★4仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(81点) ■「捨てる」という視点で、  仕事のコツを集めた一冊です。  不要な仕事をやめる。  不要な考え方をやめる。  仕事がシンプルになると、  効率的になり、  悩みも減るのです。 ・人の人生は限られているのじゃから、  一番大事なのはなんだ?!と  キミ自身に問いかけてみることだ(p21) ■仕事の方針も、  やることではな...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■著者は、転職先でがむしゃらに働き、  プロジェクトリーダーとして社長賞を受賞。  経理部長となりました。  部長になっても頑張った著者は、  無記名の部下からのフィードバックで  シリコン野郎と呼ばれてしまいました。  「こんなに一生懸命やってきたのに・・・」  著者はショックで悩み、  もがいて、本を読み、  コーチン...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■仕事を自分でやるのか、  人にやってもらうのか。  元リクルート編集長が教える  仕事を人にやってもらうための  振り方のコツです。  仕事を人に振るということは、  仕事を任せ、自分の負担を下げながら、  人に成長の機会を与えるものです。  ですから、役職が上がるにつれ  仕事を振ることが  多くなっていきます。 ・会...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■マイクロソフト日本法人の  代表取締役社長だった  成毛(なるけ)さんの一冊。  著者の仕事への姿勢は、  仕事を遊びにするということ。  遊びなんだから何時までも  打ち込むことができるのです。  米国マイクロソフトに行ったら  ビル・ゲイツが  通路に寝ていたらしい。 ・子どものような企業とは、  ビジネスを遊び場に...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■古川さんの「続ける」習慣を基に  マンガとコラボした一冊です。  やるべきことはわかっているのに、  続けることができない新入社員の舞ちゃんが  少しずつ成長していきます。  続ける習慣は、  学校では教えてくれませんので  自ら学ぶしかありませんね。 ・ハミガキのように  当たり前に続く状態を目指す(p22) ■習慣化...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■マッキンゼーの服部さんが独自に作っていた  仕事のルールブックを市販したものです。  一つひとつは多くの書籍に書いてある  ようなものです。  しかし、本人の経験から  導きだされた原則は  なぜか説得力があるのです。 ・経営幹部クラスの人たちに一瞬で  好印象を与える方法があります。  過不足ない内容で短く回答すること...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■マックスおじさんが  2人の若者に仕事のコツを教える  物語形式の一冊です。  「仕事は楽しいかね?」  とは、マックスおじさんの  決まり文句です。  目標設定⇒努力⇒成功  といった形ではなく、  やってみる⇒やってみる⇒やってみる⇒成功  という形が楽しいらしい。 ・まだまだ素晴らしいアイデアがあるはずだ。  さあ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■石油化学から始まり、  ベンチャーのバイオ研究試薬でも  成果を出してきた清水さんの一冊です。  清水さんは設備の設計から営業まで  自分の正しいと思う道を  選んできました。  役員でも間違っていれば無視するし,  担当外でも役員を動かして  道筋をつけようとする。  これで干されないで済んだのは,  会社全体の利益だ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■毎月一冊の本を書くという  ゴーストライターは  どんな仕事をしているのでしょうか。  取材はいくつかに分けて  10時間以上インタビューを  行います。  そしてすべてテキストに変換して、  読み込み、整理して、  目次を作ります。  これが一週目です。 ・十数時間のインタビューが  一般的だと書きましたが、  多いの...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■私の働く会社でも最近、  ブランド構築チームが  活動しているので手にした一冊。  やはり、ブランド構築で大切なのは、  その商品・サービスも大事ですが、  社内でいかにブランドを浸透させるのか  ということでしょう。  なぜなら、どんなに良いブランドも、  社員の言動や思いがバラバラでは  信頼されるブランドとならない...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■インクルージョン思考とは、  問題を一気に解決する  アイデアの出し方です。  その方法は、問題(課題)を考えたら、  神様お願いします!  と忘れることです。  後は、楽しく生活していれば、  潜在意識が自然と答えを  出してくれるということです。 ・問題を整理し、  それを解決するために情報を収集し、  問題の本質に...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■「新婚さんいらっしゃい!」の  前説(本番前に観客に行う説明)を  10年間続けた著者が教える  人前での話し方のコツです。  芸人や落語家は話のプロですので、  話のパターンを持っています。  出だし(まくら)+中味+まとめ  という構成で、  お後がよろしいようで。 ・出だしはどう工夫すればよいのでしょうか?・・  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■30年間年間200冊読んできたという  著者の読み方です。  面白いのは、購入した本の  1割しか読まないという。  本への興味がなくなった時点で、  読むのは止める。  私も面白くない本であれば  途中で挫折しますが、半分くらいは  最後まで読んでいると思います。 ・「読む」のは購入した本の1割ですが、  購入する本は...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■ノンキャリアとして外務省に入り、  17年間仕事をした佐藤さんが教える  外務省の組織の掟です。  どこの組織でも同じだと思いますが、  上司を支えるのが部下の仕事。  そこを履き違えると、  組織で上に行くことは  できません。 ・外務省において上司は絶対だ。  「第一条、上司は絶対に正しい。   部下は上司に絶対に服...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■人事コンサルタントが  日本の人事事情を  説明してくれます。  終身雇用が前提の日本の企業はで  人事は、短期的な実績ではなく  長期的な"評判"で決まる。  一方で、中途採用者が多い組織では、  数字で出る仕事の実績と"評価"が  重要視されるらしい。 ・流動性が高く、中途採用者が多い組織では、  長期的に築かれる評...
続きを読む

>月別(2002年7月~)