★4人間・心理学の最近の書評

【私の評価】★★★★☆(88点)■アメリカ陸軍取調官の教える 取調べのテクニックです。 著者は、退役後、この捕虜から 情報を引き出すテクニックが 日常生活で活用可能と気づきました。 他人の弱みを発見し、 そこを徹底して攻撃する。 「交渉」「しつけ」「指導」と言われたり、 あるいは"いじめ""ハラスメント"と 言われるものと似ているのです...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■アメリカにも日本にも、 責める人がいれば、 責められる人がいます。 ボケと突っ込みのようなものですが、 ボケを好きでやっている人は、 あまりいないのではないでしょうか。 そのかわり 好きで突っ込みをやっている人は 多いように思います。・有毒人間・・わたしたちの言葉や行動を ひたすら批評しつづけるのです...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(86点)■人の性格は人それぞれです。 この本では、人の性格を 男性脳と女性脳にわけて、 その特性を分析します。 男性脳は、自尊心を求め、 女性脳は、共感を求めるのです。・男性脳の場合は 「自尊心のくすぐり」から入る。 女性脳の場合は 「共感の提示」から入る(p86)■つまり、 相手が男性脳なら、 結果を認め...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■世の中には、 認めてもらおうと頑張る人と、 そういう人を低い位置に置きながら 支配しようとする人がいます。 著者は、 前者を従順な人、 後者を搾取する人、 と呼んでいます。 前者は良い人なのですが、 どこかオドオドしている。 そこを見透かされ、 搾取タイプの人に 舐められるのです。・人は、不安か...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■今年30歳となる女子プロゴルファー 宮里藍さんが2008年に書いた一冊です。 彼女は2006年に米国ツアーに参戦し、 調子を崩して、悩みながら 復活の過程にある状況がわかります。 調子を崩した原因は、 フォームの改造を考えたところに あったようです。 結果して自分のスィングを 見失ってしまったのです。...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(81点)■NLPとは、神経言語プログラミング: (Neuro-LinguisticProgramming:NLP) 脳をプログラミングするということ。 イメージによってセルフイメージを 書き換えるイメージトレーニング のようなものでしょうか。 この本では、その実践手法(ワーク)の 具体的中味を学びます。・「でき...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(84点)■人間とは不思議なもので、 「先生に怒られた」 「上司に叱られた」 と簡単に落ち込んでしまう人がいます。 その一方で、 「あんな言い方はないだろう。」 「自分では、できないくせに!」 と怒りと反発心で いっぱいの人もいます。・ストレスと一体化している自分に気づく・・ 第三者の視点で見る・・・ その行為...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■部下をどう指導したらよいのか、 悩んでいる人は多いと思います。 とくに「できる人」は、 「できない人」の気持ちが 分かりません。 部下の気持ちが分からない状態で、 上司の立場になってしまうと、 悩みは深くなります。・「できる人」には、陥りやすい3つの罠・・・ "頑張るからこそ成長する"という思い込み。・...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■だれでも 「分かりやすく話したい!」 と、考えていると思います。 しかし、 自分の話がちゃんと伝わっていない。 誤解されることがある。 話が分かりにくいと言われてしまう。 そんなあなたに ぴったりの一冊かもしれません。・うまく話すことはできなくても、 「話すべき内容を話すべき相手に 正確に伝えられる...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(88点)■日本一高額なコンサルタントが 悩み、学び続けた中で、 最後にたどりついたのは・・・ 「心理学を応用したコミュニケーションの技術」 でした。 この本では、 その技術の標準的なところを 学んでいきましょう。 たとえば、 コンサルティングでの、 声のかけ方一つにも、 ちゃんと意味があるのです。・「コンサ...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■ヒット連発のNHKディレクターから 会話のコツを教えてもらいましょう。 初対面の人と話すときは、 無理に対応する必要はありません。 自分を良く見せようと無理をすると 相手も緊張します。 まずは、相手を知ること。 そのために質問し、 聞き役に徹しましょう。・仲がよいとまではいえない人と、話す場面・・ 焦...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■本当に楽に生きる技術です。 心理療法から催眠、そして NLPの技術などを紹介しています。 まずは、自分や現在の状況を 客観的に知ることからはじめるのですね。・だれかに相談する たとえ有効な解決策をもらえなかったとしても、 自分の抱えている悩みが整理できるため、 それだけでも気持ちが いくらか「らく」にな...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(80点)■アドラーとは100年も前の 心理学者です。 その考え方は、現代の成功法則に とても似ています。 たとえば、幸せになるためには、 ないものを求めるのではなく、 あるものを活用する。 自分の可能性を 最大限活用するということです。・大切なのは何が与えられているかではなく、 与えられているものをどう使うかで...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(83点)■「わもん」とは 「話し」を「聞く」ということ。 「話聞(わもん)」。 傾聴という言葉がありますが、 聞くということを 極限まで極めたのが 「わおん」なのでしょう。 ただ、ひたすらに聞くことで、 相手は心を開き、 自分で導いた答えを 受けいれることができるのです。・自分の弱さを見つめるのは、つらいこと...

続きを読む
【私の評価】★★★★☆(85点)■横峰さくら選手のメンタルコーチから 自信をつくる方法を学びます。 その方法は、 弱い自分を受け入れたうえで、 目標設定するということ。 例えば、横峰選手は、 常に90%の自分を目指して 練習していたという。 つまり、試合の前の練習でも 常に90%になるまで練習する。 そのため、実際プレーして30%だと...

続きを読む
1 2 3 4 5 6 7 8

スポンサードリンク

>月別(2002年7月~)