無料メルマガ購読

★4お金・健康の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(82点)■いきなり、「薬は毒」で始まる一冊です。 著者(お医者さん)は、ほとんど薬を飲まないし、 お客さまにも出さないという。 それは、「薬は毒」だからです。 薬漬けの老人などは、 精神安定剤、睡眠薬、降血圧剤を減らしていくと ボケが治る人が多いそうです。・私自身、ほとんど薬を飲みませんし、 患者さんにもめったに薬...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■また、単なる正座じゃないか、 とそこらへんに置いていた本です。 ただ、本に書いてあることは 何でもやってみるのが私のポリシー。 お奨めのとおり、 お風呂でやっていました。・痛みを我慢しながら無理やり 正座をしようと思わないでください・・・ まずはお風呂で行うことからはじめてみましょう(p112)■ところ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■お金の本質を考えながら、 現代社会のお金戦略を 提案する一冊です。 お金の始まりは、 物々交換の代替手段です。 そこから発展してお金は 信用だけで発行されるようになりました。 紙幣とは、信用に頼った 現代の錬金術なのです。・マルコ・ポーロは「お札」に非常に感銘を受け、   「紙をおカネにすることは錬金...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■単なる貯蓄と運用の本かと思ったら、 お金持ち思考と貧乏思考を比較する一冊。 著者は、資産家から100億円の借金と 上げ下げの激しい人生を経験しています。 本当の幸せとは何なのか。 本当の自分とは何なのか。 お金があれば幸せになれるとは限りませんが、 お金がなければ実現しない夢もあります。 お金は道具でしか...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■かなり前に読んだ一冊です。 なぜかご紹介していませんでしたので、 ご紹介します。 今思い出すと、家を購入したのは、 この本を読んだのが きっかけだったと思います。・持ち家がある人には、多くの恵みがもたらされます・・ 住まいをわがものとせよ(p64)■基本は非常にシンプルです。 まず、種銭を作ります。 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■株式投資で年率20%以上の収益を 50年も継続してきたウォーレン・バフェット。 この本では、バフェットの保有する 会社(ポートフォリオ)を紹介しています。 これらの企業の業績を見ていると、 常に利益を出し続け、 一株あたりの総資産は、  どんどん増えています。 結果して、 バフェットのポートフォリオは...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■裏金の世界を書いたマンガ「ナニワ金融道」は、 面白いと思っていましたが、 その解説版です。 あまりそうした世界とは関係ないと 思っていましたが、 住宅ローンは借金です。 返せなくなれば、 家を競売にかけられる ことになるのです。・道具屋は、予定通り競売にかけられた商品を値付けされた額で 買い取る・・・...

続きを読む
略奪大国~あなたの貯金が盗まれている!~postedwithヨメレバジェームス・スキナーフォレスト出版2011-12-21Amazon楽天ブックス【私の評価】★★★★☆(84点)■日本では国債発行は法律違反です。 だから、毎年、特例法が必要。 ジェームスさんは金融詐欺と言っています。 なぜなら、国債利払いを国債で行っており、 ねず...

続きを読む
大往生したけりゃ医療とかかわるな(幻冬舎新書)postedwithamazletat12.01.28中村仁一幻冬舎売り上げランキング:16672Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(85点)■老医師による大往生のための提案です。 つまり、年をとったら 延命治療はするな、 ということ。 現代の医療でも完治...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■この本では、お金持ちになるためには、 順番があるということを 教えてもらいます。 その順番とは、  1 豊かさが似合う人になる  2 豊かさにふさわしい行動をとる  3 実際に豊かさを所有する ということです。■つまり、豊かさには3種類あって 心の豊かさ、そこから続く行動、 そして物質的な豊かさになっ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■日本一の大投資家といわれる 竹田和平さんを紹介する一冊です。 竹田和平さんは、 タマゴボーロで有名な竹田製菓のオーナーであり、 さらに、百社以上の上場会社の大株主でもあります。■竹田さんが株式投資をはじめたのは、 本業で余剰資金があったからです。 本業では設備投資が一巡すると、 お金が余ることがあります。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■サラリーマンから不動産投資をはじめ、 家賃収入だけで年間5000万円以上になった 著者の一冊です。 不動産の基本はやはり同じようで、 とにかく数多くの物件を見ているようです。 著者の場合、 5000軒の情報から現地に行くのは50件。 そのうち買付を入れるのは10件で、 実際に買えるのは1件。 こうして数...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■免疫学の視点から、現代医療に 一つの仮説を投げかける一冊です。 その仮説とは、「(ほとんどの)病気は薬では治らない」 というものです。 急性の感染症などは薬での応急処置が必要となりますが、 慢性病は病院では治せないということです。■たとえば、高血圧の人は、 高血圧になった原因があるはずです。 いつも、イ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■学者として成果を出しながら、 その一方で貯蓄と副業と投資で、 莫大な財産を作り上げた本多静六氏の一冊です。 3冊シリーズになっていますが、 この本では「人生計画」の立て方を学びます。  ・いわゆる人生計画は、向上心の充足   つまりは「努力の予定表」なのである。(p30)■本多先生は、若いときに二十年区切...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■著者は1年間で50kgを減量しました。 ダイエットしたわけではなく、 単に「食事を記録」しただけです。  ・まさか記録するだけでダイエットになるとは夢にも思わず、   ただひたすら食事メモをとり続けていた。   当時の私は「やせたい」ではなく、   「なぜ私は太っているのか?」   という疑問の答えが知りた...

続きを読む
1 2 3 4

>月別(2002年7月~)