★3政経・歴史の最近のブログ記事

【私の評価】★★★☆☆(72点) ■大東亜戦争の意味を  考える一冊です。  それぞれの国には、  それぞれの歴史があります。  アメリカは、北米東海岸で独立し、  ハワイまで支配地域を  拡大してきました。  それまで住んでいた人にとっては、  アメリカが侵略してきた  ということになるのでしょう。 ・アジアは、すでに数百年も前から  イギリスやオランダ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■この本では、戦前として  昭和元年~14年を中心に  記載した一冊です。  アジアからの留学生が街を歩き、  ミルクホールで不良が牛乳を飲み、  電気が普及してきた時代。  西欧の植民地にならなかった  先人の気概が素晴らしいと  感じました。 ・大正5(1916)年になると、  東京や大阪で80%、  全国では40%の...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■「たかじんのそこまで言って委員会」で  司会を務める辛坊さんの一冊。  太平洋をヨットで横断しようとして  クジラに衝突したときは、  本当に死に直面していたとのこと。  一度、死んだ人生ですから、  テレビで言えないことを  書いてしまおう!  ということらしい。 ・数年前、全国11の都道府県で、  「最低賃金でフルタ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■哲学の本というと、  マジメな大学生が読んでいる  イメージがあります。  「ショーペンハウアーはこう言っているよ」  などと言われると、  顔の右側の筋肉がピクピクします。  この本では、哲学者を  お笑いのおふざけ小噺にした  パロディ本です。 ・ショーペンハウアーは・・人間の意志とは,  生へのあくなき意欲であり欲...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点) ■スタップ細胞は存在するのか?  重力と磁力は統一できるのか?  科学技術が発達した現在でも、  分からないことだらけだ、  ということを再確認する一冊です。  ソクラテスの「無知の知」の  現代版のようなものでしょうか。 ・科学がどんなに進んでも  完全な予言などできないし、  永遠に真理には到達しえない(p153) ■...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■シンデレラって、グリム童話なんだ・・  と思って手にした一冊です。  グリム童話とは、18世紀に  民間伝承を研究していたグリム兄弟が  ドイツの民話を収集したもの。  グリム童話とは研究の成果としての  民話集だったのですね。 ・『赤ずきん』の話はフランスの口承民話が  原話だといわれています・・  この話では、なんと...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■医療が人に利益を与えるようになったのは、  ここ100年くらいだという。  それまでの医療はひどいものでした。  故意ではないにせよ、  医師との立場で、  多くの間違い、  罪を作ってきたのです。 ■無知とは怖いと思いました。  ソクラテスの無知の知に  学ぶべきですね。  ただ、現在の人間は  本当に歴史に学んでいる...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■ソクラテスは、ああいえば、  こういう、面倒くさい人です。  最後は、あなたは真理を  知らないのではないかと  言いがかりのように  感じることもあるでしょう。  結果として  殺されてしまいます。 ■人が人を評価する以上、  人が感情で動く以上、  正しいことが  正しくならないこともあります。  あえて死を選んだ ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■情報が溢れる現代。  正しい情報もあれば、  歪曲された情報もある。  この本では、歪曲の実例を見ながら、  情報を受け取るときの  注意点を学びます。 ・地球温暖化、狂牛病、ナノテクノロジー、  遺伝子組み換え食品、コレステロール低下薬の是非、  レジ袋禁止の効果など、われわれが日々大量に  受け取るメッセージのほとん...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■著者は、京都市嵯峨育ちで  京都府宇治市 在住です。  ところが、  本当に京都といえるのは、  洛中とよばれる中心部だけ  らしいのです。  中心部の人がより偉い  ということでしょうか。 ・宇治の分際で、京都を名のるな。  身の程を、わきまえよ。  そんな京都人たちの怒号を耳にして、  私は心にちかっている。・・・ ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■地方創生がうまくいっていない。  地方自治体は、膨大なお金と時間を使って  地方創生に努力しています。  そうしさ施策が上手くいっている例は、  あまりありません。  その理由は、いくらお金があっても  シロウトが、モノマネで計画したとしても  成功するのは難しいのでしょう。 ・「計画策定に、無駄な金と時間を浪費する」こ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■清原選手の覚せい剤ニュースを見て  手にした一冊です。  のりピー事件の頃、  元警視庁捜査官の北芝さんが、  日本の覚せい剤について  わかりやすく解説してくれています。  麻薬【クスリ】は、昔から、  ハードな仕事である兵士や芸能人に  使われていたらしい。  昔は合法の麻薬【クスリ】もあり、  疲れたときに健康ドリ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■ジャーナリストの宇田川さんが、  多くの中国人に取材した結果から、  中国という国を考える一冊です。  まず、基本的にマスコミと中国共産党は  中国の悪いところは報道しないという  協定を結んでいた経緯があること。  そして、マスコミと政治家に  中国共産党と近い思想を持っている人が  存在することにより、  本当の中国...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点) ■明治天皇の玄孫である竹田 恒泰さんによる  天皇の男系継承のすすめです。  長く皇室に男子が誕生しなかったため、  平成16年末に当時の内閣総理大臣・小泉純一郎の  私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が設置され、  女系天皇を含めた議論が行われました。 ■竹田さんは、皇統は一つの例外もなく男系継承により  続いて...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■新幹線を切り口に  経営コンサルタントが語る  経済エッセイです。  ネタは経済半分、新幹線半分、  というところでしょうか。  著者は年間新幹線100回、  飛行機70回乗っていますので、  講演会でこういうネタをマクラに  話しているのでしょう。 ・新幹線と飛行機のみの比較でいうと、  東京―大阪間では・・2005年...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)