★4一流に学ぶの最近のブログ記事

【私の評価】★★★★☆(88点) ■エジソン発明品収集家の著者が教えてくれる  発明家エジソンの生い立ちです。  エジソンの持ち前の好奇心を大きく育てたのは、  やはり母親ナンシーの育て方だったようです。   ・トーマス・エジソンの場合における閃きは、    実は少年時代の「なぜ、なぜ」に始まる。    風はなぜ吹いてくるの?空はナゼ青いの?・・・(p56...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■西田 文郎さん、喜多川 泰さん、出路 雅明さんと  本のソムリエ★★★★★お薦めの  オールスターが大集合。  さらに、大感動のロケット・セミナーの植松 努さんと  「読書のすすめ」の清水 克衛さんの共著ですから、  これは買いに間違いありません。 ■この本を読むと、みんな苦労しているんだな~と  わかります。  西田さ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■石原さんは、23歳のとき活け花を見て感動し、  花屋になることを決心しました。  その後、花屋に弟子入りし、29歳で独立。  長崎で路上販売をはじめます。 ■ところが閉鎖的な長崎の花市場に入れてもらえず、  結局、久留米市の花市場から片道4時間を  往復する生活をはじめました。  店もたった月5万円、  たたみ一畳分の広...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■ここに紹介される3人は、  日本、いや世界を代表する人たちです。  しかし、その3人すべて  最初から一流の人間だったわけではありません。  逆に、最初は失敗していたと言っていいでしょう。 ■リゾート再生請負人の星野さんの場合は、  新任社長としてトップダウン経営をしていたとき、  「星野に行くと、殺される」と従業員が逃...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点) ■昔のビジネス用コンピュータは,  パンチカードで入出力されるという  とんでもないものでした。  現在のようにキーボードで入力し,  モニターで出力される個人用のコンピュータを作ったのが,  著者のスティーブ・ウォズニアックです。 ■著者は,そのコンピュータを売るために  スティーブ・ジョブズと一緒に  アップル・コ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■「シャ乱Q」のつんく♂さんの一冊です。  自らを凡人と言っていますが、  売れている凡人を研究すれば売れると  言い切っているところがすごいと思います。 ■話のネタを準備しておく、  だれにでも礼儀正しくする、  目標は分割するなど、地道なところが好印象でした。  つんく♂さんのプロデュースした人は  だいたいうまくいっ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■テレビアニメの「アルプスの少女ハイジ」から  『ルパン三世「カリオストロの城」』『天空の城ラピュタ』  『紅の豚』『もののけ姫』など数多くの名作アニメを  作り上げた宮崎 駿 監督のエッセイ集です。 ■この本を読んでわかることは、  宮崎 駿 監督は一貫して、  良いアニメを作ろうとしてきたということです。  しかし、実...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■数学者 藤原 正彦さんのエッセー集です。  膨大なエッセーで読むのが大変でした。  やはり面白いのは、父親の新田次郎と  母親の藤原ていのエピソードでしょう。 ・父は変わらず仕事に励んでいた。  出世の方はままならず、  いつまでたっても課長補佐で、  新しい課長はいつも東大卒だった。  そんな頃、私が東大に合格した。 ...
続きを読む
世界に誇る日本の道徳力―心に響く二宮尊徳90の名言posted with amazlet at 08.06.15石川 佐智子 コスモトゥーワン 売り上げランキング: 2230おすすめ度の平均: 金次郎のことは知っていても二宮尊徳先生のことは知っていますか?この本は解りやすくてよい!Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★☆(83点) ■...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■「声に出して読みたい日本語」の齋藤 孝さんと、  「ウェブ進化論」の梅田さんの対談です。  私の興味は、齋藤 孝さんの教育と人生設計の  考え方に集中しました。 ■まずは、齋藤さんの教育観です。  齋藤さんは大学で教えていますので、  現場感覚から「ゆとり教育」には  真っ向反対です。(私も同感)  もし、彼が文部大臣に...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■「国家の品格」の数学者、藤原正彦さんが、  世界の天才数学者9人の成功と挫折の人生を  まとめた一冊です。  天才の生まれ育った国を実際に訪れ、旅行記として  その天才数学者の生涯を描写しています。  天才数学者が育った国家と、その時代背景。  両親と育った家、学校、先生・・・  これはもう歴史小説のレベルです。   ・...
続きを読む
帝国ホテル厨房物語―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)posted with amazlet at 10.09.19村上 信夫 日本経済新聞社 売り上げランキング: 103222Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★☆(82点) ■尋常小学校を卒業した十二歳の村上青年は、  腕の立つコックになろうと決意しました。  そして、喫茶店の小僧...
続きを読む
壁を越える技術posted with amazlet at 11.06.05西谷 昇二 サンマーク 売り上げランキング: 86786Amazon.co.jp で詳細を見る 【私の評価】★★★★☆(88点) ■進学塾で20年間トップ英語講師を勤める  西谷さんの一冊です。 ■西谷さんが伝えたいことは、  人生には壁があるということです。  しかも、壁はあちこち...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点) ■著者は、米国ハーバード大学医学部の研究員として、  細胞内部でのタンパク質の流れについて研究しました。  細胞を研究してきて分かったことは、  生物というものがいかに精巧であり、  偉大な適用力を持ったものであるかということです。 ■遺伝子の中に含まれた情報をもとに、  外部から栄養を吸収し、  絶えず死滅・生成を繰り返...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■人間には、器があります。  人間の器とは、測るに測れぬものですが、  その人の人生を左右する  重要な指標でもあります。  この本では、( 人間の器 )をテーマに  著者が自分の経験談を交えて、  エッセー風に語ってくれます。 ■人間の器を大きくするコツは、  3つに集約されるのですが、  それらが、著者の経験談から導き...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)