★3政経・歴史の最近のブログ記事

【私の評価】★★★☆☆(71点) ■美術館に行くのは好きなのですが、  絵の背景がわからないと楽しみは浅くなります。  ちょっとした知識があるだけで、  見方がぜんぜん違ってくるんですね。 ■西欧の絵の怖さは、  西欧の歴史の怖さです。  あの侵略性と技術力を持った西欧人が、  権力闘争をするとどうなるのか。  考えただけでも怖いです。  ついでに宗教が入...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■STAP細胞問題を切り口に、  現在の大学の在り方について、  提言する一冊です。  著者が考える  STAP細胞問題の原因の一つは、  権威ある学術誌への論文掲載の誘惑です。  『ネイチャー』等の権威ある学術誌に  論文を掲載できれば、  引用される可能性が高くなり、  人事評価で優位に立てるらしい。 ・『ネイチャー』...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■日本興業銀行、米国投資銀行を経て  61歳となった著者が教える  未来を見据える力です。  銀行とは企業の未来に  お金を貸すところ。  したがって、  未来を見通す力がないと  お金を失います。  著者には、日本の未来は  どのように見えるのでしょうか。 ・銀行の審査部は、企業にお金を貸していいかどうかを  判断する職...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■テレビでおなじみ  明治天皇の玄孫(やしゃご)である  竹田恒泰 さんの一冊。  日本人がいかにして自虐的な  歴史観を持つようになったのか、  解説しています。  結論からいえば、  戦後のGHQによる  日本洗脳教育が行われたということです。 ・GHQは次の五点を検閲対象として挙げ、  教科書から徹底的にこれらを排除...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■15世紀からの戦国時代は、  日本の経済が飛躍的に発展しました。  利水と灌漑。  新種の作物。  鉱山開発。  15~16世紀に日本の人口は  二倍になったそうです。  さらに徳川幕府により  治安が良くなり産業が発達し、  元禄時代までに  人口はさらに二倍になったのです。 ・元禄時代になると、・・・  鉱山資源も掘...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■3年前の東日本大震災以降、  日本列島の地盤は  根本的に変わってしまったという。  この本で著者が警告するのは、  巨大地震と火山の噴火です。  ちょうど御嶽山が噴火して、  私はびっくりしてしまいました。 ・「3・11」と呼ばれる東日本大震災の発生により・・  この日を境に、日本列島は地震と噴火の活動期に  入りまし...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■明治から昭和への歴史を  冷静に見て行こうという一冊です。  歴史をどう見るかは、  残された記録を見るしかありませんので、  なかなか難しい。  そうした中で、  違う視点を提供してくれる本書は、  おもしろいと思いました。 ・日本は無事に日露戦争という国難を乗り切り・・  「五大国」の一員にまで駆け上がっていく(p2...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点) ■大前さんから日本経済の特殊性を  教えてもらいます。  日本経済の印象というと、  仕事一筋の頑固オヤジが年をとって  引退してぶらぶらしているイメージでしょうか。  お金を持っていますが、  株式投資など浮ついた  金の使い方はいたしません。  その一方で、官は特殊団体に資金をまわし、  OBの年金代わりにしています。...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■この本では、投資顧問会社社長が、  日本の経済について自分ならどうするか、  を教えてくれる一冊です。  まず、バブル崩壊は、  人災であるというのが著者の感想です。  あれだけ高値を付けた不動産に  取引規制をするのですから、  一気にバブルは収縮しました。  土地と株価を担保とした経済は、  泡と消えたのです。 ・後...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■内容の半分ほどは厚生労働省の外郭団体  労働政策研究所の内部告発となっています。  現在も独立行政法人 労働政策研究・研修機構(JILPT)  として存続しています。  当時は、仕事は超ヒマで、  テニスコートと野球場のある職場で  楽しく本や雑誌を読んでいたとのこと。 ・同僚から、「仕事はないから本でも読んでて」と言わ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■慰安婦関係で情報収集するなかで、  実際に南京に従軍した塚本さんの一冊を発見。  塚本さんは陸上幕僚監部第二部(情報担当)長、  西部方面総監を歴任しています。  中国大陸での戦いは、  軍隊と住民の見分けがつかない中での戦いであり、  誤って民間人を殺すこともあったようです。  欧米なら「人間の盾作戦」とかいって  非...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)) ■ユニクロの柳井社長と大前さんの対談です。  対談というより、言いたいことを  言っているという雰囲気。  まず、柳井さんは政治と官僚に  そうとう頭にきているようです。 ・役所から保護されなかった企業ほど成長する・・・  経済大国になったのは、国民と民間企業の努力の賜物なのに、  "お上"つまり官僚たちは、まるで自分た...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(74点)) ■禅といえば、内観・・・  座禅ですね。  そして、その中には、  己を知る  足るを知る  今、すぐ、ここ  といった素晴らしいキーワードが  どんどん出てきます。 ・心を受けとるには自分の心をまず知ることだ(p87) ■良寛さんは、愛語だよと、  良い言葉を発せよと教えている。  一休さんの「らしくしろ」と、  自己...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■尖閣諸島の国有化から  中国の日本攻撃がはじまりました。  実は中国は尖閣諸島の土地を買おうと工作中で、  阻止されたので逆切れしたのでは・・・  などと妄想しています。  実際に、  全国の水源地が買われているのは  事実のようです。 ・「日本では土地を買えば、地下水が  好き放題に汲めるというのは本当か」  外国人と...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■熊本県知事の  蒲島(かばしま)さんの一冊です。  熊本県といえば、  天皇・皇后と面会した「くまモン」でしょう。  「くまモン」は、  2011年の九州新幹線開業へ向けて、  熊本県の認知度アップ作戦のマスコットとして  生まれました。  こうした自治体による異色のPR活動の背景には、  異色の知事 蒲島さんがいたので...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)