無料メルマガ購読

★4仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(86点)■コーチの視点から、 人を認めて能力を伸ばすリーダーになるための アドバイス集です。 すべてに具体的な例を入れており、 わかりやすく、真摯な一冊でした。  ・「できない」から「できるかも」への新しい視点を見つける・・・   「一週間で、こんな山積みの仕事を終えることはできない」という   視点を、「もし、先輩...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■サラリーマンを何年もやっていると 若いときには見えなかったものが見えてくるものです。 しかし、見えたときにはすでに 時遅しということも多いでしょう。■たとえば、人を批判しないこと。 優秀な人には、他人がアホに見えますから、 アホな人を馬鹿にしてしまうことがあるでしょう。 アホな上司に逆らってしまう人もいます...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■業績評価ではなく、 行動による評価を行うことで、人間は行動し、成果を出せる! という一冊です。■実は、この手法は、本のソムリエも利用しています。 それは<前日、蒔いた成功の種>です。 つまり、自分の望ましい行動をチェックし、 その行動具合によって、自分を褒めてあげるわけです。 この本では、望ましい行動をした...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■世の中の悩める上司に 「そうだよね。わかるよ」 と言ってくれる一冊です。 多くの「上司」と対話してきた 松山さんだから書ける一冊でしょう。■内容としては、自分をオープンにする、 部下の成長にポイントを置く、 哲学を持つなど、 上司のための本としては標準的な内容です。 ただ、最初に、あなたの辛さはわかるし...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■若松さんのトヨタ本は、 内容もさることながら、 ポイントと実例のバランスが良いことが特徴です。 まず、「人は困らなければ知恵は出ない」などと ポイントを説明し、その後で 「A氏は、海外の子会社の再建に・・・」と具体例が 出てくるのです。  ・困ることを「いやなこと」「つらい」とだけ受け止めてはいけない。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■最近元気のない藤巻幸夫さんですが、 カリスマバイヤーと言われるだけあって、 企画力とそれを実現化する人脈力は強力です。 そして、その( 人脈力 )は、偶然できたのではなく、 20代の頃から、20年後の人脈をイメージしていて、 それが現実化した、というのですから驚きです。  ・20年後の人脈図を描こう(p133...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■セミナーで食べている 「プロ講師」という職業があります。 会社や商工会などで開催するイベントでよくある セミナー・講演などを有料でやってくれる人です。 こうした講師の多くは、 講演企画会社に登録しており、 この会社が講演依頼の受付、 講師の派遣を行っています。■この本では、講演企画会社の現役プランナーの著...

続きを読む
最少の時間と労力で最大の成果を出す「仕組み」仕事術postedwithamazletat10.03.29泉正人ディスカヴァー・トゥエンティワン売り上げランキング:1258Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(84点)■仕事の「仕組み化」とは、 チェックシート(のようなもの)です。 つまり、それを見れば だれで...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■石田さんの継続する技術をまとめた一冊です。 内容としては、非常にシンプルで、 先人が言っていることとあまり変わりません。■まず、やりたい行動を決め、 いつ、どの程度やるかを具体的に決めます。 紙に書き出すのが、ベストです。 ・行動コミットメント(契約書)を作ろう・・・  ターゲット行動をいつ行うかを決めてく...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■なりたい自分になるための行動を起こさせる ( 技術 )を教えてくれる一冊です。 内容としては、よく知られている内容ですが、 シンプルに体系化してわかりやすくしているところが、 素晴らしいと思いました。■まずは目標設定、動機づけです。 お金が欲しいといった短絡的な目標よりも、 お金で車が買いたい、グアムに行き...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■非常によくまとまったリーダーの教科書です。 これからリーダーになる人、 リーダーだけどちょっと困っている人が、 リーダーの心得を学ぶのに良い本だと思います。■まず、リーダーは自分で動いて成果を 出すことは求められていません。 リーダーとは、能力がある人が抜擢されますが、 その能力を使うことが求められているの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■中小企業が生き残るにはどうすれば良いのか・・・。 道は無限にあるのでしょうが、 実際に経営に携わる人にとっては切実な問題です。■この本では、会社PRの手法として、 3つの方法を紹介しています。 1 ノウハウを発信すること。 2 業界のコミュニティを作ること。 3 ブランドをつくること。■まず、【今日の名言...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■商品を売る技術は、たくさんあります。 お客の名前を覚える、こだわりを説明する、 新聞(DM)を発行する、POPを書く・・・。 そうした技術を、一つひとつ実例をもって、 解説してくれる一冊です。■DMにしろ、POPにしろ、 お客様へ語りかけ方で反応が変わってきます。 そうした反応のデータベース(経験)の蓄積が...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■営業という仕事は、商品開発について意見は言えますが、 基本的に( 与えられた商品 )をいかに売るかという仕事です。 ( 与えられた商品 )を変えることができないとすれば、 お客さまへの対応ですべてが決まることになります。■この本では、お客さまへの対応を 「お客さまの感動」という視点で徹底的に考え、 実行する方...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■会社での仕事は、見方によっては すべてがプレゼンテーションです。 上司に決定書の内容を説明する、 同僚に経緯を説明する、 取引先に連絡を入れる。 これらすべてに( 伝える技術 )が 必要なのです。■この本では、「話の内容」「構成」「伝え方」の 3段階でプレゼンの技術を教えてくれます。 3つに分けるのもプ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)