無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

日本人はなぜ日本を愛せないのかpostedwithamazleton06.12.14鈴木孝夫新潮社売り上げランキング:116043おすすめ度の平均:日本人はもっと日本のことを誇っていい日本人はウイーンで大阪弁をなぜ聞きたくないか?愛国心は戦争賛美じゃないAmazon.co.jpで続きを読む【私の評価】★★★☆☆76点●どこの国の...

続きを読む
●2003年、英国参事官である奥克彦は、 イラクにいました。 3月にアメリカは国連を無視してイラク進攻を開始。 日本は、このイラク進攻を支持することになります。 そして、イラク復興支援の現場で先頭に立ったのが、 奥克彦です。 そして、イラク大使館の井ノ上正盛書記官が奥克彦を サポートします。●5月にはアメリカの戦闘終結宣言が出され、 奥克...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)●ユダヤもので読み応えがあるのが、 マービン・トケイヤー氏の著作群です。 その語り口は辛口ながら、ユダヤの諺を交えて、 社会の真実を解き明かしていきます。 ・どこの国のいつの時代にも、  愚者の方が聡明な者より遥かに多い。・・・  数を無視してはならないが、  数の神話を過信すると  大変なことになる。(p...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆●次期首相がほぼ確定している安倍晋三さんですが、 その考え方を知りたくて購入しました。 ゴーストライターが書いたんだろうな・・・ と思いながら読みましたが、 本人の体験談が多く含まれており、 ほとんどすべてにおいて本人が 関わっていることが確認できました。 ・社会党、共産党の野党、そして多くのマスコミは、  日米安...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■1452年に生まれたレオナルド・ダ・ヴィンチ。 天才の素顔はよくわからないとこがありますが、 またそれが興味を引きつけます。 天才とは、500年たっても 人を惹きつけるのです。 良い本をありがとうございました。─────────────────────────────■この本で私が共感したところは次のとおり...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)●「開運!なんでも鑑定団」でおなじみの北原照久さんですが、 言葉のコレクターでもあったとは驚きでした。 私個人としては、古い文体の言葉はわかりにくく 好きではないのですが、北原照久さんの解説の部分だけでも 素晴らしくご紹介することにしました。●北原さん自身も、多くの人の励ましの【言葉】に...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■ガリアの反乱を鎮圧したローマ。 ユダヤの反乱を鎮圧したローマ。 ローマはこうした反逆を鎮圧すると、 「なかったことにする」と寛容さで対応しました。 広大な属州を統治するローマには、 現代と同じような政治機構、税金問題、 リーダー育成などの問題があったことがわかります。   塩野さん、 良い本をありがとう...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■一時はハンニバルに負けそうになるローマ。 最後には、「ザマ」でハンニバルを打ち破り、 地中海を自分のものとします。 負けたカルダゴは、破壊され、奴隷にされ、 歴史から姿を消しました。 現在のカルダゴの遺跡は、 ローマ人がつくったものなのです。 良い本をありがとうございました。───────────────...

続きを読む
人生の旋律死の直前、老賢人は何を教えたのか?postedwithamazleton06.05.09神田昌典講談社(2005/07/20)売り上げランキング:2,721おすすめ度の平均:★★★★★この本はぜひ映画化されるべき生きる勇気をもらえますAmazon.co.jpで続きを読む(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊...

続きを読む
プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星postedwithamazleton06.05.09大平貴之エクスナレッジ(2003/06)売り上げランキング:639おすすめ度の平均:プラネタリウム冒険小説ミスター・プラネタリウムオタクとかマニアに世界ではく,もうひとりの私たちかもAmazon.co.jpで続きを読む(...

続きを読む
(私の評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です)●「どうして日本人はこんなになってしまったのか」 という著者の思いが、あちこちに出てきますが、 それは抜きにしても、この本で紹介している 吉田松陰、佐藤一斎、西郷隆盛、坂本竜馬、 新渡戸稲造、聖徳太子、森信三、中村天風は 私の好みに合っています。 ・バンクーバーのブリティッシュ・コロンビア...

続きを読む
(評価:★★★☆☆)78点●著者は大学時代、金がなく、 家賃も授業料も払えない状況となり、 大学をやめて働くことを考えたといいます。 しかし、松田松陰の本を読んだことで、 心機一転、歴史について勉強をはじめました。 ・「知って死ぬのと、知らずに死ぬのとは違う!」・・・そうだ!歴史は、  生き方を、人生を教えてくれる!大学をやめるのを、僕はやめ...

続きを読む
日本人は戦争ができるか―"戦略的思考"のない国への警告!postedwithamazletat10.12.05松村劭三笠書房売り上げランキング:696158Amazon.co.jpで詳細を見る(評価:★★★☆☆)●私たちが生活していくうえで、リスクを減らす、 保険をかけるということは非常に大事なことだと思います。 任意保険をかけてい...

続きを読む
自分の壁を破る人破れない人―"運を引き寄せる"生き方postedwithamazleton06.05.09渡部昇一三笠書房(2002/01)売り上げランキング:222,216おすすめ度の平均:著者の本を読んだことがない方には、入門書として...。Amazon.co.jpで続きを読む(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)...

続きを読む
日本人は死んだ―「仕方がない」の哲学では蘇生できない(1975年)postedwithamazletat12.09.09M.トケイヤー日新報道売り上げランキング:397119Amazon.co.jpで詳細を見る(評価:★★★☆☆:社会人として読むべき一冊です。)75点●私も戦後教育を受けた一人ですが、今考えると何かが足りなかったという...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)