無料メルマガ購読

★3政経・歴史の最近の書評

日本の経済ニュースが面白いほどわかる本postedwithamazletat12.05.05清水雅博中経出版売り上げランキング:705947Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(73点)■経済の基本から、日本の状態を 分析していきます。 国家破綻したときの 日本の状況も想定。 なるようになるしかないんでしょ...

続きを読む
魏志倭人伝、ドラッカーも! 2000年前から外国が絶賛 日本人はなぜ世界から尊敬され続けるのかpostedwithamazletat11.09.03黄 文雄徳間書店売り上げランキング:1544Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(73点)■震災後の静粛な様子など、 日本人にとって当たり前のことが、 外国の人から見...

続きを読む
世界一わかりやすい放射能の本当の話完全対策編postedwithamazletat11.07.31青山智樹江口陽子加藤久人合力次郎斉藤勝司望月昭明宝島社売り上げランキング:745Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(70点)■週末に3冊ほど 福島の原子力事故関係の本を読みましたが、 それほ...

続きを読む
成金炎上昭和恐慌は警告するpostedwithamazletat11.07.18山岡淳一郎日経BP社売り上げランキング:270135Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(79点)■戦前、鈴木商店という財閥がありました。 リーダーは金子直吉。 世界恐慌、関東大震災、台湾銀行の破綻から 鈴木商店は倒産、解体、吸...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■斎藤一人さんの本にしては珍しく、 暗い話のオンパレードです。 物価は下り続けるよ。 失業率は高いままだよ。 働く気のない人が増えるよ。 お金はあるのに使わない人が増えるよ。 実力がないと生き残れないよ。・社員が一人いるにつき、会社から出て行くお金が ものすごく増えていっちゃうんだよね。そんな制度を 勝手...

続きを読む
「流出「公安テロ情報」」第三書館【私の評価】★★★☆☆(77点)■テレビで報道されていた「公安テロ情報」を 入手しました。 平成18年から20年くらいの 資料がほとんどのようです。 イスラムとくにイラン関係が多いのは、 その関係の人が漏洩したのでしょうか。・レバノン、シリアの情報線が弱い(現在、ヒズボラ情報が 取れるのは全国で数本)。よって...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■大正生まれ。陸軍でパイロットとして 日中戦争、太平洋戦争を経験した 田形さんの一冊です。 田形さんが言いたかったのは、 日本のために死んでいった たくさんの仲間が いたということです。・眞土原軍曹に、「おい!命令が出たぞ。俺と死ぬか・・」 「はい!死にます!」と笑いながら、眞土原軍曹が答えた・・・ 二十...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(78点)■日本の戦争の評価はいろいろあるでしょうが、 戦略、戦術的に評価した一冊です。 元寇から関ヶ原、大東亜戦争まで 戦史に興味を持ってもらうための 入門書として最適です。 図解で、分かりやすい構成になっているのが ありがたいですね。・ミッドウェー・・・ 我にとって敵の行動は見えず、 敵は我の動きを逐一把握して...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■「バブル崩壊」という言葉を生み出した 野口さんの震災後の政策提言です。 津波と原子力の問題から、ここ1,2年は 電力供給が制限されます。 電力により生産が制限されるなかで、 復興需要を優先すれば、 他の生産を減らす必要がある。 その生産量の調整は、価格を上げたり、 円高による輸入減により、 自然と可能と...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■大前研一さんの10年以上前の一冊です。 「未来はもうすでに起こっている」と いう人がいますが、 大前さんは現実から未来のリスクを 見通す力を持つ人なのでしょう。 大前さんはITによって変わっていく、 未来(現在)が見えていたようです。・郵便物はeメールで送られるようになるので、 郵便局員十万人が失業する...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(72点)■10年前の一冊ですが、 バブル崩壊から10年間の停滞の原因と その対処法を説いています。 今では、バブル崩壊から20年間、 日本は借金で現状を維持しながら、 停滞してきたことになるわけです。 日本では、毎年、年金をもらう人が 増えていきますので、 マイナス成長が当然なのでしょう。・今、日本人は毎年60万...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(70点)■2000年に執筆された 野口さんの「超」整理日誌です。 そういえば野口さんは経済学者。 経済学関係のジョークが面白いですね。・経済学の第二基本法則: 二人とも間違っている(p76)■この本を紹介したのは、 被災者への公的な支援について、・被災住宅の再建を援助すべきか?・・・ 私の基本的な立場は、 「私...

続きを読む
沖縄ルールpostedwithamazletat11.04.03都市生活プロジェクト[沖縄チーム]中経出版売り上げランキング:41664Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(75点)■私の沖縄滞在経験は4日間。 4日間では、沖縄の人の感覚は あまりわかりませんでした。 しかし、1週間以上沖縄に 滞在するならば...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(79点)■松尾芭蕉といえば「奥の細道」 和訳とマンガでわかりやすく 解説してくれる一冊です。 松尾芭蕉の晩年の作であり、 単なる紀行文としてではなく、 人生というものを考えさせてくれる 解説が秀逸でした。・人間、誰しも、死ぬ瞬間まで、 死ぬということが、 わかっていないのではないだろうか(p179)■400ペー...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■10年前の一冊です。 現在では、この本で指摘されている、 有事法制が整備され、自衛隊には 「統合幕僚監部」と統合幕僚長が設置されています。 そういう意味では清谷さんの指摘通りに 変更されているわけで、清谷さんの先見の明を 示していると言えるでしょう。 中国についても、敵性国家への経済援助不要と しており、...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16

>月別(2002年7月~)