無料メルマガ購読

★4お金・健康の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(83点)■女性がよく買うものの一つに ダイエット食品があります。 "これを食べるだけでやせられる。" こう言われると、思わず買ってしまう 気持ちもわかります。 ・ニセ体験談でニセ写真であっても、  "本当であって欲しい"という  欲望の強さのあまりに両目をつぶって、  自分から術にハマりに行ってしまう  ・・・ダ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)●大学で教える授業は役立たないものばかりと思っていましたが、 東京大学工学部で「社会人学」という形で ( お金 )について教えているとは驚きでした。 その内容も、商社マンが作成した実用的な内容であり、 できれば義務教育で教えたい 的確な内容だと感じました。●まずは、お金のコントロールです。 日本人にも( お金...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)●上場企業100社以上の大株主で、 日本のバフェットと呼ばれる 竹田さんの一冊です。 楽しく生きるコツについて教えてくれるのですが、 普通の人には、ぴんとこない内容かもしれません。 「ありがとう」を唱えるなど、 普通すぎて理解できないのです。 ・僕の場合は、毎日、40分ぐらい  「ありがとう」を唱えるのが習...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆87点●著者の赤峰さんは、30年間農業一筋です。 最初の20年間は、試行錯誤の毎日でした。 赤峰さんは言います。 いまの農業は、化学肥料と農薬で土を殺す。 すると作物が病気になる。さらに農薬を撒く。 農薬と化学肥料で土が痩せて硬くなるの、 トラクターを買わせて畑を耕させる。 この繰り返しだそうです。 ・化学肥料でごま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆88点●お金とは不思議なもので、ないと非常に困りますが、 あってもそれなりに困るもののようです。 経済発展とともにお金を持つようなった日本人には、 お金について学ぶ必要があるのかもしれません。 ・「日本人はお金持ちとよくいわれるが、  ウチにはお金がなくて自分は貧乏だ。  毎月、思うように貯金ができなくて将来が不安だ」...

続きを読む
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)83点●本田健さんは経営コンサルティング会社、会計事務所、 ベンチャーキャピタル会社などを経営していますので、 いわゆるお金持ちがお客さまです。 ところが、世間では成功者と言われるそれらの人々の多くが、 不幸であることに本田さんは気づきます。●そうした人たちは、BMWのM3のような高級車...

続きを読む
(私の評価:★★★★☆:お薦めです!)(85点)●逢坂ユリは、働く女性を目指して ニューヨークにいました。 英語に苦労しながらも 有名私立大学を成績優秀者として卒業し、 大手投資銀行から内定をもらいます。 ところが、そんなとき、父と祖父が病気で倒れ、 日本へ帰国することになります。●なんとか日本でOLとして就職したものの、 月給20万円...

続きを読む
(私の評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です)●世界一の投資家といわれる ウォーレン・バフェットの半生を描いた一冊です。 ウォーレン・バフェットは、現在でも石油を買ったり、 穀物を買ったりして、業界を左右させるだけの 力を持っているようです。●しかし、その基本的考え方は以外なほど単純であり、 「適正価格より安ければ買う」そして、 ...

続きを読む
(評価:★★★★☆)88点●お金をテーマにした糸井重里さんと 邱永漢さんの対談です。 糸井重里さんはライターであり その分野では色々な経験をされているのでしょうが、 邱永漢さんのように色々な国で 色々な商売をやっている人と比べると、 どうしても格の違いが目に付きました。 子どもとの付き合い方ということを 一つ取ってみても、そこには、 天...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)●世の中にはコツがあって、 コツを会得した人であればその人は成功しますし、 反対にコツがわからないと、 その人は成功しないでしょう。 成功しないだけでなく、 破産してしまうかもしれません。●コツを知ることがいかに大切かということです。 竹田和平さんのお話を聞いていると、 松下幸之助、邱永漢といった成功した...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)●書名のバフェットとは、 世界一の投資家として知られる ウォーレン・バフェットのことです。 バフェット氏は自らが経営する 投資会社バークシャー・ハサウェイ社の株主へむけて 「会長からの手紙」を出しており、 それをテーマ別にわけたのがこの本というわけです。●本のまとめかたとしては今一なのですが、 「会長からの...

続きを読む
(評価:★★★★☆)86点●邱永漢さんの本は、 だいたい買うことにしています。 なぜなら、邱永漢さんの本には "はずれ"がないからです。 ・事業をやる人は一年先を考えよ、  あんまり先を考えるな(p80)●邱永漢さんの本を読むと、 同じようなことが書いてあることもあるのですが、 それもまたよし、 と思わせてくれる深みがあるのです。...

続きを読む
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)85点●ベンジャミン・フランクリンと言えば、合衆国独立に貢献した政治家、 雷と電気の研究家、そして忘れてならないのは印刷業と新聞発行で 成功したビジネスマンということです。 ・お金は子どもを生み、殖え続けるもの  ということを忘れないでください。(p10)●この本のメインである「富への道(プ...

続きを読む
(評価:★★★★☆:買いましょう。素晴らしい本です。)83点●生きていくうえで、"お金"はとても大切なものです。 お金があってこそ物の交換がうまくゆき、 経済が成り立っていくのです。 南の国に行かなくてもバナナが食べることができる。 これこそお金の力かもしれません。●しかし、その素晴らしい機能を持ったお金が万能かというと 決してそうではあり...

続きを読む
(評価:★★★★邱先生の本は買うべし)87点●お金の考え方については, 絶対的な信頼を邱永漢先生に置いています。 なにしろ御自身が商売をやってみて 実験しているわけですから, これこそ実学です。 こんな↓無料サイトも運営されていています。「ハイハイQさんQさんデス」●そういえば,最近「小金持ちになろう!」 などという本が多いですが, 邱...

続きを読む
1 2 3 4

>月別(2002年7月~)