★3政経・歴史の最近の書評

維新の知識と情熱(日本を創った戦略集団)postedwithamazletat10.11.20集英社売り上げランキング:977773Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(76点)■大河ドラマ「龍馬伝」を見ても分かりますが、 明治維新という時代は、 日本の大きな転換点でした。 植民地支配を広げる西欧列強に対し、...

続きを読む
徴税権力―国税庁の研究(文春文庫)postedwithamazletat10.11.14落合博実文藝春秋売り上げランキング:58086Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(75点)■税金の監視役である国税庁についての一冊です。 やはり国税庁の鬼門といえば、 非課税の特権を持つ政治家と宗教法人。 政治家と宗教...

続きを読む
あなたは常識に洗脳されているpostedwithamazletat10.10.01苫米地英人大和書房売り上げランキング:574Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(77点)■「洗脳」というよりも、 あなたの知らない社会の裏話といった 感じの一冊でした。 やや極端な表現、抽象的な表現が目立ちましたが、 それ...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(77点)■民主党が密かに進めている"外国人参政権"を テーマにした一冊です。 "外国人参政権"とは選挙で 投票ができるということ。 もし、3000人の町に 3000人の外国人が引っ越しすれば、 その町の行政をコントロールし、 最悪、独立国家として独立を宣言もできるわけです。 (具体的にはグルジアの南オセチア自治州で...

続きを読む
語られなかった皇族たちの真実-若き末裔が初めて明かす「皇室が2000年続いた理由」postedwithamazletat10.09.05竹田恒泰小学館売り上げランキング:61833Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(72点)■天皇家は2000年の歴史を持ちます。 しかし、私たちは皇室の知識があまりにも 少ない...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(76点)■以前、安部首相などがNHK番組について、 圧力を加えたのではないか、という問題を 覚えている方も多いと思います。 この本では、実はその背景としてNHKの中に かなり中国中央宣伝部の意向どおりに 動いている人がいることを告発する一冊です。・中国の日本外交のカギのひとつが日本全国に放送網をもつ 巨大なテレビ局を...

続きを読む
裏から読むとおもしろい日本の歴史postedwithamazletat10.06.18歴史の謎研究会青春出版社売り上げランキング:491795Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(70点)■日本の歴史のトリビアを集めた一冊です。 よくある歴史のテレビバラエティ番組のような ものと思って良いと思います。 歴史の教...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■「あの戦争は何だったのか」 ということは多くの方が考えることだと 思います。 なぜ米国と戦ってしまったのか、 なぜ最後通牒は遅れたのか、 なぜ大和は出撃していったのか。 この本では、こうした太平洋戦争での 「本当はどうだったのだろう?」 を集めた一冊になっています。・「大和」を率いる伊藤整一中将(第二艦...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(71点)■不景気、年金問題、マスコミ、天下り、弱腰外交・・・ どうも最近、日本の元気がないようです。 TVタックルでおなじみの勝谷さんが、 テレビでは言えないことを言っちゃう一冊です。■まず、やはり経済の成長しない状況で、 お役人への不満は大きいようです。 特に、年金問題、グリーンピア、無駄な公共事業など いくら借金...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(75点)■太平洋戦争における 航空隊長へのインタビューをまとめた 一冊です。 戦争当時の現場の雰囲気が 伝わってきました。■個別の兵隊は優秀なのですが、 人材を大切にしない、 現実と乖離した作戦計画など 上のほうには欠点もあったようです。 戦略の誤りは、戦術ではカバーできない ということなのでしょう。・それま...

続きを読む
食肉の帝王(講談社+α文庫)postedwithamazletat10.03.24溝口敦講談社売り上げランキング:1526Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(79点)■地盤沈下が激しいと言われる大阪ですが、 大阪で同和と暴力団と政治家を使って 財をなした浅田満さんの調査記録です。 現在、BSE(狂牛病)問...

続きを読む
日本の「安心」はなぜ、消えたのかpostedwithamazletat10.02.16山岸俊男集英社インターナショナル売り上げランキング:7008Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(75点)■昔の日本人は真面目だった・・・ 今の若いものは・・・ といった風潮に、 ちょっと待ったをかける一冊です。■人間とい...

続きを読む
情と理-カミソリ参謀回顧録-上(講談社+α文庫)postedwithamazletat09.11.19後藤田正晴講談社売り上げランキング:87366Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(74点)■警察官僚から政治家となったカミソリと言われる男、 後藤田正晴氏の回顧録です。 政治家として初回当選までの 官...

続きを読む
【私の評価】★★★☆☆(73点)■あまのじゃく、竹村健一先生が指摘する 日本のマスコミの「ここがおかしい!」です。 日本からみると普通のことが、 外国からみると変なことをリストアップしています。■たとえば、原子力発電所の事故については、 日本ではちょっとでも放射能漏れがあると、 大騒ぎですが、よくよく聞いてみると、 ラドン温泉よりも放射能の...

続きを読む
フーゾク儲けのからくり―欲望産業の原価がわかる本(ワニ文庫)postedwithamazletat09.11.02岩永文夫ベストセラーズAmazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★☆☆(76点)■この手の業界には、とんと縁のない本のソムリエですが、 これまで読んだフーゾク関係の本としては、この本が もっとも詳しいものだと思...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)