★4一流に学ぶの最近のブログ記事

【私の評価】★★★★☆(83点) ■テレビでおなじみ明治大学教授 斉藤孝先生が、  「自分の考え」を持つために  学生に伝えていることです。  まず、ネット上に書評を書こう!  と推薦しています。  私じゃないですが、  書評を書き続けると、  すぐに気の利いたことが言えるように  なるらしい。 ・いいレビューを書きたいなら"身銭"を切れ(p31) ■普段...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点) ■ケンタッキーフライドチキンの前に立っている  カーネルおじさん。  本名は、  ハーランド・デビッド・サンダースです。  ガソリンスタンドを経営し、  飲食店やホテルを併設して  元気な中小企業のおやじさんといった風です。  しかし、不況とお客の流れが変わり、  65歳にして一文無しとなります。  そこで始めたのは、  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点) ■99%の確率でジャンケンに勝つという、  夜の会員制高級クラブのママの一冊です。  三年間は名前を顔を忘れないという  恐るべき女性です。  そうした女性が見る頭角をあらわす男性とは、  どんな人なのでしょうか。 ・本来電話のお礼というのは略式であることを  認識してほしいですね。  ほんのひとことでも季節を感じさせる葉...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点) ■年間300回以上講演するという  人気講師の一冊。  講演前の準備としての  台本づくりを教えてくれます。  まず、やることは、  何を伝えたいのか、  はっきりさせること。  自分は何のために、  講演をしているのか?  ということですね。 ・まず「志シート」をつくてみましょう。  自分の講師としての「志」と「目的」、...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■ロケット開発の糸川先生の一冊です。  糸川先生は、10年単位で研究テーマを  変えていきました。  飛行機→音響学(脳波・心電図)→ロケット→  組織(システム)→民族工学  10年で研究テーマを変えるというのは、  決断力がすごいな!と  感嘆しました。 ・わたしは、ほぼ十年ごとに仕事をかえてきた。   かえるたびにい...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■なぜか、これまでご紹介してこなかった一冊。  松下幸之助さんの心得帖シリーズは、  すべて持っています。  お得ですので、一度全部  揃えていただきたいと思います。  松下幸之助さんの考え方は、  やはり仕事を通じて社会に貢献する  ということでしょうか。 ・会社というものを信頼し、"自分もよき社員として成長し、  会社...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■最後のフィクサーと言われる  著者の人生がものすごい。  父の死により、20代で倒産しそうな会社を引き継ぎ、  真剣勝負で、1.5億円の売り上げを150億円にする。  30代は、豊富な資金を背景に、  海外の独立運動、革命運動に資金提供。  国内では、後藤田正晴を支援したという。 ・真剣勝負をしなければ、人は動かない。 ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■クイズ形式で、一流の人の考え方を   教えてくれる一冊。  やはりクイズ形式はおもしろい。  私も実はこんな本を  書いてみたかったのかもしれません。 ・炎に包まれる学校を見ながら、  小林校長が息子に言った言葉は何だったでしょう?    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・    ・...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点) ■著者は阪神淡路大震災で、  家と財産を全てを失いました。  唯一残された車のトランクに  ゴルフのクラブが残っていた。  著者は、「そんなの無理」という声を押し切って、  60歳前のプロゴルファーを目指します。 ・私は震災ですべて失ってしまいましたが、  奇跡的にも、ゴルフバックだけが焼け残っていた・・・  そのクラブを...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点) ■危機管理のエキスパート、  佐々 淳行(あつゆき)さんの一冊です。  危機とは、いつ起こるかわからない。  だから日頃の準備が必要となります。  ここでいう準備とは、  危機にあってリーダーが決断できるのか。  そして、リーダーの決断に  組織として行動できるのか  ということです。 ・後藤田正晴元官房長官の「五戒」・・...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点) ■この本を読んで驚くのは、  1970年代にしてすでに松下幸之助は、  このままでは日本は危ないと警鐘を鳴らしています。  独立自立の人が減って、  他人に頼る人が増えてきている。  自分で立ち上がろうとする人こそが、  町を作り、都市を作り、  国家を作っているのです。 ・水害が起こった。そして一つの町がすっかり流されて...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点) ■江戸川区の本のソムリエ、清水さんの一冊です。 ・たった一冊の本との出合い、  人との出会いで、  人生はガラッと変わる。(p4)  という清水さんの想いに100%同意します。  私も本との出合いで人生が変わりましたので。 ■いまだ社会には「学歴」という幽霊が闊歩していますが、  清水さんは「読書歴」が大切と言います。  ...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点) ■東京大学にも落語研究会はありますが、  実際に落語家となった人はいませんでした。  東大卒でも前座となれば、  厳しい修行と一日千円。  しかし、ついに東大卒の  落語家の卵が産まれました。 ・楽屋では、前座は自分の師匠だけのお世話をすればいいのではない。  楽屋にいるすべての師匠のお世話をしなければならないのだ。(p2...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点) ■三百年の歴史を持つ酒蔵「寺田本家」。  ここでは、無農薬、無化学肥料のお米を使って、  添加物を一切使わない昔ながらのお酒を造っています。  本物のお酒は二日酔いにならないのですね。 ・価格は三倍しますが無農薬の米と麹、そして  寺田本家が代々いただいてきた神崎神社の清水のみを原料に、  昔ながらの自然造りの酒を造り始め...
続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点) ■「常識に囚われず、自分で考えよう!」  という一冊でした。  国会議員の数をどうやって削減するのか・・・  地盤が弱い浦安に団地と  学校を作るならどうするか・・・  さて、あなたならどう考えますか? ・ある人は「国会議員の数が多すぎる・・」という・・  現職議員に「この定数削減法案に賛成してください。  その代わり、こ...
続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8 9

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)