無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

【私の評価】★★★☆☆(73点)■「あの戦争は何だったのか」 ということは多くの方が考えることだと 思います。 なぜ米国と戦ってしまったのか、 なぜ最後通牒は遅れたのか、 なぜ大和は出撃していったのか。 この本では、こうした太平洋戦争での 「本当はどうだったのだろう?」 を集めた一冊になっています。・「大和」を率いる伊藤整一中将(第二艦...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■不景気、年金問題、マスコミ、天下り、弱腰外交・・・ どうも最近、日本の元気がないようです。 TVタックルでおなじみの勝谷さんが、 テレビでは言えないことを言っちゃう一冊です。■まず、やはり経済の成長しない状況で、 お役人への不満は大きいようです。 特に、年金問題、グリーンピア、無駄な公共事業など いくら借金...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■太平洋戦争における 航空隊長へのインタビューをまとめた 一冊です。 戦争当時の現場の雰囲気が 伝わってきました。■個別の兵隊は優秀なのですが、 人材を大切にしない、 現実と乖離した作戦計画など 上のほうには欠点もあったようです。 戦略の誤りは、戦術ではカバーできない ということなのでしょう。・それま...

続きを読む
食肉の帝王(講談社+α文庫)postedwithamazletat10.03.24溝口敦講談社売り上げランキング:1526Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(79点)■地盤沈下が激しいと言われる大阪ですが、 大阪で同和と暴力団と政治家を使って 財をなした浅田満さんの調査記録です。 現在、BSE(狂牛病)問...

続きを読む
日本の「安心」はなぜ、消えたのかpostedwithamazletat10.02.16山岸俊男集英社インターナショナル売り上げランキング:7008Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(75点)■昔の日本人は真面目だった・・・ 今の若いものは・・・ といった風潮に、 ちょっと待ったをかける一冊です。■人間とい...

続きを読む
情と理-カミソリ参謀回顧録-上(講談社+α文庫)postedwithamazletat09.11.19後藤田正晴講談社売り上げランキング:87366Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(74点)■警察官僚から政治家となったカミソリと言われる男、 後藤田正晴氏の回顧録です。 政治家として初回当選までの 官...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■あまのじゃく、竹村健一先生が指摘する 日本のマスコミの「ここがおかしい!」です。 日本からみると普通のことが、 外国からみると変なことをリストアップしています。■たとえば、原子力発電所の事故については、 日本ではちょっとでも放射能漏れがあると、 大騒ぎですが、よくよく聞いてみると、 ラドン温泉よりも放射能の...

続きを読む
フーゾク儲けのからくり―欲望産業の原価がわかる本(ワニ文庫)postedwithamazletat09.11.02岩永文夫ベストセラーズAmazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(76点)■この手の業界には、とんと縁のない本のソムリエですが、 これまで読んだフーゾク関係の本としては、この本が もっとも詳しいものだと思...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■厚生労働省の外郭団体に働きながら、 お役人の公金浪費の実態を 内部告発した若林さんの一冊です。 やはり内部で働いていただけあって、 お役人の世界の雰囲気が伝わってくるところが、 本書の良いところでしょう。・浄化槽管理士・・・講習会に出席すれば 無試験で資格がもらえるが、受講料は13万円・・ お役所がいろい...

続きを読む
日本を創った戦略集団(3)【私の評価】★★★☆☆(73点)■歴史小説でもなく、 面白くない歴史の教科書でもない、 社会人のために作られた歴史の教科書シリーズです。 この本は、徳川家が日本を統一した後の、 徳川幕府の側近集団の雰囲気がわかる一冊です。■歴史の教科書では、表面的な事実しか 教えてくれませんが、やはり社会人ともなれば、 それをど...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■日本通の米国人から 「これがおかしい!日本の制度」を 教えてもらえる一冊です。■まず、医療制度。 医療制度については、医師の技量のチェック制度がないことが、 著者には信じられないようです。 米国では一定期間でガイドラインに沿ったチェックが入るようですが、 日本の医師免許は一度取れば、内科、外科、泌尿器から精...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■テレビや新聞を見ると、悲惨な事件・事故ばかりで 日本はどうなったのだろうと思いますが、 実は、日本は世界で最も安全な国なのです。 同じように、テレビや新聞を見ると、 中国は「過去の戦争犯罪を忘れるな」と言うし、 韓国では日本の国旗を燃やしていたりしますが、 実は、日本が世界で最も評価されている国なのです。■...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■鹿児島県南九州市の知覧町に、 知覧特攻平和会館があります。 戦時中、知覧に陸軍の飛行場があり、 ここから陸軍の特別攻撃隊が出撃していったのです。■この本では、取材により 特攻基地知覧の雰囲気を伝えてくれます。 特攻はすべて志願兵という説もありますが、 実際には行かざるをえないといった状況だった ようです。...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「人間とは時に大きな間違いをする」ということを 再確認させてくれる一冊です。 今、正しいとものとして扱われていても、 それは「仮説」にすぎず、 実際は間違いであったということもありえるのです。■この本で紹介してくれる昔の例では、 精神病の治療として脳を切除していたこと、 地球が宇宙の中心である(天道説)と思...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■日本の安全を守る警察という組織の 笑える実体を教えてくれる北芝さんの一冊です。 公安捜査員でもあったことがあるようなので、 秘密漏洩の罪で起訴されるかもしれません。■まず、警察という組織の特殊性から、 付き合う人もしっかり身体検査をする必要があります。 もちろんヤクザとは結婚できませんし、 身内で付き合った...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)