無料メルマガ購読

★4仕事術の最近の書評

「よかれ」の思い込みが、会社をダメにする―飛躍的成長を実現する全体最適のマネジメントpostedwithamazletat09.11.25岸良裕司ダイヤモンド社売り上げランキング:2135Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(85点)■会社に入って、先輩から助言されたのは、 「全体最適を考えろ」ということです。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■松下幸之助が、後年、松下政経塾において 話された内容の抜粋録です。 また、姿勢を正して読まさせていただきました。■松下幸之助は、やはり熱心さというものを 大切にしていたと思いますし、 そうした人を抜擢していたように感じます。 つまり、頭の良い人と一生懸命な人であれば、 使命感を持って一生懸命な人が成功すると...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■外資系企業で社長まで務めた箱田さんの 朝の使い方講座です。 さすが、デール・カーネギー・コースの 公認インストラクターだけあってわかりやすいし、 研究、実践されているがわかります。■まず、朝の習慣が大切です。 私の場合はジョギングとシャワーですが、 箱田さんの場合は、朝風呂です。 こうした決まった習慣を持...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■土木工事や建設工事で、 現場のベテラン親方がやっている『段取り八分』と 工程管理をわかりやすく説明してくれる一冊です。 そのポイントは次の3つです。■まず、工程表を作る段階で、 各工程の「ゆとり」を吐き出させます。 各担当者は自分の工事で遅れが出ないように 「ゆとり」を持とうとします。 親方は、この「ゆと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■社会人に必要な会議を仕切る力、 そしてセミナーや飲み会を仕切る力を まとめた一冊です。 いままでに無かったコンセプトの一冊で、 新鮮味がありました。■内容は、成功している人を取材して ノウハウをまとめていますので、 その分、実務的な印象。 会議を仕切る立場で、 いかに参加者に参加してもらうか、 大切な...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■ホワイトカラーの世界に トヨタ方式を取り入れようという一冊です。 労働者からは悪名?高いトヨタ方式を 事務所で働く人に適用するとどうなるのでしょうか。■まず、やることは仕事の見える化です。 自分の作業をカードに書いて、 ホワイトボードなどに貼り付けることで、 各人の作業量、進捗状況、残りの仕事が 分かるよ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■レバレッジシリーズ本田直之さんの 人脈術です。 なんと、本田さんは、お昼、夜の食事は、 必ず人と一緒にとっているそうです。 食事の時間も、人との出会いに使っているわけです。■本田さんの考える人脈の定義は、 「人に紹介できる人」。 つまり、有名な人、会社の社長など社会的な地位は関係なく、 あくまでもその人...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■講演会を5000回企画した著者が教える スピーチで使えそうな「つかみ」のネタ56連発です。 やはり、講演は「つかみ」が大切だとのこと。 「つかみ」のコツは、「へー、知らなかった」 という自然の法則から、私たちが何を学ぶことができるか 話してみることのようです。  ・金魚は水槽の大きさに合わせて成長する(p30...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■最近、特にお役所関係ですが、 論理的には正しいように見えて、 しかし、現実には合わない規制をかけて、 業界が大混乱している事例があるようです。 どうしてそうしたことがおこるのかといえば、 お役所が現場を知らないというだけでなく、 自分の責任を減らすことだけを考えていることが、 原因ではないのでしょうか。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■人間とは不思議なものですが、 集団になると上司と部下にわかれます。 会社だとある程度の年齢になると 上司の立場となりますので、 事前の準備が欠かせません。■この本では、自分が上司になったときに 気をつけるべきことを、 判断、叱る、任せるなどの分類で教えてくれます。■まず、「叱る」ですが、 相手がなぜそれ...

続きを読む
「君はまだ残業しているのか」は、改題、再編集したもの。【私の評価】★★★★☆(87点)■トリンプ・インターナショナル・ジャパンで、 残業ゼロで19年連続の増収増益を達成した 吉越さんの一冊です。 一人当たりの売り上げは5倍になったそうです。■吉越さんは「残業ナシ」で有名なのですが、 「残業ナシ」は効率化のための一つの手段にすぎません。 吉越...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■サラリーマンは、部下としての下積み時代を経て、 だんだんと上司の立場となっていくものです。 部下の経験はあるのに、なぜか上司の立場となると 部下への対応に悩んでしまうことがあるはずです。 この本は、そうした上司への、 上司としての考え方、部下への接し方について アドバイスがもらえる一冊です。■やはり上司とは...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■仕事を一人でこなすことができるようになると、 次に新たな壁がやってきます。 それは、チームで仕事をしていくことです。 一人で仕事をしているときには、 期限に合わせて自分の仕事をこなしていけばよいのですが、 他人と仕事を分担していくとなると、 簡単にいくはずがありません。■この本では、そうした初心者リーダーの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■私の直感として、90%の人は上司や会社に 不満を持って仕事をしているのではないでしょうか。 それは、電車に乗っていると感じます。 笑顔でワクワクしながら電車に乗っている人が、 あまりに少ないからです。■さて、この本では、そうした不満を持つサラリーマンに対し、 「それでは評価されませんよ」と"やさしく" 教え...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■コーチングでは人を4種類に分類して、 人に応じた対応を考えます。 人の性格は人それぞれですから、 すべての人にまったく同じ対応をすることは おかしいわけです。  ・自分と似たスタイルの部下は、どこをどう刺激すると   やる気になるのかが、わかりやすいですね。・・・   ただ、似た・・・人の組み合わせは、共倒...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)