★4仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)■41歳の著者が、20代のころの自分への アドバイスとして書いた一冊です。 20代の頃は、上司がバカに見えました。 確かに上司はバカだったのでしょう。 ただ、サラリーマン社員にとってのお客様は、 社長であり、その意向を聞いた上司です。 お客様である上司をバカにしている時点で、 その人がバカなのでしょう。・社...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■セブンイレブン店長として、 パート・アルバイトさんを戦力として、 売上をあげてきた著者のアドバイスです。 著者は、セブンイレブンのフランチャイズ店を 経営していた頃、 仕事をパートさんに任せることができず、 過労死しそうになりました。 そうした経験から、 いかにパート・アルバイトさんに 仕事を任せるか。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■35年間話し方セミナーを開催している 木下さんの一冊です。 木下さんの教えているスピーチは 2分間スピーチ。 自己紹介も2分間。 体験談も2分間。 1時間なら2分間スピーチを 30回やればいいわけです。・人が話を聞く限界は3分といわれています。・・・ たとえば1時間の講演を頼まれた場合は・・  単純に...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■著者は、リクルート、インテリジェンスにおいて、 MVP,社長賞等を55回受賞した ツワモノ営業ウーマンです。 営業のコツは、 相手を知ること。 つまり、 相手のニーズを知ること。 こうした営業の基本を、 徹底的に鍛えられたようです。・「なぜ、お客さまはその商品に決めたの?」 わたしがそれに答えられずに...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■課長ともなると、成果を期待され、 さらに部下の育成も期待され、 なかなか大変だと思います。 期限ぎりぎりになって、 部下が「これを提出したいんですけど・・・」 なんじゃこれは! 資料作り直し! といっても時間は限られている。 部下の仕事は遅い。 自分でやったほうが早いんだけど。 なんでこうなってしまう...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■優秀な人にありがちなのが、 上司になったら急に厳しくなる人です。 「あれ?この人こんな人だったっけ?」 と思うことがありませんか。 これは、責任者となった本人の責任感と、 上司としての権限と、本人の性格から 来るものなのでしょう。 良い結果をもたらす場合もあるでしょうし、 総スカンをくらって去っていった人...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■仕事における時間術の一冊です。 前半はややだれますが、 後半は実例を含んで よくまとまっていると思います。 まず、最初は、自分の仕事量を コントロールするところから はじめます。 自分の状況を説明して、 仕事の量を調節してもらうよう 交渉するのです。 ただ、実際にはこれは 難しいことかもしれませんね...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■時間を効率的に使いたい。 仕事をする人は、 誰もが考えていることだと思います。 自分流の仕事術があると思いますが、 ちょっとした工夫で 劇的な効果があるかも。 そうした可能性のありそうな ポイントをチェックしてみましょう。■まずは、大きな時間の使い方です。 午前中に頭の使う仕事をする。 お昼後には、面...

続きを読む
世界中で採用されているのに日本人だけが使っていない日本流の働き方postedwithamazletat12.12.21原マサヒコ扶桑社売り上げランキング:31,967Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(83点)■トヨタの仕事のやり方を 物語形式で伝えてくれる一冊です。 入社7年目にして営業チームの リーダー...

続きを読む
ハーバード流宴会術postedwithamazletat12.12.16児玉教仁大和書房売り上げランキング:103Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(84点)■三菱商事から ハーバードへ進んだ児玉さん。 三菱商事の宴会術を ハーバード的にこの本で 一般化してしまいました。 日本の宴会術は、OJTと失敗で...

続きを読む
アイデアの選び方アイデアは、つくるより選ぶのが難しい。postedwithamazletat12.12.08佐藤達郎阪急コミュニケーションズ売り上げランキング:59865Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(80点)■アサツーディケイ→博報堂で、 テレビCM,広告キャンペーンを 手がけた著者が、 アイデアの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■コンサルタントのお二人による チームマネジメントのお話です。 チームマネジメントとは、 若くして課長になった人を 対象としているようです。 課長とは何をする人なのか。 まずは、そこから考えることに  なるのでしょう。・マネージャーの付加価値は メンバーを成功させるところ(p12)■では、会議ではどうす...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■「ひと月百冊読み、三百枚書く私の方法」とは、 インパクトのあるタイトルですね。 福田さんは評論家。 ひと月百冊ですから、 一日当たりは三冊で、 これなら読むのは簡単なのでしょう。 問題はいかにそれを理解し、 自分ものとして原稿に 昇華できるかということです。・抜き書きをすることで、 書き手についての理...

続きを読む
超トヨタ式チェンジリーダーpostedwithamazletat12.10.23金田秀治日本経済新聞社売り上げランキング:825333Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(82点)■トヨタの本社工場を見学したことがあります。 プリウスのドアがエレベータから降りてきて、 本体と合流して組み付けられていました。 ...

続きを読む
朝60分で部下が変わるpostedwithamazletat12.10.18嶋津良智あさ出版売り上げランキング:314939Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(83点)■部下とのコミュニケーションがうまくいっていないな・・・ そう考えた嶋津さんは、 朝会をはじめます。 部下と1対1で朝食をとりながら、 雑...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)