無料メルマガ購読

★4仕事術の最近の書評

人を10分ひきつける話す力postedwithamazletat11.05.21斎藤孝大和書房売り上げランキング:114605Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(88点)■社会人になると 人の前で話をすることが あるものです。 朝礼・・結婚式・・会議・・ 特に結婚式などでは、 スピーチが終わるまで 食...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■著者は大学時代に1万冊もの 本を読んだそうです。 その読書の知識は、 社会人となって非常に 役に立ったといいます。 試験の前に、 予習することができたという ことなのでしょう。・あらかじめ読書しておいておかげで、 どんな壁にぶち当たっても、すべてが "想定済み"のこととして、 楽しみながら乗り越える...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■月二十回の講演を行い、 新作映画のほとんどを映画館で見て、 連載が二十本、書き下ろしが常時多数・・・ という童門冬二さんの 生活習慣を知ることのできる一冊です。 まず、原稿については、 午前五時から九時までの間に、 テープレコーダーに吹き込んで、 外注にワープロで打ってもらう。 映画はストレス発散とし...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■スウェーデンで人気の、 アイデア生成セミナーを 本にした一冊です。 セミナーのテキストの一部は、 こちらで立ち読みすることができます。■数を出す、合体させる、イライラを探すなど アイデアを出すヒントと具体例を示し、 実際に自分でも考える、 という流れで、構成されています。 確かにセミナーで実際に 自分...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■会社に入ってはじめのうちは、 自分で仕事をするだけですので、 あまり話し方は大きな問題では ないかもしれません。 しかし、年を取って、 人に動いてもらう立場になると、 どうしても話し方が大切になってきます。 管理職になってはじめて、 「あれ?なんで伝わらないんだろう?」 と思う人も多いのではないでしょう...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■「料理の鉄人」を企画した人か、 という印象で読み始めました。 タイトルの「考えないヒント」とは、 「常に考えていると、考えていないような状態になる」 というのが答えですね。・僕は、眠っているとき意外、 ずっと面白いアイデアについて 考えています。(p15)■小山さんの特徴は、なんでも 「自分ならこうする...

続きを読む
20代で人生の年収は9割決まるpostedwithamazletat11.01.22土井英司大和書房売り上げランキング:201Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(80点)■20代は、だれにでもあります。 初めての仕事に接し、 試行錯誤を繰り返し、先輩から指導される毎日。 そんな20代にも2種類あります。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■自称バカリーマン、数年前まで 「月極駐車場」を(げっきょくちゅうしゃじょう)と 読んでいた伊藤さんの一冊です。 学生時代は、ソフトテニスのプロを目指していたのに、 20歳になって初めてプロがないことに気付いた、 という伝説も持っています。 明らかにバカな伊藤さんですが、 現在は、年収1000万円の取締役。...

続きを読む
やる気を引き出すシンプルなしかけpostedwithamazletat10.12.03白潟敏朗日本実業出版社売り上げランキング:1813Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(82点)■コンサルタントの白潟さんが教える 中小企業での職場の雰囲気をよくする ちょっとしたアイデアです。 白潟さんの言うところでは、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■プレゼンの基本を教えてくれる一冊です。 顧客に対するプレゼンなら 顧客を理解することからはじめること。 社内に対するプレゼンなら、 やることを明確にすること、など 大切なところを説明してくれます。・まずするべきは、 最終的な行動に至るために必要な、 最初の小さな行動に絞ることです。(p37)■また、プレ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■このメルマガと同じように1分間では 読めないと思いますが、 コミュニケーションの教科書的な一冊です。 基礎的なところから、社会人として求められる ところまで、うまくまとまっていると思います。■たとえば、一般的な話からはじめて、 「どうやって考えたんですか」のような オープンクエスチョンで話を引き出す。 自...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■小宮さんは、人と話をするとき、 「具体的」に話すことが大切であると 教えてくれます。 たとえば、取締役として発言するときには、 その場の流れにあった主張を 「具体的」な数字を示しながら、 話すことができれば、合格でしょう。・漫然と新聞を読んだりテレビを見たりしていても、 「数学力」は付きません。問題意識を...

続きを読む
白いネコは何をくれた?postedwithamazletat10.10.13佐藤義典フォレスト出版売り上げランキング:3429Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(87点)■戦略について書いた本はたくさんありますが、 なかなか自分のこととして イメージできないことが多いもの。 この本では、「さえない君」が、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■トリンプで残業なしで、 19年連続増収増益を達成した 吉越さんの仕事術です。 仕事を減らすのではなく、 少ない時間でそれまでと同じ量の仕事を 効率的にやることを目指します。・残業をやめる・・・これまでと同じ仕事のボリュームを 定時までに片付ける意識があってこそ、 仕事の質は高まるのである。・・・ ゆとり...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■笑うセールスマンの 新宿歌舞伎町版です。 喪黒福造(もぐろふくぞう)の代わりとして 亜玖夢(あくむ)博士が登場します。  この本が面白いのは、 囚人のジレンマや、コールドリーディングを 笑うセールスマンばりの奇怪な物語の中で 学べるということ。 世界征服を目指す中国人マフィアや、 ヤクザ、浮浪者が...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)