★4仕事術の最近のブログ記事

98点 / 97点 / 96点 / 95点 / 94点 / 93点 / 92点 / 91点 / 90点 /の書籍


【私の評価】★★★★☆(80点) ■多くの会社の社外取締役でありながら、  毎日のように講演を行い、  著作を書き続ける小宮さんの  時間術です。  まず、効率的な仕事をすることの  原則は、やる気があること。  そして「志」があることです。  「志」から入るのは、  さすが小宮さんだと思いました。 ・「やる気の高い時間」を持つために・・  大事なことの二...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■ものすごい量の本を書いている  齋藤先生の速読法です。  齋藤先生の読書の特徴は、  3色ボールペンで線を引きながら  読むことです。  大切なところは「赤」、「青」  (赤のほうが重要度が高い)  自分が面白いと思ったところは  「緑」でチェックするのです。  チェックすることで、  その本の大事なところが  頭に入る...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■トヨタ式の業務改善を  取り入れる際に注意すべきことを  まとめた一冊です。  まず、導入には  手順があります。  5Sで職場を整理する。  そのうえで作業改善→設備改善→  工程改善と進めていきます。  まず最初に金のかからない  5Sと作業改善から  進めるのです。 ・トヨタ式改善の進め方は、こうだ。  1最初に作...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■日立製作所で情報システム営業として  働いていた著者は、  残業と長時間労働で疲労していました。  先輩に「残業が習慣化されている」  と指摘されたのをきっかけに  残業を減らそうと決意。  退社時間を早め、  朝仕事をするようにすると、  これができたのです。  知らず知らずのうちに  残業を前提にだらだら仕事を  し...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■博報堂のコンサルティング専門家が  東京大学で教えている  企画・アイデア法です。  東大生が、答えのない問題に  答えるための方法を学びます。  そのプロセスは、  調べる→統合する→アウトプット  する。 ・コンセプト作りのプロセス・・  インプット  調べる  コンセプト  統合する  アウトプット 形にする(p1...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■毎月30分の部下との対話を  お薦めする一冊です。  部下との対話は部下を理解し、  信頼関係を作らなくてはなならない  上司として大切な仕事です。  その対話を仕組みとして  月1回30分行うのです。 ・対話の目的は、「部下との信頼関係づくり」や  「部下の不安の解消」「部下の心身状態の確認」  など、部下自身に関する...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■インバスケット・ゲーム研修を  提供している鳥原さんの一冊です。  インバスケットとは、  架空の人物になりきって、  案件を処理していく研修です。  バスケットの中に溜まっている  仕事を処理していくことで  判断力を鍛えるのです。  この本では、インバスケットに限らず  鳥原さんが仕事で注意している点を  教えてもら...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■007(ダブルオーセブン)といえば、  殺しのライセンスを持つ  イギリスMI6の工作員です。  毎回、007は文句も言わず、  困難な任務を全うします。  007も私たちと同じように  Mという上司から指示を受けて仕事をする  公務員(サラリーマン)なのです。 ・「今日、残業いいかな?」  「いまから一杯行こうか?」 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■大学を卒業した著者が、就職を捨て、  1年間生産性を高める実験をして、  ブログに書き込んだ記録です。  就職しないで  こんな実験をするとは  まさにバカといえばバカ。  プロジェクト名はAYOP  (A year of productivity)〈生産性の一年〉。  私なら 15 year of a book a d...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■劇団の前説を30年やってきた  加藤さんの話し方のコツです。  前説の構成は、  はやりツカミが大切。  そこから芝居の解説や  楽しみ方などを解説して、  「携帯の電源を切ってください」  でクライマックスとなります。  最後は締めくくりとして、  開会を宣言するという流れです。 ・僕は、次のような構成で話しています。...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■アイデアで勝負する博報堂の  アイデア会議の手法です。  自由にアイデアを出し合い、  集約していくのは、  よくある手法です。  ただ、上下関係なく  アイデアを集めるという  気迫のようなものを  感じました。 ・打ち合わせには、  必ず刀(アイデア...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■外資系コンサルタント会社を  渡り歩いた著者が教える  組織で出世するコツです。  組織で認められるコツは、  評価する人の期待を  少しだけ上回ること。  完璧な仕事を目指す  必要はないのです。 ・稼げる男は相手の期待を「少しだけ」上回り、  稼げな...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) [Amazon.co.jpで購入する] [楽天ブックスで購入する] ■見える化は、トヨタで生まれ  育った現場経営の手法です。  現場の状況や課題への取り組みを  壁に貼ったり、表示して、  見えるようにする。  当たり前のようですが、  当たり前のことができていない  職場が多いのではないでしょうか。 ・見える化の目的は...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) [楽天ブックスで購入する] ■コンピュータがプロ棋士に勝ってしまう・・  AI、ビッグデータ解析が人の感覚を  超えてしまう時代になりました。  この本では、野球のデータ分析から  多くの定説が修正の必要がある  としています。  まず、二三塁から敬遠して  満塁策を取ることがありますが、  これは確率からすると  得点期...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■65歳まで働く人が増えたためか  年下上司にイライラする人が  増えているそうです。  その反動で、上司に指示に対して、  「〇〇になったらどうするんですか」  「それをやる意味がわかりません」  などと言ってしまう。  上司から見れば、年上部下が、  問題だけならべているように  見えるわけです。  感情的なものだけに...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19

>月別(2002年7月~)