★4仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(82点) ■モルガン・スタンレー、グーグルで  人材開発を主導してきた著者の  仕事術です。  グーグルは潤沢な事業収益を背景に  様々なサービスを開発しています。  そのためか、開発者の視点での  仕事術という印象でした。 ・上司からは「金曜日までに」...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■NHKで「あまちゃん」の  演出を担当した  吉田さんの一冊です。  吉田さんは、もともと  自分の意見を通すために  怒鳴る人だったそうです。  怒鳴るのではなく、  相手の意見を聞くようになったら  大きな仕事に恵まれるように  なったら...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■仕事ができる人が、  必ずしも有能なリーダーに  なれるわけではありません。  よくある失敗は、  「全部、自分でやってしまう」  リーダー。  なぜなら、  自分でやったほうが速いし、  品質も良いのですから。 ・実務能力はたいしてないと ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■トリンプで19年間、  増収増益を達成した吉越元社長の  仕事の考え方です。  最近は、出世しても給与は増えないし、  責任が増えるだけ。  そんな考え方の人が  増えているといいます。  吉越さんは、サラリーマンは、  一握りの人だけが役員...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■「質問する力」とは、  真実をつかむ力です。  自分は今、どこにいるのか。  今の課題は何か。  どうすればいいのか。  正しい現状認識があれば、  正しい課題認識となり、  正しい解決方法が  見えてくるのでしょう。 ・私であればたとえば ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■人事採用というと  「書類」と「面接」で  行う会社が多いと思います。  著者の採用方法は、  応募者でグループ討議をしてもらい  その様子を観察して  評価する方法です。  この方法を  アセスメント(行動分析)  と表現しています。 ・評...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■「問い」とは、  強力な武器です。  自分への「問い」は、  自分の心の中を  掘り出します。  考えるとは、自問し、  それに答えることなのです。 ・今、自分に本当に大事なことって何?・・  「問い」のスイッチが入ることで、  あなたは「今...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■トヨタの考え方は、  普通の会社の考え方と違います。  普通の会社では  問題がなければ  問題はない。  トヨタでは  問題がなければ、  人を抜いて問題を作るのです。 ・仕事の監督者は、人を抜いて、  適度にラインが止まる状態にして  お...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■年間200回以上の講演をするという  堀さんのプレゼンのコツです。  まず、話す内容は、  かならずしもスゴい内容でなくても  良いらしい。  聞いている人が知っている話を6割、  知らない話が4割くらいが  ちょうど良いというのです。  知...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点) ■成果の出せるマネジメントとは  何だろうか?  自分のマネジメントスタイルは  これでいいのか?  こうした問いに、  外資系企業で成果を出してきた  著者が答える一冊です。 ・上司の対応としては、  部下がどのようなことを言おうが、  「そ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■外資系企業で3人の仕事を  一人でやることになった  著者の仕事術です。  激務ゆえに周囲の人から  「ご愁傷さま」  と言われる職場で  彼は何を得たのか。  それは効率的に仕事を完了させ  上司を満足させる技術です。  まず、目の前の作業...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■「捨てる」という視点で、  仕事のコツを集めた一冊です。  不要な仕事をやめる。  不要な考え方をやめる。  仕事がシンプルになると、  効率的になり、  悩みも減るのです。 ・人の人生は限られているのじゃから、  一番大事なのはなんだ?!と...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■著者は、転職先でがむしゃらに働き、  プロジェクトリーダーとして社長賞を受賞。  経理部長となりました。  部長になっても頑張った著者は、  無記名の部下からのフィードバックで  シリコン野郎と呼ばれてしまいました。  「こんなに一生懸命やっ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■仕事を自分でやるのか、  人にやってもらうのか。  元リクルート編集長が教える  仕事を人にやってもらうための  振り方のコツです。  仕事を人に振るということは、  仕事を任せ、自分の負担を下げながら、  人に成長の機会を与えるものです。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■マイクロソフト日本法人の  代表取締役社長だった  成毛(なるけ)さんの一冊。  著者の仕事への姿勢は、  仕事を遊びにするということ。  遊びなんだから何時までも  打ち込むことができるのです。  米国マイクロソフトに行ったら  ビル・ゲイ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
QR_Code.gif
左記QRコードまたはこちらから、空メールを送信してください。
※空メールに返信がない場合、ドメインbookmag2.comを指定受信リストに設定してください。


全テーマ(カテゴリー)

>月別(2002年7月~)

最近のコメント

  • ryo: 名言セラピーは、全部読みました。 とても好きな本です。 いつも私の知らない本の書評で、 読書の指標になってますが、 こうして読んだ 続きを読む
  • 本のソムリエ: 中国製を辞めて、PRC(People's Republic of China)とは、頭いいですね。 国際関係で誠意を期待してはいけ 続きを読む
  • haru: こんにちは。 中国関連本といえば、こちらもお薦めします。 『メイド・イン・PRCの恐怖』郡司和夫著。桜の花出版。 PRCって、なん 続きを読む
  • KH: Kindle読み放題が始まってから、先日ソムリエ様がまとめてご紹介下さった本を順番に読んでおります。 どれもいい本でしかも読み放題 続きを読む
  • sano: サラとソロモンを読んで、今まで以上に幸せな状態自分の心地良い状態とは一体どういったことなのだろう、何だろう?とさらに考えるようにな 続きを読む
  • (´・ω・`): 自分が買ったアイリスオーヤマの商品が2回連続で不良品の理由がこの概要でなんとなく理解できました、自分の場合は安物買の銭失いでした。 続きを読む
  • 清水 優: 「鈍才が7件もの多彩な異業種で何故成功出来たのか」の著者です。お忙しいところ、極めて正確に幣趣意をお汲み取り頂き、適切なコメントを 続きを読む