★3経営のコツの最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(74点)■創業者の父親から息子への手紙です。 事業継承は非常に難しい。 そのプロセスを説明しながら、 新社長へアドバイスを行っている。 石野さん 良い本をありがとうございました。───────────────■この本で私が共感したところは次のとおりです・社員さんやパートさんに接するときに、 腹の底に入れておくべき...

続きを読む
(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)●人事評価を成功させるためには、 説得力をもつことが大事だと思います。 かりに評価が下がったとしても、 納得できるものであれば、 人間受け入れるものです。 ・昔も、査定では差はつけられていた。  明確な目標とか担当業務とかは無かったけれど、  それでも空気のような信頼感が  会社との間に...

続きを読む
(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)77点●松下幸之助という人を考えるとき、 その考え方が非常に 素直だということに驚きを感じます。 素直というのは物事の本質をそのまま受けとめ、 自分のなすべきことを考えるということです。 ・競争が激しいから経営が困難になったということは、  その会社なり商店がなすべきことを  していないか...

続きを読む
(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)75点●松下幸之助の言葉には しびれるような迫力があります。 それは何でしょうか。 やはりそれは「熱心」さなのです。 思わず感心してしまう「熱心」さです。●商品を売りに行って、 値切られるとします。 そんなとき松下は自信を持って この商品は我々が熱心に作ったものなのです、 どうか買って...

続きを読む
前例がない。だからやる!(講談社プラスアルファ文庫)postedwithamazletat09.09.14樋口広太郎講談社売り上げランキング:472185Amazon.co.jpで詳細を見る(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)●アサヒの経営者の本を読むと、 実は革新的なことは全て樋口さんがやっているのではないか と...

続きを読む
お金がないから成功できる「波乗り」経営~不況下で儲けるための「アクティブウェーブ戦略」5つのステップ~postedwithamazleton06.04.04主藤孝司フォレスト出版(2003/09/20)売り上げランキング:53,213おすすめ度の平均:今後の成長が楽しみ果たして本当に波に乗れるのだろうか?うーん、著者は頭のいい人だろう...

続きを読む
(評価:★★★読むべし)77点●「ルネッサンス」と全く同じ内容です。 どちらがいいかは好みによるのでしょうが, 私はゴーンさんが著者である「ルネッサンス」のほうが好きですね。 成果が出はじめた初期の段階での著書ですが, 自信に満ち溢れています。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・神父は私たちにこう教えてくれました。 物事を複雑に...

続きを読む
(評価:★★★社長は読むべし)79点●武沢さんのメルマガや講演はいつも感動しますが、 この本はあまり感動しませんでした。 なぜか。それは内容が中小企業の社長のために フォーカスされているからでしょう。 社長様はお読みください。●非凡会での武沢さんのお話は感動的ですよ。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・決算書に貢献するために学ぶ...

続きを読む
(評価:★★★読むべし)78点●順調に成長してきたように見えるデルでさえ、 実際には不良在庫で失敗したり、 新製品の開発で失敗したりしています。 挑戦し、失敗し、反省し、 また挑戦しています。●私がこの本から読み取ったのは、 "ダイレクト"という大きな戦略と、 会社が左前にならない程度の 様々な戦術にたくさん挑戦することが、 成長の秘訣...

続きを読む
(評価:★★★読むべし)77点●安売りチケットから出発し、 ホテル、航空、証券と事業を広げるHIS、 株価も順調なようです。●澤田秀雄社長は成功の秘訣を、 まず「思うこと」だと言っています。 そして実行する段階で若干の「コツ」が必要だといいます。 さあ、コツを覗いて見ましょう。■この本で私が共感したところは次のとおりです。・変化の仕方は、...

続きを読む
(評価:★★★買うべし)77点●高塚さんの本を多く読んできましたが、体が震え、 姿勢を正したくなるのは他では 松下幸之助の本くらいなものです。 著書には、ラップしているところが多々ありますが、 新たな発見をするたびに、 「この人はすごい」と思ってしまいます。 とりあえず、著書はすべて読むつもりです。 一度お会いしたいものです。 (いえ、必...

続きを読む
(評価:★★★読むべし)79点『慎重になる』ということは、どこかに危険が潜んでいないか常に目を光らせ、それに備え、前もって計画を立てておくという意味だ。■業績の予想を低く見積もった『慎重』な部下に対し、 社長のスコットが『慎重』の意味を このように「事前の準備」と説明しています。 本当に慎重な人は、目標に向かって計画を立て、 リスクがあれば...

続きを読む
盛運の気postedwithamazletat12.11.04無能唱元日本経営合理化協会出版局売り上げランキング:109079Amazon.co.jpで詳細を見る支配者は「自己重要感」供給の達人でなければなりません。●人というものは、 それだけでとても偉大な存在だと思います。 自立して動き、学習して成長します。 ところが、多くの...

続きを読む
小さな会社☆社長のルールpostedwithamazleton06.11.26竹田陽一フォレスト出版売り上げランキング:68339おすすめ度の平均:従業員の意見いくつかの重要な気づきは与えてくれると思う。「社長!」続きを読む「企業は人で決まる」という教訓の「人」とは、まぎれもなく社長その人になります。「小さな会社★社長のルール」...

続きを読む
君はこの人生で何かをかたちにしていくんだ。君に与えられた特性・個性をかたちにせずに、人生を終わっていったら、空しいと思わないか。なにかを残さなきゃいけない。君には何が期待されているのか。(神渡 良平)KAE情報「生き甲斐と天命」-いのちの輝き-(○妻、●私)●「寝る前に、ひとり、月明かりのなかで 瞑想しているとこういう気持ちになる」と いう...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)