無料メルマガ購読

★4仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(86点)■プレゼンテーションの技術を 99個集めた一冊です。 プレゼンテーションは準備が大事。 そして経験を積むことで、 レベルを上げていくことができます。 この本に書かれてあるような 細かい改善を取り入れていけば、 より早く上達することでしょう。・共感できるストーリーを盛り込む・・ 良いストーリーは情報を十分に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■企業の上の役職を目指す人に、 社外や部下からなめられないための 話し方講座です。 能力的には同じなのに、 セルフイメージが低く、 部下になめられる人がいます。 そうした人の特徴は、 話す内容が軽い。 そして、 緊張からか、手や足を そわそわ動かしている。・若く見られるということは、 厳しい見方をす...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■私の知っている優秀な管理職と、 仕事のスタイルが似ていたので、 ご紹介する一冊です。 優秀な管理職は、 上司の意向をできるだけ 実現しようと努力します。 上司からの難しい要求に対して 100点満点ではないけれど、 今できる手を打っていく。 その一方で、「そんなの無理」と まったく動かない人もいるわけで...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■小泉純一郎元総理の首席秘書官に 仕事のコツを教えてもらいます。 事務方としては、 組織が混乱しないよう 気配り、目配りが大切です。 確定した来週のスケジュールは 変えないなど 共感できるところがありました。・総理の日程をどう組むか。・・ 私は自分のデスクの上にB4判の日程表を置き、 10人共通の公開型...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■今年の就職活動は、2カ月前倒しの 6月からになりそうですね。 いろいろやってみれば、 ほどよいスケジュールに 落ち着くのではないでしょうか。 さて、今日は、 そうした就職活動について 採用コンサルタントの視点から アドバイスを受けてみましょう。・1990年当時、18歳人口は約200万人いました。 その...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■内閣官房参与の飯島勲さんが教える 仕事で生き残るコツです。 仕事の基本は、 小さい「貸し」を 作っていくことだという。 本当に困ったときに、 それまでの「貸し」を 利用するのです。・まず、相手がどんな人であっても絶対に 「借り」をつくらないことだ・・・ 日頃から小さい「貸し」をいろんな人につくっておき...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■指示とまったく違う形の資料が出てくる・・ 最優先の仕事にまだ手をつけていない・・ そんな部下を持つ人のための一冊です。 そうした部下に対応するために、 部下を変えるのか、 自分の仕事のやり方を変えるのか。 部下が上司ほど優秀でないとすれば、 上司がやり方を変えるべきなのでしょう。・場当たり的な伝え方はしな...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■話し方研究所の 櫻井弘さんの一冊です。 前半は挨拶、 後半は言い方の具体例という 構成になっています。 挨拶や言い方しだいで 印象は大分変るのですね。・上司よりも先に退社する時 ×「それでは帰ります」 ○「田中課長、お先に失礼させていただいて   よろしいでしょうか」(p84)■部下は上司を立てな...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■仮説思考を推奨する一冊です。 仮説思考でない頭のいい人が、 まずやるのが、情報収集です。 一方で、仕事が早い人の中には、 仮説を立ててから、 情報収集する人がいます。 頭のいい人にとっては こういう人は、 イライラの対象です。 なぜなら、しっかり現状把握しないで 仮説を立てるなんて 論理的におかしい...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■最近、大学生から 「就職の面接ではどう答えたらいいのでしょうか」 と聞かれることがあります。 私は、 「普通で大丈夫。  悪い印象を与えなければ大丈夫だよ」 と答えることにしています。 それと、この本を紹介します。・就活、面接のときの服装には、 個性が必要なのではなく 『常識が必要』なのです(p160...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■8時間睡眠を基本とする著者は、 早寝早起きの 「習慣化コンサルタント」です。 多くの人が、 残業と短い睡眠により 眠い目をしながら、朝を迎えます。 目先の仕事に追われ、 残業して疲労しているようでは、 職場をリードすることはできない。 早寝早起きすることにより、 朝の時間を最大限に活用し、 先手先手...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■スタッフ4人ではじめた歯科医院は、 順調にスタートしました。 気を良くした著者は、 スタッフを増やしていきます。 ところが、スタッフが増えてくると、 自分の目が届かず、 イライラすることが増えました。 どうして、自分の言うとおりに できないのか!? 職場の雰囲気は悪くなり、 一部のスタッフは職場から去...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■夫の急病・他界によって 社長になってしまった臼井さん。 最初にかかった病気は 「仕事抱え込み病」です。 一日一冊ビジネス書を読むくらい 一生懸命な臼井さんは、 なんでも自分でやろうとして、 最後には、顔面神経痛と円形脱毛症で 入院してしまいました。・一生懸命さが過ぎると「仕事抱え込み病」になって、 仕...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■自分のオリジナル名刺を 持ちましょう! という一冊です。 名刺には肩書きが必要です。 私の場合は、「本のソムリエ」。 自分で自分のブランド名を 作ることができるのです。・名刺交換は、「私は○○です」と 名刺を渡す相手に 伝える行為でもあります(p50)■自分の名刺を作るためには、 自分を知る必要があ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■外回り営業マン向けの 「世間話のすすめ」です。 落語にマクラがあり、 スピーチにツカミがあるように、 営業にも世間話が必要です。 もちろん世間話が主ではありませんが、 雰囲気づくりのためにも 事前に考えておきたいものです。・世間話は「狙い=目的」が必要・・・ ■ラポール構築(話を聞きたくなる場づくり)...

続きを読む

>月別(2002年7月~)