★3経営のコツの最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★☆☆(72点) ●「筆王」、「AI将棋」、DTPソフト「ページメーカー」など  日本のソフトウェア業界で第一線を走ってきた  坂本 桂一氏の一冊です。  みずからビジネスを立ち上げ、商品を創造し、拡販してきたその視点には、  結果を出してきた人が持つすごみがあります。  ・人が一努力するところを、自分はニ努力するということだ。   ・・・...
続きを読む
みんなが西向きゃ俺は東posted with amazlet at 10.08.22松井 道夫 実業之日本社 売り上げランキング: 346970Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆75点 ●インターネット証券の先駆けである松井証券社長  松井 道夫さんの一冊です。  営業マンや支店を廃止し、インターネットに特化するという  決断がど...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■戦略とはなんなのか。  将棋でいえば、定石でしょう。  だれでも失敗を減らし、そこそこの成果を出すための、  過去の経験の蓄積です。  集中出店、模倣戦略などの  基本は押さえておきたいものです。  グリーンウォルドさん  良い本をありがとうございました。 --------------------------------...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■いわずと知れたアメーバ経営。  現場で導入すると、  「こんな面倒くさいことはやってられん」と  大反発がおきるようです。    小さな会社をたくさん作るようなものですから、  それまでどんぶり勘定で  仕事をしてきた人にとっては、  天変地異でしょう。    しかし、そうしたアメーバ経営に対応できる人ならば、  経営者...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆77点 ●「金儲けの神さま」邱 永漢氏から  これから商売を始めようという人、  すでに商売をしている人へのアドバイスです。 ●商売をする人というものは、サラリーマンとちがって  資金提供者であり、企画者であり、社長であり、  事業のすべてを決定しなくてはりませんから、  邱 永漢氏のアドバイスは貴重なはずです。  ・商売を始めるとき...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆76点 ●たこ焼き屋を夢見て起業していく過程を  つづった一冊です。  著者の笑顔が印象的な一冊でした。 ●著者の成長とともに、事業も成長していきますが、  成長のためには学ぶことが  大切であることがわかります。  そして学ぶことの秘訣は、  成功した人に聞くことです。  ・「シゲ、あそこに山があるとするよな。   どうやったら一番...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆77点 ●業績を急回復させている社長には、  共通点があるように感じます。 ●まず、自ら現場を歩き、顧客の話を聞くことで、  会社の現状を把握しています。  ・顧問に就任した私は、北海道から九州まで全国の特約店、   販売店をかけ回った。・・・いただいた名刺は二ヵ月で   約2500枚にものぼった。(p23) ●そのうえで、社長自らの...
続きを読む
「なんでだろう」から仕事は始まる!posted with amazlet at 11.08.20小倉 昌男 講談社 売り上げランキング: 135547Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆ ●今では郵便局でも「ゆうパック」というサービスを行っていますが、  宅急便がなければ永遠に「ゆうパック」はなかったでしょう。  そういう意味では、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆77点 ●松下幸之助が、日々、どのようなことを考えてきたかが  わかる一冊です。  松下幸之助は「風が吹いても、悟る人がおるわな」と  言っているように、自然の法理、世の中の摂理というものを  よく考えていたようです。  ・砂糖はあまく、塩はからい。全くの正反対。   だから、あまくするためには砂糖さえあればよいので、   塩は不用に...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■イノベーションのジレンマとは、  大企業には、小規模な市場が価値がないように見えること。  存在しない市場は分析できないこと。  既存事業を破壊する事業はできないこと。  などの理由から、大企業にはイノベーションができないと  しています。 ■これを避けるためにどうするのか。  選択肢としては、自分で起業する。または、買...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です(72点) ●田井中 圭一は、老人ホームで整体の仕事をはじめました。  そこには、一人の耳が聞こえず  話すことのできない老女がいました。  田井中 圭一は、この老女のことが気になっていたのですが、  ちょうど子供が学校で手話の歌を勉強したというので、  子供から手話を教えてもらいます。 ●そして、老人ホ...
続きを読む
売上2億円の会社を10億円にする方法posted with amazlet at 10.02.15五十棲 剛史 ダイヤモンド社 売り上げランキング: 15814Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です ●売上2億円までは、社長個人が頑張れば達成できる数字です。  それに対し、売上10億円を達成するためには、...
続きを読む
金持ち兄さんの王道―専門家をカモにする人・される人posted with amazlet on 06.04.05藤田 憲一 講談社 (2003/04)売り上げランキング: 49,587おすすめ度の平均: 競売。不動産投資。不動産業界。金融機関。全て学べる 目からうろこの考え方、でも実践は・・・ 視点が鋭い。ついていきたくなるような力強さがある。Amazon...
続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です) ●親の気持ちは、親にならないと分からないと言いますが、  同じように社長の気持ちは、  社長にならないと分からないのでしょう。  ・社長になって大きく変わるのは、言うまでもなく、   毎月の給料をあてにできなくなることです。(p128) ●とはいえ、だれでも社長になれるわけではありません。  そこで、...
続きを読む
ピンチはチャンス!―逆転の経営学posted with amazlet at 12.05.05米山 稔 毎日新聞社 売り上げランキング: 610520Amazon.co.jp で詳細を見る (私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です) ●ヨネックスといえば、テニスをする私にとっては、  打ちやすいラケットの定番です。  新潟県の小さな会社から  こ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14

>月別(2002年7月~)