無料メルマガ購読

★4人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(84点)■人とのコミュニケーションで、 人をタイプ分けするのは 一つの常識です。 相手に会った対応をする。 タイプによって 対応を変えるわけですね。・消極会話派と話をするときに・・・ 「沈黙を恐れてはいけない」(p131)■社会人10年、20年ともなれば、 人とのコミュニケーションの技術は、 経験から体得済みの...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■自分を肯定しよう! という一冊です。 人から認められたいと言う前に、 自分で自分を認めてあげる。 人はだれでも、 そのままで素晴らしいのです。・大切なのは「人からどう思われるか」ではなく、 「あなたが自分をどう思っているか」です。 幸せは、「そのままの自分を、どれほど肯定できるか」 で決まります(p34...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■心の状態を測定し、 心の状態を良くしていこう"という一冊です。 その心の状態を測定する方法は、 『わたしは、自分自身を愛しています』。 と3回言ってみること。 そして、そのコトバが 何色をしているか 確認します。・『わたしは、自分自身を受け入れます』と、 3回言ってみてください。そして、そのコトバが ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■自分にちょっと自信がない・・・ という人に向けた一冊です。 人は過去の経験・体験から 反応パターンを形成しています。 否定されたときに、 攻撃して解決した人は、 同じ行動をしようとする。 否定されたときに、 自分を押し殺して解決した人は、 また同じことをしてしまう。 人は、プログラムされているのです。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■ストレス初心者向けの本ということで、 お勧めの一冊です。 社会に出るといろいろストレスにさらされます。 そうしたストレスへの 対処法を持っていないと大変なことに なってしまいますよ!・常にストレスレベルをチェックする(p36)■まずは、自分のストレスレベルを把握することです。 体調が悪くなってくると、 ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■歳をとってくると「習慣の力」の偉大さに 気づきます。 というよりも、いかに「習慣」を変えるのかが、 自分の人生を大きく変えていくということ。 この本では、「良い習慣」の作り方を  多くの例を見ながら学びます。・ギャンブル依存症は意思か習慣か(p335)■習慣とは、条件反射と同じです。 繰り返し行うことで、...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■仏教の修養法である「内観」のすすめです。 「内観」とは、1週間にわたって、 身近な人について自分の人生をさかのぼって、 記憶をたどっていくもの。 お母さんについて、 お母さんにしてもらったこと、 お母さんにお返ししたこと、 お母さんに迷惑をかけたこと を考えていきます。・「私を生んでくれてありがとう」...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(89点)■著者の肩書のメンタリストとは、 人の心を読み、操る人。 この本では、職場でも使えそうな 心理戦術を学びましょう。 まずは、対話のテクニックです。 自分から打ち明けることで、 相手が自分を出しやすい雰囲気を 作るのがポイントです。・「相手を誘導する」テクニック・・・ 自分が聞きたいことは、 まず自分から...

続きを読む
「NO!ビジネス心理戦で絶対に負けない「超」交渉術」ジム・キャンプ、ダイレクト出版【私の評価】★★★★☆(83点)■「ノー」ということから交渉は始まります。 「ノー」と言った瞬間、 決断は相手の手に移ります。 こちらが悩むのではなく、 相手が悩む番なのです。 「ノー」と言えないのは日本人だけかと思ったら、 アメリカ人にも「ノー」と言えない...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■仕事をしていると、 「この人は口がうまいな!」 という人がいるものです。 口がうまいとは、  アナウンサーのように話が流暢という ことではありません。 その場、その場で 適切な発言ができるということです。 この本では、ヤクザを例として 競争社会で出世していくための 上司対処法を学びます。・「あんな課...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■「論語読みの論語知らず」とも言われますが、 はたして私たちは、 本当の孔子を知っているのでしょうか。 この本では、台湾出身の邱永漢さんが、 孔子の素顔を解説してくれます。・私の知っている孔子は、仁徳のある男でもなければ、 清廉潔白な男でもなく、卓見ではあったが、相当のやかまし屋で、 そのためにあまり恵まれ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(82点)■歴史に学ぶ人間の器量です。 「人間の器量」とは、 人に好かれることだと感じました。 逆にいえば、 人に嫌われないこと。 いくら正しくても、 いくら良いことでも、 人に嫌われたら何もできないのです。 頭の良い人ほど、 落とし穴に落ちる 可能性があるようです。・お前(三成)は頭がいい。また、確かに正しい...

続きを読む
あなたはもっと怒っていいpostedwithamazletat12.10.16和田秀樹新講社売り上げランキング:508401Amazon.co.jpで詳細を見る【私の評価】★★★★☆(82点)■普段からボケと突っ込みを訓練している関西人や、 弱みにつけこむその筋の人でなければ、 ふつうの日本人なら怒らないもの。 いわんや震災と放射...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■世の中には、 「ライフハック・・」、 「仕事がデキる人になる・・・」 といったテクニック系の本が 多いように感じます。 確かに若いときには テクニックが必要かもしれませんが、 年をとってくると、 それだけでは限界がきます。 つまり「人を動かす」ことが 必要となってくるからです。 その意味で、この本は...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■傾聴、うなずき、心理学、コーチング、 コールドリーディング・・・ 世の中には「人を動かす」技術が たくさん存在します。 この本では、マジシャンが使っている 「人を動かす」技術と その応用法を紹介してくれます。・興味を持ってくれる魔法の言葉・・・ 「○○さんは、不思議なことって好きですか?」■基本的に、マ...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

>月別(2002年7月~)