★3文学と小説の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(72点) ■JALの機内誌で連載された  旅をテーマとした  浅田 次郎のエッセーです。  浅田 次郎といえば、  「一路」「壬生義士伝」といった  歴史小説から、    「椿山課長の七日間」  「天国までの百マイル」  といった人情ものまで、  私もお...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■ルーズベルトゲームとは、  米国フランクリン・ルーズベルト大統領が、  もっともおもしろいといった8対7の試合です。  この本では、会社の業績が不振の  社会人野球チームを通じて  会社とは何なのか、経営とは  何なのか考えさせられます。 ■...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■藤堂高虎の視点を通して  豊臣秀吉の時代から  家康の勃興までをたどる小説です。  石田三成が、豪将から  どう嫌われていたのか、  よくわかります。 ■嫌われたら、  天下は取れないということですね。  安部さん、  良い本をありがとうござ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■多くの小説が出版されていますが、  種本のあるもの、リライトしたものが  かなりあるらしい。  つまり,外国の本を翻訳しただけ、  昔の本を現代語訳しただけ、  他人の日記を書き直しただけ。  どこからが盗作で、  どこからが改作で、  どこ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■池田屋乱刃とは、幕末、京都において  新撰組が、池田屋に集まった  尊王攘夷の志士を襲撃したものです。  各藩が一つの国家のように  独立性を持っていた当時、  日本国として外国にどう  対応していくのか。  当時の武士は命を懸けて、  主導...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■大阪の天才発明家が亡くなった。  天才社長を失った会社は、  存続の危機に陥る。  若き日に銀行の担当者として  天才発明家との仕事で育てられた芝野は、  残された女社長とともに  再建を決意する。  芝野が"事業再生人"となったのは、  こ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■一人の裕福な家に育った商社マンが、  その人生を夢と現実を  行き来しながら語る一冊。  スイスでの商材の買い付け、  パラオでの長期休暇、  北京での新規事業、  そして京都での死亡事故。  そこには歴史の流れがあり、  出世と左遷があり、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■ホームレスなのに築地と高級料理店の  頼れる情報通、ヤッさんにマリエという  秘書ができました。  マリエは神楽坂でお店を出していましたが、  悪徳コンサルタントに騙され、廃業。  ヤッさんとともに食の修行を  することになったのです。 ・こ...
続きを読む
鉄の骨 (講談社文庫)posted with amazlet at 12.12.26池井戸 潤 講談社 (2011-11-15)売り上げランキング: 2,933Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(79点) ■ゼネコンの談合を描いた小説。  「談合」は言...
続きを読む
鴨か虎かposted with amazlet at 12.07.04丸太 たぼ吉 プレジデント社 売り上げランキング: 4324Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(77点) ■鴨下 虎太郎というふざけた名前の青年が、  リストラされ、  「20日後に...
続きを読む
QED 伊勢の曙光 (講談社ノベルス)posted with amazlet at 12.04.05高田 崇史 講談社 売り上げランキング: 106660Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(73点) ■殺人事件と伊勢神宮のなぞを解く推理小説です。  単...
続きを読む
流れる星は生きている (中公文庫BIBLIO20世紀)posted with amazlet at 12.03.10藤原 てい 中央公論新社 売り上げランキング: 2949Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(77点) ■戦後、満州から6歳、4歳、生後半...
続きを読む
風待ちのひと (ポプラ文庫)posted with amazlet at 11.12.20伊吹 有喜 ポプラ社 (2011-04-06)売り上げランキング: 6860Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(77点) ■またまた週末のリラックスタイムからの ...
続きを読む
天才たちの値段―美術探偵・神永美有 (文春文庫)posted with amazlet at 11.12.17門井 慶喜 文藝春秋 売り上げランキング: 149885Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(76点) ■週末ということで、  美術を切り口にし...
続きを読む
マルカの長い旅posted with amazlet at 11.08.20ミリヤム・プレスラー 徳間書店 売り上げランキング: 8628Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆(71点) ■ナチスのポーランド侵攻により、  ポーランドのユダヤ人は  ゲット...
続きを読む
1 2 3
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む