★3政経・歴史の最近のブログ記事

【私の評価】★★★☆☆(76点) ■池田信夫氏主宰の言論サイト「アゴラ」の  編集長である著者が伝えたいのは、  ネットメディアの影響力です。  テレビ、新聞といったマスメディアに  対し、ネットメディアの影響力が  追いついてきました。  ネットメディアの強さは、  通勤中にスマホを見ている人の  数を見ればわかります。 ・全国世論調査で、  ネットでニ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■朝日新聞といえば、  慰安婦報道や教科書検定誤報事件、  そしてサンゴKY事件などが  思い出されます。  しかし、この本を読むと、  こうした捏造は日常的に  行われていることがわかります。  いつもやっているので、  麻痺してしまっているのかも  しれません。 ・少女はパンの耳を拾い、犬にやろうとした。  その瞬間、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■50歳で朝日新聞社を退社した  稲垣さんの一冊です。  1991年発行ですので、  25年前の本ですね。  中国、北朝鮮よりの報道が続く  朝日新聞ですが、  その原因は、社長の威を借る  中国シンパが社内を  牛耳っているためだったようです。  現在も同じような  構造なのでしょうか。 ・中国ロビーじみた記者の一部は、...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点) ■テレビでおなじみの  ジャーナリスト池上さんと  映画監督の森さんの対談です。  池上さんは元NHK記者。  森さんはオウム真理教の映画を  作ったことがあり、  業界に一言ある二人です。  二人の共通点は、  世の中の真実を伝える  ジャーナリズムの役割を  大切にしていることです。 ・実のところ被害者の顔写真まで  ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点) ■ゆっくりと進行する危機に対応できずに  死んでしまう「ゆでガエル」  という言葉があります。  この本では、  「日本」を平和を愛するツチガエル、  「中国」を肉食のウシガエル、  「米国」を楽園を見守るワシに  たとえています。  もちろん「カエルの楽園」とは、  ツチガエルの楽園、  日本のこと。 ・この国中のカエル...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■この本では三菱グループの  歴史を学びます。  三菱を作ったのは土佐藩から  三菱商会を設立した岩崎弥太郎。  そして汽船会社を切り離し  銅山、水道、炭鉱、造船、銀行からなる  三菱社を設立した弟の弥之助。  そして弥太郎の長男の久弥、  弥之助の長男の小弥太が社長を  引きついで三菱の基礎を作りました。 ・久弥は、機...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■「和食」は世界に誇る  日本の伝統技術です。  海外に出ると和食の美味しさが  わかります。  このマンガでは、  イギリスから日本にやってきた  キャンベル女史が  寿司屋で学ぶ設定となっています。  日本食の伝統が  一番残っているのが  寿司屋だからでしょう。 ・ソースは『味』をつけるものだが、  醤油は『うま味』...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■500年もの間、ヨーロッパを支配した  古代ローマとは何だったのでしょうか。  軍事力で周辺地域を攻略し、  どのように支配したのでしょうか。  そうした疑問を持ちながら  読み始めました。 ・重装歩兵とは、ブロンズのヘルメット、  胸甲、脛当てで完全武装し、ブロンズ貼りの  直径約90cmの丸盾と槍を持つ歩兵である(p...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■著者は、ダイレクトマーケティング、  フォトリーディング、マインドマップなど  海外のノウハウを日本に紹介してきた  カリスマコンサルタントの神田さん。  マインドマップの普及のために  会社を上場させようと体制を強化する中で、  古参社員と中途社員とが対立し大混乱。  そうした中、取締役の神田さんは、  2011年にガ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点) ■私はホンダのオデッセイに乗っていますが、  実はホンダの車に乗れなくなる  可能性があったのです。  それは1960年代に通産省が検討していた  「特定産業振興臨時措置法(特振法)」  です。  もし、この法律が成立していれば、  自動車会社によって作る車が決められ、  新規参入もできないことになった。  もちろん、バイ...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■日本海軍士官のOBが  海軍反省会を開催していたという。  その会議のテープを基に、  「なぜ、日米が戦争となってしまったのか」  という疑問に答えます。 ・なぜ、あんな風な戦争をやったんだ、  二度とこういう戦争をやってはいけないというのが  根本ですよね。アメリカのような、  国力が日本と比べて大きく違う国と  どう...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点) ■大蔵省から大学教授となった  野口さんの見た戦後日本の  経済の歴史です。  大蔵省の中から見ると、  戦後の経済復興は、  戦時態勢の中で達成され、  今も続いているらしい。  なぜなら、戦後も  1940年代に作られた戦時管理体制と  官僚機構が維持されたからです。 ・戦争経済の実態を操っていたのは  大蔵省や軍需省...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点) ■東京電力福島第一原子力発電所の  炉心溶融事故から4年。(出版当時)  復興中の福島の現状を知ろう!  という一冊です。  放射能という見えない敵に対して  私たちはどう対応すれば  いいのでしょうか。 ・「福島がどうなるかわからない」じゃなく、  あなたが福島をわかっていない(p153) ■放射能については、  ほぼ影...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点) ■2002年、外務省にかかわる  疑惑事件により逮捕、拘留され、  2010年に懲役2年の実刑となった  鈴木宗男さんの一冊。  徹底した外務省の暗部を  告発する内容になっています。 ■外務省から有罪の証拠の資料が  裁判所に出ていましたので、  もう守るべきものはありません。  知っていることをすべて  書こうじゃない...
続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点) ■岡目八目というように、  海外から見ると日本が  よく見えるらしい。  ドイツ在住の長い  川口さんには日本の原子力政策は  どのように見えたのでしょうか。  まず、川口さんは  原子力をすべて停止してしまったことに  驚いたようです。 ・ドイツでは別に原発が全部止まっているわけではない。  17基のうち9基は稼働してい...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)