★4仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(87点)■仕事とはプロジェクトです。 最初に仕事で悩むのは、 どの仕事を、どういった順番で処理するのか ということでしょう。 上司のイメージはこれでいいのか? 期限は守れるか? 他の仕事との優先順位は? 一人でも複数でも プロジェクト管理の悩みは 同じなのです。・優先順位をつけて仕事を絞り込み、 一つひとつ、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■小山社長の社員をやる気にさせる手法です。 小山社長は仕組み作りが得意なのですが、 思ったよりも情緒的です。 まずは、部下への声掛けし、 それを記録する。 コミュニケーションは、 平等にしないと えこひいきに見えるからです。 さらに、職場ではサンクスカードを配り、 自宅に手紙を書けば、満点でしょう。・か...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■グーグルアドワーズとは、 クリックごとに費用が発生する 検索広告です。 グーグル検索したときに、 右側や上に表示される[広告]です。 問題は効果的なキーワードは クリック単価も高いということ。 いかに費用をかけずに 利益を上げるのか 工夫が必要なのです。・「ボイスメールサービス」について検索している人...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■優秀な池本さんの若い頃のスタイルは、 自分がバリバリ仕事をするというもの。 もちろん著者は順調に出世します。 出世しても、バリバリ仕事をしますが、 部下はついていきません。 結果して、 「みんながやらないなら、 自分でやろう」 ということ。・言うことを聞かないということは、 別の意見があるということで...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■よくまとまっている 謝罪のマニュアル本でした。 クレームが出たら、 すぐに電話で謝罪します。 謝罪しながら、状況を把握し、 対応策を検討します。・相手が待っている反応はお詫びの気持ち、つまり誠意だ・・・ 電話で相手の状況を把握することが、 解決のためのファーストステップだ(p33)■面談で謝罪する場合は...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■日立製作所の情報通信部門で 数多くのプロジェクトを手がけた著者の ノウハウ小説です。 「最初から失敗しているプロジェクト」が あることを始めて知りました。 実情がわからずに契約すると 最初から赤字のプロジェクトとなるのです。 そういえば海外のプロジェクトで 巨額の赤字を出すケースがありますね。・体制強化...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■カリスマセミナー講師、 起業コンサルタントの松尾さんの一冊。 稼ぐ人と、貧乏な人とを特徴で ばっさり分けています。 お金を稼ぐ人は、 まず最初に人がお金を稼ぐのを 助けます。 自分が儲けることばかり考える人には、 お金は集まらないのです。・貧乏な人は、自分が儲けることばかりを考えています。 一方、稼ぎ...

続きを読む
「顧客心理を動かす11のプレゼン技術」ピーター・コフター、ダイレクト出版【私の評価】★★★★☆(80点)■米国広告代理店に プレゼンについて助言しているという プレゼンの達人による一冊。 プレゼンは、内容と話し方に分かれますが、 主に話し方が中心となっています。 人を魅了するプレゼンは、 徹底した準備により作られるのです。・リハーサルを...

続きを読む
「トライブ人を動かす5つの原則」デイブ・ローガン、ジョン・キング、ダイレクト出版【私の評価】★★★★☆(80点)■トライブとは20~150人のグループのことです。 そうした組織には5つの段階があります。 第1段階は、いわゆるブラック企業です。 第2段階は、やらされ感のある組織です。 大企業は第2段階が多いとのこと。 第3段階は、一匹オ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■いつも忙しそうにしているグループの 課長が変わったら、 残業がなくなったということがありました。 同じ仕事をしているのに、 なぜこんなに差が生まれるのか。 それは、 何を優先させ、何の手を抜くのか、 はっきりさせているからです。・毎日、優先課題を一つだけ選び、真っ先に取り組む(p196)■定例の仕事は、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■時代がデフレからインフレに向っています。 敏感な人は、すでに現金からモノに 資産を移しています。 そうした中、不動産投資が 注目されているのは 当然のことでしょう。 この本では、 本物のサラリーマン大家さんから 不動産投資の基本を学びます。・投資に失敗しても1億円まるまる損をすることはありません。 た...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■証券会社→外資系企業→リタイヤという経歴を持つ "ちきりん"さんの一冊です。 証券会社、投資会社の経験から、 データがあったらまず自分で考えよう! ということ。 自分で考えないと、 みんなと同じ結論となって、 それでは稼げないのですね。・・プロ野球ファンの高齢化が進んでいる。 ・このままでは日本のプロ野...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■人の前で堂々と話す技術です。 著者の箱田さんは イヴ・サンローランの日本支社長まで務めましたが、 二十代は赤面恐怖症、オドオド病でした。 箱田さんは、「あがってもいい」と言います。 大勢の前でドキドキするのは、 当然なのです。 大事なのは、 しっかり準備して、良いプレゼンをする 習慣を作ること。・リハ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■宝塚の娘のファンクラブを運営していた著者が教える ファンクラブ運営のノウハウです。 ファンクラブは、 ファンが運営費を払ってくれる サービス会社のようなもの。 ボランティアではなく、 ちゃんとした営利団体なのです。 タレントもうれしいし、 ファンも嬉しいし、 運営者も儲けることができる、 理想の会社か...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■大手監査法人で働く内向型性格の著者が教える 内向型仕事術です。 内向型人材は、話べたなのですが、 これは外からの刺激に敏感で、 情報過多により不安を感じやすいから。 マイナス面は、 コミュニケーション力が弱く 誤解を与えがちなこと。 その一方で、プラス面としては、 情報に敏感なので、 情報整理は得意な...

続きを読む

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)