無料メルマガ購読

★4一流に学ぶの最近の書評

【私の評価】★★★★☆(84点)■今の日本のサッカーをけん引する 中村俊輔選手のサッカーノートです。 ちゃんと目標設定や、 良かった点、悪かった点、 課題とやることをまとめているんですね。・まず最初のページには、短期、中期、長期の目標を分けて 書くように言われた。・・・試合の後には、攻撃面、守備面の プラス面、マイナス面を書き、課題や次の試...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■胃大網動脈を使った心臓の冠状動脈バイパス手術、 そしてバチスタ手術と、心臓外科医として 最先端を歩いてきた須磨さんの記録です。 革新的な手術法を手掛けてきた須磨さんは、 他の例のごとく、日本国内では なかなか評価されなかったようです。・アメリカの学会はクリエイティブなこと、 新しい発想に対し、ポジティブに評...

続きを読む
人生を劇的に変える東国原式勉強法postedwithamazletat09.12.08東国原英夫アスコム売り上げランキング:4446Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(81点)■そのまんま東が、いかにして政治家となったのか。 それは1998年、風俗店で未成年から サービスを受けたと報道され、 芸能界活動を自...

続きを読む
「51歳の左遷」からすべては始まった(PHP新書)postedwithamazletat09.12.04川淵三郎PHP研究所売り上げランキング:5198Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(86点)■Jリーグを作った川淵キャプテンの 生き様をまとめた一冊です。 川淵キャプテンは、サラリーマンとしては 悪く言...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■アサヒビールにおいて、 スーパードライを企画した 松井さんの一冊です。 この本からは、 自信満々な松井さんの 雰囲気が伝わってきます。 実際、社内ではかなり 嫌われていたようです。・本社のマーケティング部に 樽詰酎ハイ商品化計画を提案した。 簡単に一蹴された。・・・ 本社の担当者たちはまたまた、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■常にアグレッシブな大前さんですが、 旅行についても仕事と同様に アグレッシブなようです。 後悔しない、やりたいことはすべてやる、 という大前さんのお勧めする 豪華世界旅行ツアーが15紹介されています。  ・旅とは人生そのものである。・・・   一度しかない人生をより楽しく豊かにするためにも、   やりたい...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■実は、私は村上春樹氏の小説を 読んだことがないのです。 この本を読んで、文章がうまいな、と 感心しました。(村上春樹氏に失礼ではありますが)■と同時に、自分の生活と、 村上氏の生活がよく似ていることに驚きました。 村上氏の生活は、朝五時に起き、夜十時に寝る、 朝は走ってから、執筆活動をしているのです。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■エジソン発明品収集家の著者が教えてくれる 発明家エジソンの生い立ちです。 エジソンの持ち前の好奇心を大きく育てたのは、 やはり母親ナンシーの育て方だったようです。  ・トーマス・エジソンの場合における閃きは、   実は少年時代の「なぜ、なぜ」に始まる。   風はなぜ吹いてくるの?空はナゼ青いの?・・・(p56...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■西田文郎さん、喜多川泰さん、出路雅明さんと 本のソムリエ★★★★★お薦めの オールスターが大集合。 さらに、大感動のロケット・セミナーの植松努さんと 「読書のすすめ」の清水克衛さんの共著ですから、 これは買いに間違いありません。■この本を読むと、みんな苦労しているんだな~と わかります。 西田さ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■石原さんは、23歳のとき活け花を見て感動し、 花屋になることを決心しました。 その後、花屋に弟子入りし、29歳で独立。 長崎で路上販売をはじめます。■ところが閉鎖的な長崎の花市場に入れてもらえず、 結局、久留米市の花市場から片道4時間を 往復する生活をはじめました。 店もたった月5万円、 たたみ一畳分の広...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■ここに紹介される3人は、 日本、いや世界を代表する人たちです。 しかし、その3人すべて 最初から一流の人間だったわけではありません。 逆に、最初は失敗していたと言っていいでしょう。■リゾート再生請負人の星野さんの場合は、 新任社長としてトップダウン経営をしていたとき、 「星野に行くと、殺される」と 従業員...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■昔のビジネス用コンピュータは, パンチカードで入出力されるという とんでもないものでした。 現在のようにキーボードで入力し, モニターで出力される個人用のコンピュータを作ったのが, 著者のスティーブ・ウォズニアックです。■著者は,そのコンピュータを売るために スティーブ・ジョブズと一緒に アップル・コ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■「シャ乱Q」のつんく♂さんの一冊です。 自らを凡人と言っていますが、 売れている凡人を研究すれば売れると 言い切っているところがすごいと思います。■話のネタを準備しておく、 だれにでも礼儀正しくする、 目標は分割するなど、地道なところが好印象でした。 つんく♂さんのプロデュースした人は だいたいうまくいっ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」から 『ルパン三世「カリオストロの城」』『天空の城ラピュタ』 『紅の豚』『もののけ姫』など数多くの名作アニメを 作り上げた宮崎駿監督のエッセイ集です。■この本を読んでわかることは、 宮崎駿監督は一貫して、 良いアニメを作ろうとしてきたということです。 しかし、実...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■数学者 藤原正彦さんのエッセー集です。 膨大なエッセーで読むのが大変でした。 やはり面白いのは、父親の新田次郎と 母親の藤原ていのエピソードでしょう。・父は変わらず仕事に励んでいた。 出世の方はままならず、 いつまでたっても課長補佐で、 新しい課長はいつも東大卒だった。 そんな頃、私が東大に合格した。...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9

>月別(2002年7月~)