★4人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(84点)■名前についての トピックを集めた一冊です。 命名学には興味はありませんでしたが、 確かに名前には不思議な力があり、 大切なものであることは否定できません。■商品においても名前は大切であり、 売上を大きく左右するものです。 たとえば、通勤快速、スーパードライ、写ルンですなど、 その覚えやすい名前が少なからず...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■子持ちのシングルマザーと、女性に自信のない大学教授が、 自分を高めるなかで出会い、 人生を変えていくという物語です。 人間は、自分の器に応じた人を 引き寄せる力を持っています。 男性と付き合うと、なぜかその人は ギャンブル好きなんだよな~という女性がいたとすれば、 その人がそうした人を引き寄せている可能性は...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■デパートやアウトレットでよく見かける 女性向けのアパレル・ブランド・ショップ。 この本は、カリスマ・アパレル販売員の著者が 自分の成長体験談を教えてくれる一冊です。■販売員は、接客、レジ、在庫管理、ディスプレーと 非常に忙しい職場です。 そして、その忙しい職場において、 いかにディスプレーや店作りで在庫を売...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■一人の働く女性が、 仕事の失敗から、自分の心のトラウマに気づいて、 立ち直っていく物語です。 この物語は、実際に著者が係わった女性の 実話を参考にしているようで、 今の仕事と上司に不満を持っている人には、 共感するところが多いのではないでしょうか。  ・「問題をいっぱい抱えている人には、   共通の口ぐせ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■著者のカウンセリングを受けた男女が、  ちょっと考え方を変えただけで、人間的に成長し、 カップルとして歩み出したという実話です。 実話というのが、インパクトがありました。■男性の方は、アルコール依存症で 会社からリストラされ、肝硬変で病院通いです。 カウンセリングを受けると、男性は、 父親のことを恨んでいる...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(87点)■大峯千日回峰行(おおみねせんにちかいほうぎょう) という「修行」があるらしい。 高低差1300メートル往復48キロメートルを 一日16時間かけて往復し、それを1000往復、 48000キロメートル歩き続ける修行です。 (地球一周より長いじゃないですか)■この本を読むと、確かにこの大峯千日回峰行は すごいな~...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■27歳で会社を退職。 自営業として働くもすべて失敗。 著者は、ガソリンスタンドで アルバイトをしていました。 借金を抱え、「このまま一生を終わるのか・・・」と 思っているとき、ある人から 自己啓発セミナーを紹介されます。 それをきっかけに著者は、 セミナーにどんどん参加しはじめました。■そして、33歳の...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■よく成功哲学の本を読んでもうまくいかないのは、 心がまだ整理されていないからだと 言われることがあります。 これは、イメージや繰り返しにより 潜在意識を活用しようとしても、 心の土壌にそれを受け入れる準備が できていないということでしょう。■この本では、その心の状態を、 「天使」と「悪魔」で説明してくれま...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■「親は、子どもに育てられる」と よく言われます。 私も親として、これは本当だと思います。 やらざるをえなくなって、 人は学んでいくものであると感じるからです。■この本ではプロのコーチである著者が、 子育ての中で応用できそうなコーチングの技術を 解説してくれます。 プロのコーチであっても、 子育てでは、う...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■人はそれぞれ性格も考え方も違うものですが、 男性と女性でも大きな差が見られます。 この本では、こうした男性と女性の違いを解説し、 考え方の違いによる衝突や誤解を 避ける方法を教えてくれます。■まず、女性は感情の動物であることを 理解する必要があるのでしょう。 女性は、理性的な解決よりも、 感情を発散させる...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■職場で使える「心理テクニック」集です。 ときどき「悪の職場テクニック」とも言える ヤバイ技術も書いてあって、飽きません。■たとえば、何かを頼む時には、 必ず理由をつけるようにします。 本当は感覚的なもので、理由はない場合でも、 理由があったほうが指示された人としては 従いやすいものです。  ・職場では、言...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■この本の「自分の気持ちを相手にきちんと伝える技術」は、 アメリカで発達したようですが、 この技術が本当に必要なのは日本人でしょう。 まず、基本は自分の気持ちを 理解することです。 私も自分の気持ちがよくわからない傾向があって、 同僚の発言に、もやもやした感覚を持って、 しばらくしてから「あっ、これが不満だっ...

続きを読む
出逢いの大学postedwithamazletat08.06.26千葉智之東洋経済新報社売り上げランキング:78Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(84点)■「仕組み仕事術」のような本が増えてきましたが、 今回は、人脈を作る仕組みを作ろうという一冊です。 著者は、「パワーランチ」 「パワーディナー」を主催す...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■銀座の会員制クラブのママが明かす、 成功している人たちの口癖集です。 ママが、成功者と言われるお客さまと 接するなかで、学び取った 「知恵の言葉」ともいえるでしょう。■意外なことに、始めの学びは、 「時間を守る」ということです。 あまりに基本的なことで意外だったのですが、 常に30分前には到着している人と...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■仕事の9割は、人間関係がにぎっています。 つまり、人を動かすコミュニケーションが 仕事では重要なポイントとなるのです。 この本では、心理学の観点から 仕事で使えるコミュニケーション技術を学びます。■まず、基本は信頼関係です。 人間は、話の内容で動くというようりも、 話す人を見て動く傾向があります。 ですか...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)