無料メルマガ購読

★4文学と小説の最近の書評

気運(しお)とはおそろしい。庄九郎の信ずるところでは、「気運が来るまでのあいだ、気ながく待ち、あらゆる下準備をととのえてゆく者が智者である」といい、「その気運がくるや、それをつかんでひと息に駈けあがる者を英雄」という●この言葉は、目的を持つ人のための言葉です。 なぜなら、目的を持たない人は、 なんの準備をしてよいのか分かりませんし、 気運(し...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)この世の中で,一番怖いリスクは,じつは人間なんです。●サラリーマンの生涯賃金は 2億円とも3億円とも言われています。 ある人を採用すると、退職までに それだけの金額が支出されるのです。●しかし、その人が3億円以上の利益を会社にもたらすのか、 それとも会社に大損失をもたらすのかは 全く分かりません。 そうい...

続きを読む
1 2 3 4 5

>月別(2002年7月~)