無料メルマガ購読

★4仕事術の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(84点)■著者は日本生命で国際業務部長まで出世し、 後にライフネット生命を創業しています。 本書の内容としては、 ライフネット生命のPRと 仕事の進め方と人間関係の 注意点という内容になっています。 著者がライフネット生命を創業したのは、 「若い世代の保険料を半分にしたい」 という思いがあったらしい。・私たちが後...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■サッカーワールドカップが 盛り上がっていますが、 一チーム23人しかいない 代表選手になるのは大変です。 それに比べれば、 会社の中で出世するのは 非常に簡単と言えるのでしょう。 この本では、普通のサラリーマンが 会社で評価してもらうための 秘訣を学びます。・「上司の手柄を増やす人」は 必ず出世する...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■著者は営業部でバリバリ仕事をして、 3年後にマーケッティング部に 異動になりました。 当時の著者は20枚の出張報告書を書いて、 「次はA4一枚にまとめてね」 と助言する上司に、 「頑張って書いたのに!」 と反発するようなダメ人間だったのです。 さらには、 締め切りが金曜日なのに、 資料ができたのが金曜...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■日本マイクロソフト社長だった 成毛(なるけ)さんの接待法です。 成毛さんは日本人なのに合理的。 接待も費用対効果で考えます。 だから、印象に残らない接待は 意味がないと断言しています。 また、夜の接待ができなければ 同じ予算でお歳暮を贈るらしい。・印象に残らない接待はなかったに等しい。 一方で、強烈なイ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■シカゴ大学助教授の伊藤さんが教える ビッグデータの解析方法です。 伊藤さんはいきなり 世の中は怪しいデータ分析結果で 溢れていると断言しています。 正しいデータ分析を行うには、 同じ環境が前提であり 一部条件が違うものを比較すること。 ネット広告ではABテストといって ランダムに表示した広告A、Bを ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■トヨタの5S (整理、整頓、清掃、清潔、躾)を 小説形式で教えてくれる一冊です。 トヨタの5Sとは 整理整頓をすることは当然ですが、 それを継続し、浸透させることです。 清掃一つで組織のレベルが わかるのですね。・トヨタの現場では昔から 「変化こそが安全性を保証する」と 言われていました・・ 上司か...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■女性の気持ちが知りたいと思って 手にした一冊です。 女性が職場に進出し、 管理職にも女性が増えてきました。 男性としても女性がわからないし、 女性も男性がわからない。 これからは男性、女性の特性を知り、 それに合わせて対応を変えるような 仕事の進め方が大事なのでしょう。・男性には、結論を先に伝える 女...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■外資系コンサルA.T.カーニーの 経営コンサルタントである 著者にコンサルのコツを学びましょう。 経営コンサルタントとして 認められるためには、 自分の土俵を持つことが早道です。 自分の土俵とは、 自分の得意な分野、 仕事のことです。 自分をブランディングする という意味があるのでしょう。・自分の土...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■トヨタ生産方式の父である 大野耐一氏のもとで学んだ 若松さんの一冊です。 トヨタ生産方式といえば、 改善活動、ジャストンタイム、 かんばん方式などが思い浮かびます。 しかし、この本を読んでわかるのは、 トヨタでさえ、現場に新しい方法を 導入するのは難しいということです。 大野さんでさえ、 信頼関係を構...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■国会議員秘書、上場企業役員を歴任し、 現在、コラムニストである 尾藤さんの一冊です。 やっぱりコラムニストは 読まれてなんぼ。 そしてコラムは、 人を動かしてなんぼ。 良いコラムニストは、 良いコピーライターなのです。・私が投稿し、アクセスのよかった記事のタイトル・・ 「食べていると確実に死に近づく食...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■コンサルティング会社のタワーズ・ベリン、 アーサー・D・リトルで事業戦略策定を 支援してきた著者の経験談です。 多くの大企業では、 部門間不可侵条約があり、 全社最適の提案はほとんど 出てこないらしい。 なぜなら、それまでに 部門にまたがる全社最適の提案をした人が、 いかに悲惨なことになったかを 知っ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■アーサーアンダーセン(現在KPMG)で 人事コンサルタントとして学んだ 外資の仕事術です。 日本の会社の人事部で2年間働いただけで、 アーサーアンダーセンのコンサルタント に転職した著者は、衝撃を受けました。 知識がない。 スケジュール管理できない。 文書を書けない。 上司と意思疎通できない。 「この...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■トヨタの製品開発を 定型化した一冊です。 トヨタでは、いろいろ実験し、 その特徴を把握してから 製品を設計するらしい。 つまり、課題への対策案をすべて出し、 実験を基にその対策案を比較・検討し 結果を見える化し、方針を決定するのです。 この本では、 このトヨタの製品開発を リーン製品開発と呼んでいます...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■ディズニーランド、ユニバーサル・ スタジオ・ジャパン(以下USJ)で 人材開発育成トレーナーだった 今井さんの一冊です。 ディズニーランド、USJの現場は、 アルバイトが中心です。 そのアルバイトを統括する現場リーダーは、 短時間で人を育てなくてはならない プレッシャーの下で仕事をしている。 理想が...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■多くの会社の社外取締役でありながら、 毎日のように講演を行い、 著作を書き続ける小宮さんの 時間術です。 まず、効率的な仕事をすることの 原則は、やる気があること。 そして「志」があることです。 「志」から入るのは、 さすが小宮さんだと思いました。・「やる気の高い時間」を持つために・・ 大事なことの二...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20

>月別(2002年7月~)