですね。  ばりばり仕事をするあまり  部下の仕事に口を出したこともあり、  今は反省しているようです。 ・部下の仕事に口を出したり、  手を出したりするの...
続きを読む

>月別(2002年7月~)